ダーク・クリーパー

ダーク・クリーパー Dark Creeper

不潔な悪臭を放つ黒いボロ布がこの小さな人型生物からつま先までを覆っており、と生白い鼻だけが見えている。

ダーク・クリーパー 脅威度2 Dark Creeper

経験点600
混沌にして中立小型サイズ人型生物(ダーク・フォーク)
イニシアチブ +3;感覚 暗闇を見通す〈知覚〉+4

防御

アーマー・クラス 16、接触14、立ちすくみ13(+1サイズ、+3【敏】、+2鎧)
ヒット・ポイント 19(3d8+6)
頑健 +3、反応 +6、意志 +1
弱点 光による盲目化

攻撃

移動速度 30フィート
近接 ダガー=+6(1d3/19~20、加えて“”)
特殊攻撃 急所攻撃(+1d6)、断末魔の爆発
擬似呪文能力術者レベル3)

回数無制限:ダークネスディスペル・マジック

一般データ

【筋】11、【敏】17、【耐】14、【知】9、【判】10、【魅】8
基本攻撃 +2;戦技ボーナス +1;戦技防御値 14
特技 《技能熟練:先の早業》、《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+12、〈知覚〉+4、〈手先の早業〉+7、〈登攀〉+8;種族修正 +4〈隠密〉、+4〈知覚〉、+4〈登攀〉
言語 ダーク・フォーク
その他の特殊能力 毒の使用ボロ布の鎧

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、2体、徒党(3~6)、氏族(20~80、加えてダーク・クリーパー20につきダーク・ストーカー1)
宝物 標準(ダガー、黒色の[3回分]、その他装備品

特殊能力

断末魔の爆発(超常)/Death Throes ダーク・クリーパーが殺された場合、その身体はまぶしい白いを放って燃えてしまい、装備品のかたまりが地面に残される。10フィート以内にいた全てのクリーチャー難易度13の頑健セーヴを行わなければならず、失敗すると1d6ラウンドの間、盲目状態になる。セーヴ難易度【耐久力】修正値に基づいて算出されている。

毒の使用(変則)/Poison Use ダーク・クリーパー毒の使用熟練しており、自分を偶然で冒してしまう危険はない。ダーク・クリーパー地下深くに生えるある菌類から抽出した、ブラック・スメアとして知られる腐った匂いのする黒いペーストを好む。
ラック・スメア―致傷型;セーヴ頑健 難易度15;頻度 1回/ラウンドを6ラウンド間;効果 1d2 【筋】治癒セーヴ1回

ボロ布の鎧(変則)/Rag Armor ダーク・クリーパーの不潔なボロ布の層は、こののものを1枚着ている場合にレザー・アーマーとして機能する。

暗闇を見通す(超常)/See in Darkness ダーク・クリーパーディーパー・ダークネス呪文で作られたものも含め、あらゆる暗闇を完全に見通すことができる。

ダーク・クリーパー表のはるか下にある暗い場所に潜んでおり、盗みと破壊の衝動が抑えられないくらい大きくなると、夜の間に思い切って表に出てきたり、近くの社会に入り込んだりする。この小さなクリーチャーは不潔で腐った黒布の無数の層によって包まれており、このクリーチャーの中身はもっと小さいのだろうと思わせる。通常は彼らが集団を組んでいるところに遭遇し、明るいからは逃げ出すが、の中ではかなり凶暴である。

ダーク・クリーパーは身の丈4フィート足らず、体重は80ポンド。その身体は青白く湿り気があり、は乳白色である。ダーク・クリーパーと痛んだ食べ物の腐臭を放つが、これは第一に彼らが衣服を決して脱がないという事実による。そのかわり一番外側の服がぼろになりすぎると、新しい布の層を重ねる。

ダーク・クリーパーの一団が引き起こすことができる破壊と揉め事は、もっと邪で背の高いダーク・ストーカーに率いられている部族のもたらす危険とは比べ物にならない。ダーク・クリーパーは、しなやかなで背の高い主のことを神のように扱い、供物を捧げ、その気まぐれに全て従う。常に、何人かのダーク・ストーカーダーク・クリーパー部族の指導者となり、部族の重労働と製造は全てクリーパーの小さな肩に預け、ダーク・ストーカー自身退廃的な楽しみに耽っている。しかしダーク・クリーパー自身はこの取り決めは何も不釣合いとは思っていない。ダーク・クリーパーにとって、ダーク・ストーカーに奉仕する人生が満たされた人生なのである。

参考


全文検索 目的別索引