ファラズマ

ファラズマ(Pharasma)

属性

真なる中立

権能

運命、死、予言再誕

クレリック属性

中立にして善秩序にして中立真なる中立混沌にして中立中立にして悪

領域

死、治癒、知識、休息、

好む武器

ダガー

“墓所の貴婦人The Lady of Graves”ファラズマ(fah-RAZ-mahと発音する)[1]はゴラリオンの死したる魂の全てを裁く女神である。君が死んだなら、その魂は外方次元界にある“ファラズマ骨庭Pharasma's Boneyard”に向かう。外方次元界からアストラル界を貫く、信じられないほど高い尖塔の上にこの場所は存在している。

骨庭(Boneyard)

尖塔の上には広大な墓地が広がっている。その中央にはファラズマ宮殿が建っている。彼女はそこで王座に座り、前を通るそれぞれの死者の魂を裁く。終わることのない魂の行列は周囲の墓地を通り王座の謁見の間まで曲がりくねって続いている。様々な意味で、骨庭は煉獄purgatoryに似ている。死と折り合いをつける(場合によってはそれから逃れようと試みる)場所なのだ。魂が裁かれたなら、天国か獄、あるいはそれが行くべきところへ送られる。ファラズマを崇拝し、そうする者は、彼女の死の宮殿の職員に加わる。彼女をさほど信仰しなかったり、いかなる理由にせよ何かを台無しにしてしまった者(このようなものが全て異端者や冒涜者というわけではない)は“骨庭”自体に埋葬される。これは愉快な運命とは言えない。不可知論者(訳注神性の認識が不可能だと主張する人)や無神論者が骨庭に埋められることはない。

グロトゥス(Groteus)

ファラズマ骨庭”の全てを見下ろしているのは他の下級神である。これは“終末の神the god of the End Time”グロトゥスである。骨庭を上から見降ろす感覚を持った狂気の小衛であり、最後の生きている魂が死ぬのを待っている。最後の生物の体が物質界で死んだ後、その魂をファラズマが裁いたとき、グロトゥスは別の現実のためにごみを「掃除して」平らげるために物質界に移る前に、グロトゥスファラズマが行動を開始するために“骨庭”に降下してくる。最後の魂が裁かれた点でグロトゥスが何をするかを、本当に理解しているものはいない。しかしそのことは心の良いものではないだろうと考えられている[2]。

運命の領域とエイローデンArodenの死

100年前、最初に昇格した神であるエイローデンが死んだことは全く予想外の出来事であった。その死は予見できず、ひとたび死んだならば、世界中にある他の予言のほとんどもまただめになっていった。その結果、ファラズマの神官の多くが気が狂うかその信仰心を失ってしまった(あるいは、気が狂い信仰心も失ってしまった)。しかし信仰を持ち続けた人は彼女が予言領域を保持していることの重要度は薄れたが、死と誕生の領域はますますその重要度を増したということに気付いていた。ファラズマエイローデンの死が近づいていることを知っていたが、知られていない理由により信者にこのことを告げないことを選んだ、とする伝承もある。

ファラズマの教団

ファラズマは彼女のそののや役割に応じて、狂気予言者、死を刈り取るもの、助産婦のいずれかの名で知られている。彼女の信者は祭事に銀装飾の入った黒い衣装を身にまとい、聖水の小瓶を携えている。一般に、彼女の信者はアンデッドに強い嫌悪感を抱いており、アンデッドに休息を与えることがその義務であると考えている。

ファラズマによる吉兆はスカラベ、甲虫、ウィップアーウィル(訳注:夜鷹の一)を通して現れる。彼女の信者にとって黒薔薇(特にの生えないもの)は幸運を運ぶものととらえられている。

ファラズマによる凶兆はの下からの出血、肥えた土の予想外の味、死んだウィップアーウィルの発見、何か重要なことを忘れてしまったという感覚、背筋に走る寒を通して現れる[3]。

聖典

ファラズマ聖典は『螺旋内のThe Bones Land in a Spiral』と呼ばれている。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] James Jacobs.(January 6, 2008). More Info on Deities?, Paizo Blog.
[3] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 166. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

Pharasma

Alignment Neutral
Portfolio Fate Death Prophecy Rebirth
Cleric Alignments 中立にして善 秩序にして中立 真なる中立 混沌にして中立 中立にして悪
Domains Death, Healing, Knowledge, Repose, Water
Favored Weapon dagger

"The Lady of Graves", Pharasma(pronounced fah-RAZ-mah)[1] is the goddess who judges all of the dead souls in Golarion. If you die, your soul goes to Pharasma's Boneyard in the Outer Sphere, which sits atop an impossibly tall spire that pierces the Astral Plane from the Outer Planes.

◎Boneyard
Atop the spire is an immense graveyard, at the center of which is Pharasma's palace, where she sits on her throne and judges each of the dead souls that pass before her; an endless line of them winds out of her throne room through the surrounding graveyard. In many ways, the Boneyard is like purgatory; a place for you to come to terms with your death(or in some cases attempt to escape). When a soul is judged, it gets sent on to heaven or hell or wherever it is supposed to go. Those who worship Pharasma and do so well get to join her staff in her palace in death. Those who worship her poorly or for whatever reason mess something up(such as some, but not all heretics and blasphemers) get buried in the Boneyard itself, which is not a pleasant fate. Agnostics and athiests do not get buried in the Boneyard.

◎Groteus
Overlooking all of Pharasma's Boneyard is another, lesser god. This is Groetus, the god of the End Times, a sentient and cruel moonlet that looks down upon the Boneyard and waits for the last living soul to die. When Pharasma judges the last soul after the last living body dies on the Material Plane, Groetus descends to the Boneyard to do something to it and Pharasma before he moves on to the Material Plane to "clean up" and pack the dust away for another reality. No one really knows what Groetus is going to do once the last soul is judged, but it is generally accepted that it will not be pleasant.[2]

◎Fate Domain and the Death of Aroden
The death of Aroden, the first of the ascended gods, 100 years ago, was extremely unexpected. His death was not prophesied, and once he died, most of the other prophecies in the world started to go bad as well. Many of Pharasma's priests have lost their faith and/or gone mad as a result, but those who stuck it out are finding that Pharasma's hold over prophecy is becoming less important while her domain over death and birth and fate are growing stronger. It's a time of change for Pharasma and her faith. Some legends say that Pharasma knew the death of Aroden was approaching, but chose not to tell her followers for reasons unknown. [2]

○Church of Pharasma
Pharasma is alternatively known as the mad prophet, the reaper of the dead, or the midwife, depending on her current role. Her followers dress in black for her ceremonies, with their clothes silver and tiny vials of holy water. Her followers, in general, view the undead with hatred. They consider it a duty to put any undead to rest.

Pharasma's pleasure is often signified through scarabs, beetles and whippoorwills. Black roses are thought by her followers to bring good luck, most especially if the rose bears no thorns. Her displeasure is signified by bleeding from beneath the fingernails, an unexplained taste of rich soil, the discovery of a dead whippoorwill, the feeling that something important has been forgotten, or cold chills down the spine..[3]

◎Holy Texts
Pharasma's holy book is called 'The Bones Land in a Spiral'.

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] James Jacobs.(January 6, 2008). More Info on Deities?, Paizo Blog.
[3] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 166. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

全文検索 目的別索引