ブレイン・ウーズ

ブレイン・ウーズ Brain Ooze

2本の粘性の触手が、震え粘体が密集して脳味噌の形をした姿の両側から伸びている。

ブレイン・ウーズ 脅威度7 Brain Ooze

経験点3,200
中立にして悪超小型サイズ粘体
イニシアチブ +6; 感覚 擬似視覚60フィート;〈知覚〉+11
オーラ 精神雑音(10フィート、難易度19)

防御

アーマー・クラス 23、接触19、立ちすくみ18(+1回避、+2サイズ、+2洞察、+4【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 75(10d8+30)
頑健 +6、反応 +9、意志 +6
防御能力 身かわし予見完全耐性 粘体の種別特性

攻撃

移動速度 5フィート、飛行60フィート(良好)
近接 触手(×2)=+13接触(1d6[電気]、加えて“神経信号”)
接敵面 2・1/2フィート; 間合い 0フィート
擬似呪文能力術者レベル10;精神集中+14)

ディテクト・ソウツメイジ・アーマー
回数無制限:チャーム・モンスター難易度18)、ドミネイト・アニマル難易度17)、ドミネイト・パースン難易度19)
3回/日:ディスペル・マジックモディファイ・メモリー難易度18)

一般データ

【筋】4、【敏】19、【耐】16、【知】15、【判】12、【魅】19
基本攻撃 +7; 戦技ボーナス +9; 戦技防御値 22(足払いされない)
特技 Defensive Training(編注:Defensive Combat Training=《防御的戦闘訓練》?)、《回避》《強行突破》《鋼の意志》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+15、〈交渉〉+5、〈真意看破〉+11、〈知覚〉+11、〈はったり〉+10、〈飛行〉+25

言語 アクロ語(話せない);テレパシー100フィート

生態

出現環境 気候問わず/廃墟または地下
編成 単体、2体、小編成(3~6)、または共棲集団(7~12)
宝物 乏しい

特殊能力

神経信号(超常)/Neural Pulse ブレイン・ウーズ触手が命中したクリーチャー難易度18の頑健セーヴに成功しない限り1d6ポイントの【知力】ダメージを受け、1d4ラウンドの間よろめき状態になる。ブレイン・ウーズ【知力】ダメージを与える度、このウーズは5の一時的ヒット・ポイントを得る。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

予見(超常)/Prescience 限定的な予知能力によってブレイン・ウーズイニシアチブ判定、反応セーヴ、そしてアーマー・クラスに+2の洞察ボーナスを得る。ブレイン・ウーズ不意討ちされることも立ちすくみ状態になることもない。

精神雑音(超常)/Psychic Noise 不快な精神への雑音がブレイン・ウーズから放たれ、近くのクリーチャーを1d4ラウンドのあいだ幻惑状態にする。あるクリーチャーはこのオーラ内でターンを開始する難易度19の意志セーヴに成功することでこの効果無効化できる。セーヴの成否に関わらず、そのクリーチャーは24時間の間そのブレイン・ウーズ精神雑音響を受けない。響を受けたクリーチャーは自身のターンの終了にこの効果を振り払う為の新たなセーヴを試みて良い。これは[精神作用]効果である。このセーヴ難易度【魅力】に基づく。

に「キラー・ブレイン」としても知られる)ブレイン・ウーズ人間の脳そのもののようだが、周囲を包む妖術のエネルギーと両脇から生える2本の触手が違う点である。このクリーチャーの脳は異常な程に強力で、他の意識のある存在の精神に苦痛を伴う響を与える程だ。

他の知性ある存在はブレイン・ウーズにとっては単なる家畜であり玩具である――苛む為の獲物で、食す為の脳だ。ブレイン・ウーズから獲物を操ることを好む。自身が公然と打ち据えるのではなく、集団内で衝突させ戦わせたり、獲物の内1人か2人を遠くへ誘って殺す。ブレイン・ウーズは個人に酷い行いを強要し、そのあと犠牲者の記憶から犯罪行為の知識全てを洗浄することに際立った充足感を覚える。ウーズたちはそうした偶を何度も何度も苛み、彼らを更なる凶行へと駆り立てる。この娯楽に飽きるとウーズは修正した記憶をディスペル・マジックで取り戻させ、犠牲者の最後の絶望の哀れさを味わい尽くす。

ブレイン・ウーズ触手で生きているクリーチャーの思考を摘出して食べる。動物並の知性クリーチャーはほとんど滋養にならないが、彼らはフェイ来訪者、そして術者をとても美味に感じる。何回か食べると、ブレイン・ウーズは自身を、それぞれがの知識と経験の一部しか保持していない、ほぼ同じ大きさの脳味噌2つに分割する。

インテレクト・ディヴァウラーブレイン・ウーズの類似性は気付かれていないわけではないが、この2種族外見以外の共通項が殆ど見当たらない。ブレイン・ウーズは実は異界の技術や魔法によって自身の精神を保存することで不死を達成しようという試みに失敗した太古の種族の成れの果てであるという仮説もある。


全文検索 目的別索引