プロジェクト・イメージ

Project Image/幻
系統 幻術(操);呪文レベル ウィザード/ソーサラー7バード6
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質(作成に5gpかかる術者自身の小さなレプリカ)
距離距離(100フィート+10フィート/レベル
効果 でできた複製1体
持続時間 1ラウンドレベル(解除可)
セーヴィング・スロー 意志・看破(やりとりがあった場合);呪文抵抗 不可

術者は影界から引き出したエネルギーを用いて、半ば実在する幻術版の自分を作り出すことができる。この投は術者とまったく同じ外見、声、匂いを持っているが、実体はない。この投は、術者が違う行動をするよう指示しない限り(移動アクション)、術者の行動(会話も含む)を真似る。

術者はあたかも自分が投の立っている場所にいるかのように、そのを通して見、そのを通して聞くことができる。そして自分のターンの間に、フリー・アクションにより幻を通して見聞きするのをやめ、自分ので見聞きするようにしたり、逆に自分ので見聞きするのをやめて、幻を通して見聞きするようにすることができる。幻の知覚を使用している間、術者自身の体は盲目状態かつ聴覚喪失状態であると見なされる。

術者が望めば、自分が発動する距離が“接触”かそれ以上の呪文を、自分ではなく投を起点として発動することができる。幻術呪文をのぞけば、投が自分自身に呪文を発動することはできない。投を起点にした場合でも、呪文は他の目標に対して通常通り作用する。

物体は意志セーヴに成功したかのように、投の作用を受ける。術者は常に投との間に効果線を維持していなくてはならない。効果線が遮られれば、呪文は終了する。術者がディメンジョン・ドアテレポートプレイン・シフト、あるいはそれに類する(一瞬であっても)効果線を切ってしまう呪文を使用した場合、この呪文は終了する。


全文検索 目的別索引