アンシーン・サーヴァント

Unseen Servant/見えざる従者
系統 召喚術(創造);呪文レベル ウィザード/ソーサラー1バード1
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質(糸切れと片)
距離距離(25フィート+5フィート/2レベル
効果 不可視で精神も姿形もない従者1体
持続時間 1時間レベル
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

この術によって作り出される“見えざる従者”は、不可視で精神も姿形も持たぬ力場であり、術者の命令に従って単純な作業を行なう。走って行って物を取ってきたり、たてつけのくないを開けたり、椅子を押さえたり、掃除したり、つくろいものをしたりできる。この従者は一度に1つの作業しかできないが、同じ作業を何度も繰り返すように命じられればそうする。そのため、術者は距離内にいる限り、“従者”に掃除をするよう命じておいてから別のことに注意を向けるといったことができる。この従者通常、ひきだし、フタなどしか開けることができない。有効【筋力】は2である(従って、20ポンドの重さのものを持ち上げたり、100ポンドの重さのものを押し引きすることができる)。などを作動させることはできるが、20ポンド相当の力しか出せないので、あるの踏み板などの装置を作動させるには足りない。また、難易度が10を超える技能判定や、未修得では使えない技能を要求する仕事は一切できない。この従者飛行登攀ができず、泳ぐことすらできない(が、上を歩くことはできる)。基本移動速度は15フィートである。

いかなる方法でも、この従者攻撃することはできない。決して攻撃ロールを行なうことはできないのだ。この従者を殺すことはできないが、範囲攻撃から6ポイントのダメージを被れば消えてしまう(この従者攻撃に対してセーヴを行なうことはできない)。(術者のその点での位置から測って)呪文距離外に送り出そうとした場合、従者は消滅する。


全文検索 目的別索引