ウォール・オヴ・アイス

Wall of Ice/氷の
系統 力術冷気];呪文レベル ウィザード/ソーサラー4
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作物質英かそれに似た晶の小片)
距離 中距離(100フィート+10フィート/レベル
効果 一辺10フィートの正方形の区画1個分/レベルまでの固定された氷の平板、あるいは半径3フィート+1フィート/レベルまでの氷の半球
持続時間 1分/レベル
セーヴィング・スロー 反応無効;本文参照呪文抵抗

この呪文固定された氷の平板か、氷の半球のいずれか一方を作り出す。

どちらのバージョンにするかは術者が選べる。氷のは実体のある物体クリーチャーの存在するエリアに作ることはできない。作成には、このの表面は滑らかで切れのないものでなくてはならない。作成にこのに隣接する場所にいたクリーチャーは、の発生を中断させるために反応セーヴを試みることができる。このセーヴに成功すると呪文自動的に失敗する。は(通常であれば物体には半分のダメージしか与えられないが)このにはそのままのダメージを与える。ウォール・オヴ・アイスを短時間で融かした場合、大きな蒸気の雲ができて、10分間持続する。

氷の平板:硬く強靭な氷の薄板が出現する。このは術者のレベルごとに1インチの厚さがある。このは術者のレベルごとに一辺10フィートの正方形のエリアまでの広さを持つ(従って、10レベルウィザード長さ100フィート高さ10フィートの氷のや、長さ50フィート高さ20フィートの、そのほか表面積が1,000平方フィート以内なら好きな長さと高さの組み合わせでを作ることができる)。この平板は、固定されている限りどんな方向を向いていても構わない。垂直のならにだけ固定すればよいが、平なや傾いたは両側で固定しなければならない。

の10フィート四方の区画はそれぞれ、厚さ1インチごとに3ヒット・ポイントを持つ。クリーチャー自動的に攻撃を命中させることができる。ヒット・ポイントが0になった部分はが開く。クリーチャー一撃を打ち破ろうとした場合、【筋力】判定難易度は15+術者レベルである。

氷が打ち破られた場合でも、凍えるような気の薄膜が残る。その中に踏み込んだクリーチャーを打ち破ったクリーチャーも含む)は1d6+術者レベルごとに1ポイントの[冷気ダメージを被る(セーヴ不可)。

半球:このは半径が3フィート+術者レベルごとに1フィートの半球形状をとる。従って、7レベル術者は半径10フィートの半球を作り出すことができる。半球は氷の平板形状と打ち破りにくさは同程度だが、裂け目を通るものにダメージを与えることはない。


全文検索 目的別索引