ポルターガイスト

ポルターガイスト Poltergeist

のような骸の姿が、道具類、板、家用品、そのほかの固定されていない物品の巻の中で立ち上がっていく。

ポルターガイスト 脅威度2 Poltergeist

経験点600
秩序にして悪中型サイズアンデッド(非実体)
イニシアチブ +1;感覚 暗視60フィート;〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 12、接触12、立ちすくみ11(+1 反発、+1【敏】
ヒット・ポイント 16(3d8+3)
頑健 +2、反応 +2、意志 +4
防御能力 生来の不可視状態非実体状態黄泉がえり完全耐性 アンデッドの種別特性

攻撃

移動速度 飛行20フィート(完璧)
特殊攻撃 脅かし屋テレキネシス

一般データ

【筋】―、【敏】13、【耐】―、【知】5、【判】12、【魅】12
基本攻撃 +2;戦技ボーナス +3;戦技防御値 14
特技 《鋭敏感覚》、《能力熟練:恐怖
技能 〈真意看破〉+14、〈知覚〉+9、〈飛行〉+9
言語 共通語
その他の特殊能力 地縛

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体または大出没(2~7)
宝物 乏しい

特殊能力

脅かし屋(超常)/Frightener 1分間に1回標準アクションとして、ポルターガイスト生来の不可視状態を一的に無くし、骸のような亡めいた人型としてその姿を現すことができる。ポルターガイストがこの能力を使用した際に30フィート以内にいる全てのクリーチャー難易度14の意志セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1d4ラウンドの間恐れ状態になる。ポルターガイストはそのターンの終了フリー・アクションとして不可視状態を再開することができる。セーヴに成功したクリーチャーはそのポルターガイストによる[恐怖]効果に24時間の間完全耐性を持つ。ポルターガイスト不可視状態が他の段で無効化された場合はこの能力を使用することはできない。同様に、不可視状態クリーチャーを見ることができる者はこの特殊攻撃完全耐性を持つ。これは[精神作用][恐怖]効果である。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

黄泉がえり(超常)/Rejuvenation ポルターガイスト破壊された場合、2d4ラウンドの間しか破壊されたままでいない。このよりも後は、アンデッドの魂は破壊されたところに完全に回復した状態再生する。ポルターガイストを恒久的に破壊する唯一の方法はその存在する理由を確定し、安らかに眠ることを妨げているものを片付けることである。正確なところはそれぞれのごとに変わり、かなりの調査を必要とし、GMがそれぞれのポルターガイストポルターガイストの集団ごとに作成するべきである。

地縛(変則)/Site Bound ポルターガイスト作成されたら形成された点から120フィートより遠く移動することはできない。

テレキネシス(超常)/Telekinesis ポルターガイストテレキネシス以外に攻撃段を持たない。この能力はテレキネシス呪文と同様に機能し、術者レベルポルターガイストヒット・ダイスに等しい(ほとんどのポルターガイスト術者レベル3)。典型的なポルターガイストテレキネシスを用いて物品やクリーチャーを放り投げる場合、+3で遠隔攻撃ロールを行い、この能力を75ポンドまでの物品やクリーチャーに対して使用することができる。ポルターガイストがこの能力でクリーチャーを放り投げようと試みた場合、そのクリーチャー難易度12の意志セーヴを行うことでその効果抵抗することができる。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ポルターガイストは理由はどうあれ死んだ場所から離れられなくなった魂から形作られた怒れるである。として、これは成し遂げられなかった仕事によるものかもしれないし、他の場合には強力な死霊術効果によるものかもしれない。建物を作るためにその下にある死体の墓の神聖を損なうことが、ポルターガイストを偶然作り出す最もありふれた方法である。ポルターガイストはその状況に関して大きなトラウマを経験しており、このトラウマによってその精神はへと捩れ、生者に怒り爆発させる全てに対する憎しみを育んでいる。ポルターガイストは特定の場所、通常建造物部屋、それと認識できる地域(墓場の一部、人気の無い道の一など)に縛られている。この場所は通常は死亡した場所や定命の者の死骸が眠っている場所と同じである。


全文検索 目的別索引