カーダ

カーダ Charda

厚い質の甲板で身を鎧ったこの四クリーチャーは、そのの生えた口から黒胆汁の不潔な糸をたらしている。

カーダ 脅威度7 Charda

経験点3,200
混沌にして中立小型サイズ人怪(水棲)
イニシアチブ +2;感覚 暗視120フィート;〈知覚〉+13

防御

アーマー・クラス 20、接触13、立ちすくみ18(+7外皮、+1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 85(9d10+36)
頑健 +7、反応 +10、意志 +7
防御能力 凶暴性完全耐性冷気]、

攻撃

移動速度 20フィート、水泳60フィート
近接 噛みつき=+13(1d6+3、加えて1d6[冷気])、(×4)=+14(1d4+3)
特殊攻撃 黒胆汁

一般データ

【筋】16、【敏】15、【耐】19、【知】11、【判】12、【魅】8
基本攻撃 +9;戦技ボーナス +11(突き飛ばしおよび足払い+19);戦技防御値 23
特技 《足払い強化》《強打》《攻防一体》 (B)《神速の反応》《突き飛ばし強化》《武器熟練:
技能 〈威圧〉+6、〈隠密〉+18、〈水泳〉+18、〈生存〉+10、〈知覚〉+13、〈知識:宗教〉+4
言語 アクロ語、地下共通語
その他の特殊能力 圧倒水陸両生冷気による活力

生態

出現環境 寒冷/水界または地下
編成 単体、2体、徒党(3~5)、または部族(6~14)
宝物 標準

特殊能力

黒胆汁(超常)/Black Bile カーダの体には凍てつくような黒胆汁が渦巻いている。その超自然的な冷たさのため、黒胆汁カーダクリーチャーに噛みついた場合に追加の[冷気ダメージを与える源となる。標準アクションとして、カーダは60フィート直線または30フィート円錐の形を取ることができるブレス攻撃として、全ての胆汁を吐くことができる。この範囲内にいる全てのクリーチャーは8d6ポイントの[冷気ダメージをうける(反応 難易度18 半減)。カーダはこのブレス攻撃を1d4ラウンドごとに1回使用することができる。その黒胆汁が再充填されている間、噛みつき攻撃によって追加の[冷気ダメージを与えることはできない。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

冷気による活力(変則)/Cold Vigor カーダが寒冷な環境にいる場合、より活気に満ち、攻撃ロール武器によるダメージ・ロールに+1の種族ボーナスを得る。

圧倒(変則)/Overwhelming カーダ突き飛ばし足払い攻撃に+8の種族ボーナスを得る。

の最も暗い深みには、奇妙な凍りついた川と冷涼な黒いを湛える地下の湖には、謎めいた凶暴なカーダが住む。このよそ者嫌いの人型はその領域から遠出することはめったになく、小さな部族で住み、中に岩で小屋を建てたり地下の岸辺に沿って泥のドームを作ったりする。

典型的なカーダは身の丈4フィート足らず、体重250ポンド。カーダは2~4個の卵の小さな塊を産み、それを沖合いの岩の間に生めて繁殖する。メスは猛烈に自分自身の卵を守るが、他のカーダの卵を守る傾向は、自分の部族の中であってさえも全くない。

カーダ宗教に傾倒し、戦争または冷気の神を崇拝することを好む。オスメス双方で構成された小さな群れで狩りをする。狩りと殺戮は集団内での個人の権力を決めるのに役立つ。カーダはしばしば子殺しと共食いにを染める。集団で縄張りを見回るが、ほとんど戦略や陣形を持たずに個々に戦う。カーダは殺し合いのにお互いに助け合うことはない。助力は自分自身にとっても敵にとっても弱さであり不名誉であると受け取るからである。


全文検索 目的別索引