ラマーシュトゥ

ラマーシュトゥ(Lamashtu)

称号

デーモン女王The Demon Queen、怪物の母Mother of Monsters、デーモンの母Demon Mother

属性

混沌にして悪

権能

狂気モンスター悪夢

信奉者

ノールメドゥサハーピーゴブリン、一部のミノタウロス、隠れた人間崇拝者

クレリック属性

混沌にして中立中立にして悪混沌にして悪

領域

欺き狂気混沌

好む武器

ファルシオン

ラマーシュトゥ(lah-MAHSH-tooと発音する)[1]は、ゴラリオン上か地下を這うか、ずるずると滑るか、をはためかせるかする多くの歪んだ不格好なクリーチャー達の母であり保護者である。[2][3]

来歴

ラマーシュトゥはかつては強デーモン・ロードであり、過去の代にはパズズPazuzuの協者だった。どのように協していたのかはしばしばデーモン伝承学者達によって議論されるところで、あるものは彼らが恋人だったと言い、あるものは兄妹だと言い、またあるものは単にその場しのぎに協したのだ、と言う。この代に彼女は神カルカヌスCurchanusを彼女の領土におびき出し、彼女が彼を攻撃するために充分弱くなるまでデーモン怪物の群れによって四方八方から彼を襲った。そうする中で彼女は彼から獣の領域剥ぎ取りカルカヌスCurchanusの弟子デズナの古い復讐が始まった。

パズズPazuzuはこの権移動に激高し、彼女が戦いから戻ってくると彼女を裏切って攻撃した。彼は彼女をひどく傷つけたが、彼女が新たに得た神性が彼女を生き延びさせ、彼らはそのから不倶戴天の敵になった。ラマーシュトゥの彼に対する復讐は、デズナラマーシュトゥに対する復讐によって匹敵されるだけである。

多くの怪物的な人間種族は、彼女が彼らの最初のであり創造者であると主張している。[4]

他の神格との関係

ラマーシュトゥは、そのデーモンという出自にふさわしい立場で、他の神々すべてを敵だと考えている。彼女はデズナの憎しみに気付いているが、関心を持つに値しないように扱う。この広く知られた敵意にもかかわらず、彼女は彼女の宗派の成長と彼らのの及ぶ範囲を広げることに注意を向けている――新しく忌まわしい怪物達の誕生に注意を向けるのと同じくらいに。彼女はシェーリンに対して変わった意見を持っている――シェーリンラマーシュトゥ自身怪物的な観を捉えてねじ曲げるのが大好きなのだろう、と。言うまでもなく、シェーリン信徒はこのことを嫌悪すべきぞっとする考えだと思っている。

ラマーシュトゥは、パズズPazuzuという唯一のを除いて、他のデーモン・ロードとの戦いに積極的ではない。彼女は何体かのデーモン・ロードと対立しており、その他デーモン・ロード(たとえばバフォメットBaphomet)を恋人にしていると言われる。

外見とその使者

ラマーシュトゥの画は彼女を、額の中央に縦に裂けた第三の眼を持ち、重たげに妊娠し、羽毛で覆われたかぎ爪の生えた足を持つ、ジャッカルのを持つ女性として描き出す。彼女はしばしば二振りの致命的な物である“赤Redlust”と“冷心Chillheart”を携えて描写される。彼女の頭部は、彼女の信奉者の性質に応じて様々でありうる。ノールはジャッカルのを好み、メドゥサの、ハーピーは鷹の、など。

従者

ラマーシュトゥと彼女の精神錯乱気味の信徒は、奇形の生物、怪物強さを高く評価する。彼女に仕える魔術師やクレリックは、しばしばシェムハジアンデーモンShemhazian demonや他の奈落のクリーチャーを礼拝中に召喚する。[5]

“血の胃袋”(Bloodmaw)

このひどく醜いが強かつ狡猾イェス・ハウンドは片方が緑色で片方が赤色の眼を持つ。彼は殺戮や素晴らしい狩りの契約を待ち望む。[5]

イェーニット(Yaenit)

これらのよだれを垂らした怪物的なハイエナデーモン達は、ひょろ長い四肢と醜いハイエナを持つ堕落したハウンド・アルコンに喩えられる。彼らはラマーシュトゥの名の下に傷つけたり殺したりするのを好む。[5]

イェスアズマリ(The Yethazmari)

曇った眼窩や黒い皮の、尻の代わりのを持つ14フィートの背丈のジャッカルとして現れるこのラマーシュトゥの先触れは、恐怖流血をもたらす。それが通った跡には、ぞっとする無慈悲な密会の落とし子が新たに狂気を引き起こすために飛び立つ。[5]

ラマーシュトゥの教団

ラマーシュトゥの教団は散在しており全体としての階級制度が欠けているが、2人の神官が直接争うことになることはまれである。というのも、彼らは互いの分かち合われた信仰やかの宗教の外にいる者がもたらす敵意を認識しているからである。ラマーシュトゥは女神であるのと同様にデーモン・ロードでもあるので、多くの魔術師は肥ることで彼女に報いる。

信奉者と聖職者

彼女の信者は彼ら自身と他の者達の中に奇形を探し求める。彼女は通常ノール(彼らは、自分達はラマーシュトゥがその配偶者としてハイエナを選んだ創造されたのだ、と主張する)、ゴブリンメドゥサといった種族によって信仰される。

彼女の人間の信者の普通の服装は、(皮か金属の)ジャッカルの仮面ラマーシュトゥの個人的な武器に似せて作られた一対の剣かナイフ、黒い羽毛の外套から成る。怪物種族はだいたい同じものを身に付けるが、通常マスクなしで済ませる。

ラマーシュトゥの好意は暴的な、突然の奇形の出現、説明できない妊娠――しばしば痛みを伴い(そしてには命取りになり)、その結果として奇形の子供が誕生することになる――として現れる。彼女の機嫌を損ねた信奉者は、「完璧な」子供を出産することだろう――人間ハーフリングのように。彼らはまた、不妊症になるか性の喜びを得られなくなったことに気付くだろう。[6]

神殿と祠

ラマーシュトゥは一般に人工の建物では信仰されず、むしろ・柱・製のブロックの輪、地面に掘られた、平たい岩において信仰される。信仰地下施設の入口は、かの女神の地下という領土への入口を表している。通常それらの入口は文明の中心から離れた地域か本当の荒野において機能していて、その多くには血が染みつき、うまくいかなかった出産の遺物訳注体)と誕生に成功した個体の犠牲者が散乱している。

聖典

ラマーシュトゥ崇拝者は聖なる啓示狂気に頼ることを好むので、典籍に非常な関心を示したり重要視することはめったにない。それにもかかわらず、彼女の信者のうちでまだ論理的にものが言える者は、長きに渡っていくつかの怖ろしい文書を書き留めてきた。

シャーグの髑髏(The Skull of Mashaag)

ラマーシュトゥに仕えてんだ一体のイェーニットyaenitの黄ばんだ髑髏であるこの物体は、かの女神の意志を様々な言語でしゃべる能を持つ。二三年ごとに、彼女の信奉者はそれの教えを聞くために集まり、各部族の英雄達はどの集団が次にそれを持つかを決めるために一連の競技を経験する。[5]

『ラウムの四つの皮』(The Four Hides of Lawm)

これは、それぞれ人間型生物の皮膚から造られている三つの革の分冊のコレクションであり、第四の分冊ははるか昔に失われていて、ラマーシュトゥの名におけると多産に関する怪物的な儀式を含んでいたと言われる。[5]

祭日

ラマーシュトゥ崇拝者が決まった祭日を祝うことは知られていないけれども、出産および奇形やデーモンの訪問は、しばしば彼らの間で快楽主義的かつ堕落した祝祭が催される理由となる。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 24. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 66. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[4] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 69. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[5] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 73. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[6] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 165. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

Lamashtu

Titles The Demon Queen, Mother of Monsters, Demon Mother
Alignment Chaotic evil
Portfolio Madness, Monsters, Nightmares
Worshipers Gnolls, medusae, harpies, goblins, some minotaurs, hidden human cults
Cleric Alignments 混沌にして中立, 中立にして悪, 混沌にして悪
Domains Chaos, Evil, Madness, Strength, Trickery
Favored Weapon Falchion

Lamashtu(pronounced lah-MAHSH-too)[1] is the mother and patroness of many misshapen and malformed creatures that crawl, slither, or flap on, above, or below the surface of Golarion.[2][3]

◎History
Lamashtu was once a mighty demon lord, in ages past she was allied with Pazuzu, in what manner is often disputed by scholars of demon lore, some say they were lovers, others say siblings, or simply convenient allies. In this time she lured the god Curchanus into her territory, beset him with swarms of demons and monsters until he was weak enough for her to attack him, in doing so she ripped his beast domain from him, beginning an ancient vendetta with Curchanus's protege Desna.

Pazuzu was enraged by this shift in power, and as she returned from that battle he betrayed and attacked her. He wounded her terribly, but her newfound divinity allowed her to survive, and they have been mortal enemies since, Lamashtu's vendetta against him is only equalled by Desna's own vendetta against her.

It is claimed by many monstrous humanoid races that she was their first progenitor and creator.[4]

◎Relationships
Lamashtu, in a stance befitting her demonic origins, considers all other gods enemies. She is aware of Desna's hatred, but treats it as beneath her notice. Despite this widespread animosity, she focuses her attentions on growing her cults and expanding their reach, as well as the birthing of new and hideous monstrosities. She has an odd view of Shelyn, who she would love to capture and twist to her own monstrous vision of beauty. Needless to say, the faithful of Shelyn find this an abhorrent and terrifying concept.

Lamashtu is not actively at war with other demon lords, with the sole exception of Pazuzu. She does have rivalries with some, and is said to have others as her lovers(such as Baphomet).

◎Appearance and Emmisaries
Pictures of Lamashtu portray her as a jackal-headed woman, with a third vertical eye in the center of her forehead, heavily pregnant, with feathered wings, a snake's tail and taloned feet. She is often depicted carrying her two deadly blades, Redlust and Chillheart. Her head may vary depending on the nature of her worshipers, gnolls preferring the jackal head, medusae a snake's, harpies a hawk's, and so on.

○Servants
YaenitLamashtu and her deranged faithful hold creatures of deformity, monstrosity and virility in high regard. Thaumaturges and clerics in her service often call Shemhazian demons and other Abyssal creatures into their service. [5]

◇Bloodmaw
This hideous yet powerful and cunning yeth hound has one green eye and one red. He relishes the promise of carnage and a good hunt.[5]
◇Yaenit
These slavering, monstrous hyena-demons resemble corrupted hound archons with gangly limbs and deformed hyenas heads, they love maiming and killing in Lamashtu's name.[5]
◇The Yethazmari
Appearing as a 14-ft tall jackal with smoking eye sockets, black leathery wings and a snake for a tail, the Herald of Lamashtu brings terror and bloodshed. In its wake spawn of horrific and brutal trysts rise up to cause madness anew.[5]

◎Church of Lamashtu
Lamashtu's church is scattered and lacks an overall hierarchy, yet it is rare for two priest's to come into direct conflict, as they recognise each other's shared devotion and the hostility visited by those outside the religion. Many thaumaturges pay obesiances to Lamashtu as she is a Demon lord as well as a goddess.

○Worshipers and Clergy
Her followers seek out deformity in themselves and in others. She is typically worshiped by races such as gnolls(who claim they were created when Lamashtu took a hyena as her consort), goblins and medusae.

The usual clothing of her human followers is that of a jackal mask(of leather or metal), a pair of swords or knives made to resemble Lamashtu's personal weapons, and a cloak of black feathers. Monstrous races wear much the same but typically forgo the mask.

Lamashtu's favor manifests as violent dreams, the appearance of sudden deformities, or unexplained pregnancies that often result in the painful(and sometimes fatal) birth of a deformed child. Worshipers who displease her may give birth to a "perfect" child, such as a human or halfling. They may also find themselves infertile or unable to achieve sexual satisfaction.[6]

○Temples and Shrines
Lamashtu is not usually worshipped in a man-made building, but rather a ring of stones, pillars, trees, wooden blocks, a pit in the ground, or a flat rock. Entrances into underground places of worship represent the entrance to the goddess' underworld domain. They typically operate on the outskirts of civilisation, or in the true wilderness, and many are stained with blood and littered with the remains of failed births, and the victims of the successful ones.

○Unholy Texts
Lamashtu's cults rarely place much interest or emphasis on texts, preferring to rely on divine revelation and madness. Nonetheless, the more coherent of her followers have jotted down some horrendous writings over the aeons.

◇The Skull of Mashaag
The yellowed skull of a yaenit who died in the service of Lamashtu, this object has the ability to speak the goddess' will in several languages. Every few years, her worshipers meet to hear its teachings, and heroes from each tribe undergo a series of contests to determine which group is to keep it next.[5]
◇The Four Hides of Lawm
This is a collection of three leather parts, each made from the skin of a humanoid, the fourth was lost long ago and is said to contain monstrous rites of power and fertility in Lamashtu's name. [5]

○Holidays
The cults of Lamashtu celebrate no known regular holidays, though births, deformities and demon visitations are often the cause of hedonistic and debauched celebrations among the them.

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 24. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 66. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[4] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 69. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[5] Sean K Reynolds.(2008). Lamashtu. Sins of the Saviors, p. 73. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-040-7
[6] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 165. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

全文検索 目的別索引