ゾン=クーソン

ゾン=クーソン(Zon-Kuthon)

称号

真夜中の王、の皇子

属性

秩序にして悪

権能

嫉妬、痛み、暗闇、喪失

クレリック属性

秩序にして中立秩序にして悪中立にして悪

領域

破壊秩序

好む武器

スパイクト・チェイン

ゾン=クーソン(ZONN-koo-THONと発音する)[1]は多元宇宙の捻じれた邪なる精神の1つだ。痛みの神としての彼の立ち位置は確固としたものであり、世界が始まってからというもの、彼は数えきれない拷問、殺人事の源である。

来歴

の始まりに、ゾン=クーソンはドウ=ブラルとして知られていた。その、彼は異母妹であるシェーリンとともに、芸術の権能を分け合う神格であった。ドウ=ブラルはゴラリオンを捨て、次元界の間にある場所に乗り換えた。しかしそこでよそ者として苦痛を受けた。物質界realityに帰ってくるまでに、かつてドウ=ブラルとして知られていた存在は消えてしまい、ゾン=クーソンとして知られている心の捻じれた、邪なる魂と置き換えられた。

シェーリンは兄が永遠に、しき方向に変わってしまったことに気づくと、二神はった。彼女の懇願と涙は、彼女が知っている、したドウ=ブラルとは異質の暴に直面した。シェーリンはついに二振りの黄金グレイヴを捻じれてしまった兄のから奪い取った。それは彼らが共有していたの象徴であった。ほんのわずかな休を確立しながら、彼女は現実に(ゾン=クーソンと)共存しようとするよりも沈黙と忌避によって適切な立場を保ち続けた。

ゴラリオンにおいてゾン=クーソンが関わった犯罪を見て、アーバダーは彼は裁かれねばならず、邪なる神と契約を交わしたのだと知った。ゾン=クーソンは“原初宝物庫First Vault”からのアイテムと引き換えに、太陽にかかっている限り、影界に追放されることに同意した。この幽閉はすぐに破られるものではなかった。しかし、ゴラリオンにおける“暗闇代the Age of Darkness”の太陽輝きを失う間、アーバダーは彼との取引を守り、ゾン=クーソンにはじめのを与えた。それは“真夜中の王”が彼の領域である“ゾヴァイカインXovaikain”からクリーチャーとして作り出したものだった。[3]

他の神格との関係

ゾン=クーソンは他の神格との関わりにほとんど気遣うことはない。多くの玩具で遊べる限り、“の皇子”(訳注ゾン=クーソンのこと)は同盟、争、外交上のやり取りなどは一切必要としない。ゴラリオン神格からの復讐の標的としばしばなるのだが、ゾン=クーソンが自ら闘いを扇動することなどほとんどない。つまり、彼は他の神格信奉者に拷問するのであり、可能なときはいつでも拷問を行う。彼の邪なる行いから唯一免れることができるのは、彼の妹であるシェーリンである。しかし、彼女の信者に対して、彼がその行いを取りやめることはない。[3]

外見とその使い

ドウ=ブラルであったとき、ゾン=クーソンはその貌で知られていた。しかし現在、彼の体を芸術品だと感じるのは、痛みと拷問こそが存在の頂点であると考えている、ゾン=クーソンに感銘を受けるものだけだ。ゾン=クーソンは青ざめ、痩せ衰え、しばしば髪も生えていない。多くの癒えていない傷と改造された体をさらけ出し、ぴったりとした性的な皮製の服を身にまとった姿で現れる。その唇は失われており、血だらけで忘れることのできないニヤニヤ笑いを浮かべている。身体につけられた鉤とピアスは彼が罵るたびにその表情を歪ませる。左があった場所には晶が収まり、それが表情の歪みを強調させる。彼の皮の上にはでできた垂直の王冠が置かれ、彼のかき乱す陽をその皮に注いでいる。彼のの後半部は完全になくなってしまっており、その脳を露にしている。そのは長く、ナイフのように鋭いが生えている。[4]

従者

ゾン=クーソンとその信奉者は、彼らが信仰の象徴たることよりも苦痛に関心を持つが、クレリックは彼らの命じるままに動くシャドウエリニュスを召喚することで知られる。[5]

の皇子 Prince in Chains

ゾン=クーソン堕落を永遠に思い起こさせるもの、神の使いはドウ=ブラルとシェーリンの父であるスピリット・ウルフ苦悩する残滓である。[6]

ヴリート=ホール Vreet-Hall

このチェインデヴィル自身でつけた傷に覆われている。その傷は他の器官に変化し、それぞれは通常機能を持つかのように振舞う。[5]

“耐えがたき”ドミニク Dominik the Unquenchable

ドミニクはゾン=クーソンの信者により拷問され不具となったヴァンパイアである。彼は消化器官を取り除かれるという永久的な傷のために、ぬことのない渇きを潤せず苦悩している。[5]

ゾン=クーソンの教団

中央集権化されたゾン=クーソンの教団は存在しない。ゴラリオンの自らの担当する区域で引き起こすことのできるわずかな痛みや苦難の原因を作り、それらを楽しむことで、個々の教団は満足している。しかし、秩序的な教義に従うところでは、各教派は体的な、忍耐、痛みに耐える能や痛みに耐えようという意志によって明確に定められた階層的構造を持っている(これらの要素が階級にどう響を及ぼすかについては、教団ごとの習慣に基づく)。[7]

信奉者と聖職者

なサディスト、発狂したマゾヒスト、圧倒的な痛みだけがその悲しみを紛らわせるほどに傷付いた魂をもつ者のいずれであろうと、ゾン=クーソン信者が信仰に入るきっかけや動機は極めて多岐に渡る。[4]

聖職者は信者が置かれているよりも高い段階の痛みや苦痛に至らしめることに熱情を注ぐ傾向がある。しかし、彼らはまた、通常社会に溶け込むことにかけても専家である。ゾン=クーソン聖職者のほとんどはクレリックであり、ブラックガードの数は最適なように制限されている。[4]

ほとんどの国におけるこの信仰に対する負のイメージにもかかわらず、その加護を望みゾン=クーソンを中心とした政府を設立したものもいる。えばニダルでは、パンゴライスPangolaisにある、秘密主義で嗜虐的なアンブラル法廷Umbral Courtにより統治されている。[2]

神殿と祠

ゾン=クーソン神殿はどうみても拷問部屋であり、宗教儀式で使用されていないときはしばしばそのように使われる[7]。教団で行われる独特でしばしば不可解な習慣が理由で、礼拝のため特別に持ち込まれた装飾品と一緒に、一的な神殿はかなり簡素に保たれている。よりへんぴな地域では、信者は暴と痛みのはびこる場所として当座の神殿を作るかもしれない。[2]

聖典

ゾン=クーソンの信者は本を好む崇拝者ではない。本による学習よりも実践による学習を選ぶ。

『アンブラルの書 Umbral Leaves』

ゾン=クーソン信仰における教義は、この薄気味い本に詳細に書かれている。この本は、はぎ取られた皮膚の上に血文字で書かれている。

祭日

の皇子”(訳注ゾン=クーソンのこと)の信仰にはほとんど祝日はない。しかしゾン=クーソン暗黒とすべての神であり、一般的な礼拝は新の夜に行なわれる。[3]

玩具作り

痛覚に集中するための取り組みにおいて、この習慣はもっとも裕福でもっとも幸運ゾン=クーソンの信者に、犠牲者が無と胴だけになるように四肢生命の維持に重要でない器官を切断することを認める。その結果、犠牲者は望みのないと胴だけで残される。[3]

永遠なる接吻

この年に一度の犠牲式は11日の間続き、たいていは予言の道具として犠牲者の内臓や苦痛の叫びを用いる必要がある。[3]

参考資料

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 67. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[3] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 68. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[4] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 65. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[5] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 69. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[6] Sean K Reynolds, & Greg A. Vaughan.(2008). Bestiary. Skeletons of Scarwall, p. 84. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[7] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 66. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[8] Erik Mona & Jason Bulmahn.(2008). Gazetteer, p. 64. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-077-3

Titles The Midnight Lord
The Dark Prince
Alignment Lawful evil
Portfolio Envy, Pain, Darkness, Loss
Cleric Alignments 秩序にして中立, 秩序にして悪, 中立にして悪
Domains Darkness, Death, Destruction, Evil, Law
Favored Weapon spiked chain

Zon-Kuthon(pronounced ZONN-koo-THON)[1] possesses one of the most twisted and evil minds in the multiverse. His position as god of pain is well earned, and he has been the root of countless tortures, murders and worse throughout time.

◎History
At the beginning of time, Zon-Kuthon was known as Dou-Bral, a good deity who shared the portfolio of beauty, love and the arts with his half-sister Shelyn. Dou-Bral abandoned Golarion for the dark places between the planes, though, and was tormented there and possessed by an alien being. Upon returning to reality, Dou-Bral as he had been known was gone, replaced with the twisted, malevolent soul known as Zon-Kuthon.

When Shelyn saw that her brother was forever changed, and not for the better, the two battled, her pleas and tears met with a violence foreign to the Dou-Bral she knew and loved. Shelyn finally wrested the golden glaive the two had shared a symbol of their power from her twisted brother's fingers, establishing an tenuous truce, held in place more by silence and avoidance than any desire to actually coexist[2].

Seeing the crimes Zon-Kuthon committed in Golarion, Abadar knew that he must be punished, and made a bargain with the evil god. Zon-Kuthon agreed to go into exile on the Plane of Shadow for as long as the sun hung in the sky in exchange for an item from the First Vault. This imprisonment was not meant to be over as soon as it was, though, and when the sun stopped shining upon Golarion during the Age of Darkness, Abadar honored his deal, giving Zon-Kuthon the first shadow, which The Midnight Lord has used to craft evil creatures from his realm of Xovaikain.

◎Relationships
Zon-Kuthon has little concern for the dealing of other deities. As long as he can play with his many toys, The Dark Prince has no need for any alliances, wars, or diplomatic dealings. While often the target of vengeance from Golarion's good deities, Zon-Kuthon himself does little to instigate conflict. That said, he is not above torturing followers of other faiths, and does so whenever possible. The only one safe from his evil ways is his sister Shelyn, though he grants no such immunity to her faithful.

◎Appearance and Emissaries
As Dou-Bral, Zon-Kuthon was known for his beauty, but his body now resembles a work of art only to those like-minded individuals who find pain and torture to be the pinnacles of existence. Pale, gaunt, and often hairless, Zon-Kuthon is often depicted wearing tight, sexualized leather clothing, exposing his many open wounds and body modifications. His lips have been removed, giving him a bloody, haunting grin, and hooks and piercings contort his face into reviling expressions, enhanced by the crystal which rests in the cavity where his left eye once sat. Atop his scalp, a vertical crown of spikes pulls his skin into a disturbing sunburst, and the back of his skull is completely gone, revealing his brain. His hands ends in long, knife-like fingernails.

○Servants
Zon-Kuthon and his followers are more concerned with pain than they are symbols of the faith, but clerics are known to summon shadows and erinye to do their bidding.

◇Prince in Chains

   A lasting reminder of Zon-Kuthon's decadence, the god's herald is a tormented remnant of the spirit-wolf who sired Dou-Bral and Shelyn.

◇Vreet-Hall

   This chain devil is covered in wounds, which it inflicts upon itself, and which transform into other organs, each performing their normal function.

◇Dominik the Unquenchable

   Dominik is a vampire who was tortured and mutilated by Kuthites who is plagued with the inability to quench his undying thirst due to a permanent wound which removed his digestive organs.

◎Church of Zon-Kuthon
There is no centralized church of Zon-Kuthon, and independent churches are content to cause and revel in the small bit of pain and misery they are able to inflict upon their corner of Golarion. As a lawful faith, however, each sect has a clearly-defined hierarchy, based on physical power, endurance, willingness and ability to endure pain, and similar elements related to church practices.

○Worshipers and Clergy
Kuthites run the gamut in their origins and motivations for joining the faith, whether they be evil sadists, demented masochists, or those whose spirits are so wounded that only overwhelming pain distracts them from their sorrows.

Clergy tend to take their fervor for pain and agony to higher levels than lay believers, but are also experts at blending in with normal society. Most clergy of Zon-Kuthon are clerics, and the number of blackguards is limited at best.

Despite the faith's negative image in most nations, others have welcomed his worship and established their governments around it, such as Nidal, which is ruled by the secretive and sadistic Umbral Court in Pangolais[8]

○Temples and Shrines
Temples of Zon-Kuthon are, for all intents and purposes, torture chambers, and often function as such even when not in use for religious ceremonies.[7] Because of the unique and often disapproved practices which take place in the church, temporary temples are kept fairly simple with decorations brought in specially for services. In more remote areas, believers might make impromptu shrines in places where violence and pain have occurred.

○Holy Texts
Kuthites are not bookish worshipers, often choosing to experience their faith rather than study it in a text.

◇The Umbral Leaves
The tenets of Zon-Kuthon's faith are detailed in this grisly book, written in blood on pages of flayed skin.

◎Holidays
◇The faith of the Dark Prince has few holidays but, Zon-Kuthon being the god of darkness and all, regular worship generally occurs on nights of a new moon.

◇The Joymaking

   In an effort to concentrate the sensation of pain, this practice allows the wealthiest and luckiest of Kuthites to have their limbs and non-vital organs amputated so that they remain a helpless head and torso, destined to live the rest of their lives as the subjects of limitless torture.

◇The Eternal Kiss

   This annual sacrifice lasts eleven days and often involves using the victim's entrails or cries of pain as soothsaying tools.

◎Reference
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 67. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[3] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 68. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[4] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 65. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[5] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 69. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[6] Sean K Reynolds, & Greg A. Vaughan.(2008). Bestiary. Skeletons of Scarwall, p. 84. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[7] Sean K Reynolds.(2008). Zon-Kuthon. Skeletons of Scarwall, p. 66. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-099-5
[8] Erik Mona & Jason Bulmahn.(2008). Gazetteer, p. 64. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-077-3

全文検索 目的別索引