ニダル

ニダル(Nidal)

ニダル は、アヴィスタン亜大陸西岸に位置する、内海地域最古の国の1つであり、苦痛の神を崇めるの国である。

歴史

スターストーン落下後のに包まれた“暗黒代”、生存の危機にさらされた騎の民ニダル族は神に救済を求めた。その声に答えたのは、影界に住むゾン=クーソンであった。彼は永遠の忠誠と引き換えに部族を存続させることを約束し、ニダル族はそれを受け入れ、の国ニダルが誕生した。
4338AR、南の隣国シェリアックスに破れ、ニダルはその属国とされる。
4606AR、エイローデンとそれに続く内によってシェリアックス魔の国となり、ニダルは再び独立を取り戻し、シェリアックスの対等の同盟国となった。一部では、シェリアックスニダルを属国としたのは、かの国をデヴィルの支配下に置くための苦痛の神の巧妙なだったのではないかとささやかれている。現在ではシェリアックス魔の支配を維持するため、パンゴライスとリドワンで訓練した術師たちが大きな役割を果たし、大貴族の1人であるソーサラー、コーラス Kholas はアブロゲイル2世の相談役を務めている。

政治

ニダルの支配者は の宮廷 the Umbral Court であり、かつてゾン=クーソン契約を結んだ者たちの子孫である貴族が全てを支配している。彼らは神から委任された支配権を失うことを極度に恐れ、あらゆる恐怖を尽くして支配の箍を締め続けている。

地理

パンゴライス Pangolais:ニダル中心部の大森林アスク森 Uskwood の中心部、アスク河 Usk River のほとりにある、暗黒代から続く伝説的な黒三位一体評議会 the Black Triune の私有であり、ニダル首都。昼なお薄暗い街路で邪貴族たちが暗黒の権ゲームと名状しがたい虚への供犠を続けている。この街に密かに入るためには、隠れ住むデズナ信徒か、数少ない魔信者のを借りなければならない。この街には450年近く前から、アヴィスタン最強のの1であるゴールド・ドラゴン Astarathian が住んでいる。彼は人間の姿をとり、数十年ごとに偽装を変えながら、の宮廷に苦しめられる人々に食料や避難所を、の支配からこの国を解放しようとする者たちに希望と勇気を与えている。[3]
ニスロシュ Nisrosh:アスク河 Usk River の河口にある、ニダル最大の人口を持つ港湾都市ニダルの対外的な顔であり、シェリアックスヴァリシアからの交易船が集まるが、想がく外国人に疑いのを向ける住人のため、長く留まることはない。芸術、酒宴、音楽は禁止され、文化の多くは軍事技術、詩、に関わる神秘学である。近年枷の地海賊がこのを訪れることが急増しているが、その理由はよく分からない。the Silent Shroud と呼ばれる沈黙のモンクたちが治安を維持している。
リドワン Ridwan:東の国境帯にある要塞都市ゾン=クーソンがはじめてゴラリオンに現れたであり、現在でもその信仰の中心である。ニダルの有貴族の1人、暗黒ドルイドエロイアンダー Eloiander の所在

アテラン放牧 Atteran Ranches:平原と丘陵が広がる北部には、昔ながらの祖先と同じ生活をおくる騎の民が暮らし、外国人やの宮廷が入ってくることを好まない。近年の宮廷はこの地域デズナ信徒が潜んでいるのではないかと疑っており、牧場主たちは宮廷のの者を入れない代わりに、デズナ信者を狩りだす“狩り” Dream Hunters という自警団を組織している。
バロウ荒野 Barrowmoor:北部の古代の騎馬王たちの墳墓が集まっている丘陵帯。墓を荒らす者には恐ろしい呪いが降りかかると言い伝えられている。現の物の噂では、数年後とに新しい墳墓が増えているという。
ブリムストーン温泉 Brimstone Springs:マインドスピン山脈の高所にある名高い温泉村。有毒物質を含む温泉が沸いているが、短時間入浴ならばさまざまな病気を癒す。湯からは悪名高い“ゴールデン・ドリーム”が取れ、それでぬことがなければその物の来世を幻視できると言う。
ガイステノ Citadel Gheisteno:シェリアックスとの国境にあったヘルナイト。4663AR、反乱を起こして本国の部隊に鎮圧され、は焼き払われた。25年後、その騎士団の軍旗を持ったアンデッド騎士が現れ、者の軍団を集めてを占拠している。
の館 House of Lies:パンゴライスの北の森の中にある、アヴィスタン最大の伝説、神話、偽りの歴史、創作物、真赤なの蒐集を誇る。5年に1度、悪名高い“ほらふきギルド” Guild of Liarsのメンバーが集まり、その冒険と真実の物語を語りあう。
の洞窟 Shadow Caverns:アスク森の中にある、氷のように冷たい泉の上にある洞窟。ダークランドナル・ヴォスにつながっており、ダークフォークと、ゾン=クーソンを崇める Visceroth という名の強な umbral dragon が住んでいる。の宮廷は彼らをと友好的に接触することに成功し、ここは枷の地海賊たちから購入した奴隷ダークランドの住人たちに売りさばく奴隷交易の中心となっている。[4]

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 110. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] James Jacobs et al.(2011). The Inner Sea World Guide, p. 134. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-169-2
[3] Mike McArtor(2008). Dragon Revisited, p.38. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-165-7
[4] James Jacobs and Greg A. Vaughan.(2008). Into the Darklands, p.8, Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-140-4

カテゴリー:内海地域

全文検索 目的別索引