カリストリア

カリストリア(Calistria)

称号

享受せしThe Savored Sting、室内の貴婦人The Lady in the Room、静まることなき激情The Unquenchable Fire

属性

混沌にして中立

権能

欺き、熱情、復讐

クレリック属性

混沌にして善真なる中立混沌にして中立混沌にして悪

領域

欺き幸運混沌知識魅惑

好む武器

ウィップ

カリストリア(kah-LISS-tree-ahと発音する)[1]は、熱情と復讐を含む多くの顔と外観を持つ女神である。彼女はとりわけエルフ達から高い評価を受けていて、彼らはしばしば彼女の雰囲気と態度を彼らの集団のそれと同一視する。スズメバチへの着がこの執念深い神格に“享受せしThe Savored Sting”という称号をもたらしている。この生き物達は彼らの敵を傷つけた後も生き残るが(訳注:ミツバチは一度刺すとぬが、スズメバチは一度刺した後にぬことはない)、これは他の者へ痛みを与えようとするならば模倣されるべき特性である。[2]

来歴

カリストリアは執念深いだけではないが、彼女が他者から不当に扱われた復讐心に燃える。彼女はその報復を味わうのに最高の位置に着くために策を弄しながら、このような仕打ちをやり返すのに時間を費やすだろう。彼女が密会をした場所はよく伝えられていて大抵はほとんど伝説的であるが、もしも想以上の何者でもないこれらの物語から真実に基づいた物語を見分けようと試みるなら、相互に矛盾する諸々の典拠が障害となる。[2]

他の神格との関係

カリストリアは多くの同世代の神々から好ましい相と見られていて、彼女の密会の物語は数多くの聖典に見受けられる。そのような物語の1つは、カイデン・カイリーエン神性への昇格が“静まることなき激情The Unquenchable Fire”(訳注カリストリア)の注を勝ち取ろうとして失敗した結果だったと主張する。かの傭兵剣士が言い寄ったのを、彼が定命であることを理由に彼女が拒絶したと言われる。[2]

外見とその使者

カリストリア通常打つ黄色い絹の魅惑的なドレスで着飾り、異界のをたたえた女性のエルフとして現れる。これらのガウンは彼女のしなやかで優な体型をほとんど隠しておらず、また彼女はしばしば巨大なスズメバチの一団の中に描かれる。[2]

従者

カリストリアはあらゆる種類のスズメバチに高い評価を与えていて、“享受せしThe Savored Sting”を怒らせる者はかの昆虫の大群に悩まされることになる。一方、かの熱情の女神を喜ばせる者は体の営みがうまくいくことになるだろう。このような配慮の対象となったものは、本人も知らないうちに彼女の恩恵を表すために役立っている。[2]

カリストリアの教団

カリストリア信徒ゴラリオン中に見受けられるが、熱情と復讐という彼女の教義はとりわけアブサロムガルト(Galt)、キョーニンネックス(Nex)、河川諸王国枷の地(the Shackles)、タルドールヴァリシアを下ろしている。“室内の貴婦人The Lady in the Room”(訳注カリストリア)の信者達は密偵から娼婦まで、いやそれ以上の何であれ、彼らが直面するどんな様々な役割でも果たすが、いつでも彼らの女神の活発な性質に支えられている。[2]このような個々の信者は、詐欺や事の中で、秘密でありかつ危険体的な出会いや知識との出会いに関わる。そして、しばしばこれらの的の追求が、これらの信徒達をそれらの的をかなえるために世界を放浪させる。[3]

信奉者と聖職者

エルフ達はカリストリアにとりわけ高い評価を与えているが、彼女はまた人間、そしてハーフエルフティーフリングのようなより変わりな種族の間でも人気がある。“享受せしThe Savored Sting”の信徒は多数の娼婦、スリルを求める者、密偵を含む。彼女のクレリックは普通、うす暗い黄色である傾向がある―たいていはヘンナの染料の使用によって彼らの肌を強調した―ぎりぎりの衣服着る。[2]

神殿と祠

人間の土では、カリストリア神殿は数多くの神聖娼婦を提供し、ゴシップと情報の中心として機能する。エルフの土では“享受せしThe Savored Sting”に奉献された建造物はよりしばしば盗賊ギルドに似ていて、普通は体的な娯楽よりもむしろ情報報復を求める者に応対する。[2]

聖典

『喜びの書』(The Book of Joy)

この書物は、“静まることなき激情The Unquenchable Fire”として知られる女神とその教団に神聖視される様々な情熱に彩られている。[2]

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 161. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] James Jacobs.(January 8, 2008). More Info on Deities?, Paizo Blog.

Calistria

Titles The Savored Sting, The Lady in the Room, The Unquenchable Fire
Alignment Chaotic neutral
Portfolio Trickery, Lust, Revenge
Cleric Alignments 混沌にして善, 真なる中立, 混沌にして中立, 混沌にして悪
Domains Chaos, Charm, Knowledge, Luck, Trickery
Favored Weapon Whip

Calistria(pronounced kah-LISS-tree-ah)[1] is a goddess of many faces and guises, including lust and revenge. She is held in especially high regard by elves, who often identify her moods and attitude with that of their people. A fondness of wasps has earned this vengeful deity the title the Savored Sting; such creatures live on after harming their enemies, a trait to be emulated should one seek to inflict pain on another.[2]

◎History
Calistria is not only vengeful, but vindictive when she has been wronged by another; she will take her time returning such disfavor, maneuvering in order to attain the best position from which to savor her retribution. Her trysts are well documented and often near legendary, though conflicting sources result in difficulty should one attempt to discern those tales based in truth from those that are nothing more than fantasy.[2]

◎Relationships
Calistria is seen as a desirable partner by a number of her divine contemporaries, and stories of her trysts can be found in numerous holy texts. One such tale claims Cayden Cailean's rise to divinity was the result of a failed attempt to win the attention of the Unquenchable Fire, who is said to have denied the sellsword's advances on the basis of his mortality.[2]

◎Appearance and Emissaries
Calistria usually appears as a female elf of otherworldly beauty, arrayed in seductive dress of flowing yellow silks. These gowns do little to hide her lithe and graceful form, and she is often depicted in the company of giant wasps.[2]

○Servants
Calistria holds wasps of all varieties in high regard, and those that displease the Savored Sting may find themselves plagued by swarms of the insects. Alternatively, one that pleases the goddess of lust may find themselves succeeding in pursuits of the flesh, the focus of such attentions unknowingly serving as an expression of her favor.[2]

◎Church of Calistria
The faithful of Calistria can be found across Golarion, but her tenets of lust and vengeance have taken especially firm root in Absalom, Galt, Kyonin, Nex, the River Kingdoms, the Shackles, Taldor, and Varisia. The followers of the Lady in the Room fulfill varied roles wherever they are encountered, anything from spy to prostitute and beyond, but always in support of their goddesses' mercurial nature.[2] Such individuals deal in trickery and mischief, encounters of the flesh and knowledge that is both secret or dangerous, and the pursuit of these goals can often lead these faithful to wander the world in order to achieve them.[3]

○Worshippers and Clergy
Elves hold Calistria in especially high regard, though she is also popular among humans and more exotic races, such as half-elves and tieflings. The faithful of the Savored Sting includes large numbers of prostitutes, thrill seekers, and spies. Her clerics usually clothe themselves in scant garb that tends toward shades of yellow, often accented by henna dyes used on their skin.[2]

○Temples and ShrinesIn
human lands Calistria's temples host numerous sacred prostitutes and act as centers of gossip and information. In elven lands buildings dedicated to the Savored Sting more often resemble thieves guilds, and usually cater to those seeking information or retribution rather than more carnal pursuits.[2]

○Holy Texts
◇The Book of Joy
This book details the various passions held sacred by the goddess known as the Unquenchable Fire and her church.[2]

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 161. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] James Jacobs.(January 8, 2008). More Info on Deities?, Paizo Blog.

全文検索 目的別索引