ネサス

ネサス(Nethys)

称号

万物を見るThe All-Seeing Eye

属性

真なる中立

権能

魔法

信者

ウィザードミスティック・シーアージ

クレリック属性

中立にして善秩序にして中立真なる中立混沌にして中立中立にして悪

領域

破壊知識魔術守護ルーン

好む武器

クオータースタッフ

ネサス(NETH-uhsと発音する)[1]は何よりも優先して魔法の保持を行なう神である。彼は全ての存在を証明するに充分なを持つ。このはその神性を燃料としその心を壊していく。彼は片方のによる世界の破壊と、他方のによる世界の救済との間で引き裂かれた魔法の神なのである[2]。

来歴

古代の書物は、魔法を体得した“神の王God-King”により、彼が他に並ぶものがないを獲得したと伝えている。このことにより、彼は全ての次元界で起こる全てを見ることで神になった。その知識は彼を取り返しがつかないほどに狂気に駆り立てるとともに、彼を神性の高みに昇らせた。彼の神性とは、その神格化の内に示され、彼の信者によって二極化した魔法の本質である。

他の神格との関係

彼は狂気に陥っているために長期にわたる計画に関わるのは困難だが、ネサスは活動的であり、あらゆる神格にとって自らの試みに対する援助を持ちかけるのは容易である。特に、邪であれ行であれ、いかなる理由であっても魔法に関わるものであればなおのことだ。[2]

外見とその使い

ネサスは見つめるには恐ろしく思えるような、そのによりひび割れた男性の人間のように見える。彼の半面は若々しくて強であり、パワーにより強く輝いている。残りの半面は魔が漏れ出てひびが入っており、炭となっている。[2]

従者

ネサス魔法をあらゆるものの上に置く。魔法を使えないものは、呪文の働きという神聖な権威を否定したものとして、信者たちからはより劣っているものとされる。魔法魔法の特性を持ったクリーチャーは彼の信者たちにとって神聖なものとされる。

バードBard

このネサスの好む従者仮面をつけたトランペット・アルコンである[2]。

タカラルTakaral

このネサスの好む従者ある半ば白化したリッチである[2]。

アルケーナオセインArcanaotheign

女性の形をしたパチパチというエネルギーの雲として現れる彼女は、ネサスの意図に従い黒か白の色をしている。彼女は物体変身し怪光線を放つ[2]。

ネサスの教団

ネサスの学術的で勢の強い教団は、その神のように分割されている。その多くは積極的にライバルの神殿と対立している。魔法やそれを発動する能はあらゆるものに優先する。

信奉者と聖職者

ネサスはあらゆる類のウィザードクレリック信仰されている。そして魔法に興味を持つもの、使用し進歩させようとする者にも信仰されている。聖職者の階級は魔法知識によって決められている。温和な神殿では前者が重要視され、より邪な寺院においては後者がより優先される[3]。

神殿と祠

ネサス神殿はいかなる形式をも取りうる。ウィザードの研究室から祠や小さな宮殿といったものでさえ。そこには常に魔法知識を持った人が配され、そのサービスを銭でやりとりする。異なる神殿魔法の異なる分野に焦点を当てているかもしれないし、ネサスの相を好むものもいるが、多くのものはバランスを保とうとする。ネサスの聖文は必ず神殿の内面に刻まれている[3]。

聖典

信奉者たちは、全ての魔法の書物が“万物を見る”の聖典であると考える。そして、彼の信仰に関係する文章や書き物のほとんどは、呪文学および、適用と解釈という二の方法論を含む。しばしばすぐに矛盾した記事にぶつかることになるが。

『魔法の書The Book of Magic』

この書は活用と誤用の分岐と魔法放出に関する完璧な指南書である[3]。

祭日

ほとんどの式典が魔法詠唱の積極的な使用に関わるものの、神殿によって式典の日とサービスの内容は異なっている。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 26. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 27. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

Nethys
Titles The All-Seeing Eye
Alignment Neutral
Portfolio Magic
Worshipers Wizards, Mystic Theurges
Cleric Alignments 中立にして善 秩序にして中立 真なる中立 混沌にして中立 中立にして悪
Domains Destruction, Knowledge, Magic, Protection, Rune
Favored Weapon Quarterstaff

Nethys(pronounced NETH-uhs)[1] is a god who holds magic above all things. He gained enough power to witness all things, and this both fueled his divinity and shattered his mind. He is a god of magic torn between destroying the world with one hand and saving it with the other. [2]

◎History
Ancient texts tell of a God-King whose mastery of magic allowed him to gain unparalleled power, with this he became a god by seeing all that transpired on all planes. The knowledge both drove him irreparably mad and elevated him to divinity, the dual-edged nature of magic cherished by his followers epitomized in his apotheosis.

◎Relationships
Although his madness makes it hard to act on long-term plans Nethys is active and approachable by all deities for aid in their ventures, particularly those involving alot of magic, for whatever reason, nefarious or benevolent.[2]

◎Appearance and Emissaries
Nethys appears terrible to behold, he seems to be a male human, crackling with power. One side of him is youthful and powerful, almost glowing with power, while his other half is charred and crackling with leaking magics.[2]

○Servants
Nethys holds magic above all things, those unable to do or use magic are held as lesser by the faith, denied the divine majesty of working spells. Creatures with magic abilities or properties are held as sacred to his faith.

Bard

   This favored servant of Nethys is a masked trumpet archon.[2]

Takaral

   This favored servant of Nethys is a mighty semi-skeletal lich.[2]

Arcanaotheign

   Appearing as woman-shaped cloud of crackling energy, she is either black or white depending on Nethys' intentions. She can transform objects and shoot eldritch rays.[2]

○Church of Nethys
The learned and powerful church of Nethys is as divided as its god, many even actively opposing rival temples. Magic and the ability to cast it is held above all other things.

○Worshipers and Clergy
Nethys is worshipped by all sorts of wizards and clerics, and all those with an interest in magic and its use and advancement. Rank within the clergy is determined by magical knowledge and power, with the former more important in benign temples, and the latter taking precedence in the more malevolent temples.[3]

○Temples and Shrines
Temples of Nethys can take any shape, from that of a wizard's laboratory to fortress or even a small palace. They are always staffed by magically knowledgeable people, and take quite a mercenary approach to their services. Different temples may have a different focus in magic, or a preference towards on of Nethys' aspects, however many try to maintain balance. The holy scripts of Nethys are always written on a temples interior walls.[3]

○Holy Texts
The clergy consider all books of magic to be holy texts to the All-Seeing Eye, and most of the scripts and writings associated with his faith include spellcraft, and dual methods of application and interpretation. Often in immediately contradicting paragraphs.

The Book of Magic

   This is a comprehensive guide for channeling magic and the ramifications of its use and misuse.[3]

○Holidays
Services and occasions vary from temple to temple, though most ceremonies involve the active use of magic and chanting.

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 26. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 27. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

全文検索 目的別索引