ゴズレー

ゴズレー(Gozreh)

属性

真なる中立

権能

自然、天気、海

信奉者

ドルイド船乗り、きこり

クレリック属性

混沌にして中立真なる中立秩序にして中立中立にして善中立にして悪

領域

植物、天気、動物

好む武器

トライデント

ゴズレー(GOHZ-rayと発音する)[1]は、の男神および浪と寄せるの女神という二重の性質を持つ自然神である。大洋の激怒憤怒から生まれたゴズレーは気まぐれな神格である。[2]

来歴

ゴズレーは太古の神格で、が吹きが湧き出るのと同じくらい長く存在してきたと考えられている。彼の信徒達は自然のあらゆる所に見受けられ、彼らが永きに渡って行ってきたように彼女(訳注ゴズレーを指す代名詞には彼と彼女の両方が用いられている)の意志を実行する。

他の神格との関係

ゴズレーは、彼の領域または存在を脅かさない限り他の諸神格に対して無関心である。[2]このことにもかかわらず、世界に破壊的または有害な響が及ばないように、彼はしばしばロヴァググネサスウルガソーアとの争いに加わる。彼はしばしばアーバダーと文明の侵略のことで不和になるが、エラスティルデズナには心を許している。

外見とその使者

ゴズレーは、下半身に荒れ狂う元素物質の塊をたなびかせるとてつもなく巨大人間型生物として現れる。[2]海を司る彼の女性型の化身はに溶け込んでいて、乱れた緑の髪を持つ若くしい女性に見える。と雲を司る男性の化身は雲に溶け込んでいて、長い白髭を持つ雨にさらされた老人に見える。ゴズレーのイメージは、彼の二つの形態の一方が海から伸び上がり一方が天から垂れ下がって中で触れ合うように表現されるのが一般的である。

従者

自然、そしてあらゆる自然の生き物がゴズレー領域にあると考えられているが、彼女の聖職者は鳥や海の生物、特にアホウドリやカモメ(訳注:海に住む生物であると同を飛ぶ鳥でもある)のような二つの概念が合わさっているものに意義を見出す。

クラズ=テシュ(Kraz'Tesh)

このゴズレーお気に入りの従者は、氷でできたトンボのようなクリーチャーである。[2]

“塩ひげ”(Saltbeard)

このゴズレーお気に入りの従者は、気難しいトリトンクレリックである。[2]

“猛威の化身”(Personification of Fury)

の混合物である年老いたエレメンタルとして現れるゴズレーの化身は、彼女の興味のままに諸次元界を横断する。[2]

ゴズレーの教団

ゴズレーの教団、そしてゴズレー信徒達は間違いなくあらゆる自然場所に見受けられる。

信奉者と聖職者

ゴズレーの神官は洗練されていない人々であり、多くは隠者である。男達は長いあごひげを持ちたいと希望し、女達は長い髪を望む。海藻や自然な道具はしばしば信徒の髪に編み込まれる。[2]

大ムワンギthe Mwangi ExpanseのボヌワットBonuwatの人々は、ゴズレーの異なる形態――二つの顔を持つデズナとの融合体――を信仰する。彼らはそれをシムイェ=マガッラShimye-Magallaと呼ぶ。[3]

“アベンデゴの眼the Eye of Abendego”(訳注:大洋上で絶え間なく続く大竜巻の名)の出現からまもなく、“を巻き起こす者the Storm Kindlers”というゴズレーの分派が“眼”はゴズレー顕現だと確信するようになった。彼らは没した(the Sodden Lands)に大勢で向かったが、この地域での生活という厳しい現実には対処できず、すぐにんでしまった。彼らの指導者達は、彼らが水浸しを通り抜ける助けになる魔法仮面を身に付けていた。これらの仮面のいくつかが残り、今は没した住民が身に付けている。彼らはこれを“ゴズの仮面Goz mask”と呼ぶ。[4]

神殿と祠

ゴズレー神殿は常にに向かって解放され、たいていは中心部にあるのプールか広々とした域を持っている。[5]それらの神殿はしばしば辺鄙な場所に見られ、たいていは流や切り出されていないのような、ほとんど加工されていないそのの材料だけを用いて建てられている。

聖典

一般にゴズレー聖典は、潮の干満の暦やそれに類するものといった自然な生活への引書で、聖歌や祈りの文句が散りばめられ、かの気まぐれな神格への供物が勧められる。

への讃歌』(Hymns to the Winds and Waves)

この書には、大声で唱える祈祷文および独居や自然の尊敬に関する規則が含まれている。[5]

祭日

礼拝や行事は神殿ごとに異なるが、儀式のほとんどが供物、祈祷、詠唱を伴う。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 18. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 29. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[4] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 135. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[5] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 19. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

Gozreh

Alignment Neutral
Portfolio Nature
Weather
The sea
Worshipers Druids, sailors, woodsmen
Cleric Alignments 中立にして善, 秩序にして中立, 真なる中立, 混沌にして中立, 中立にして悪
Domains Air, Animal, Plant, Water, Weather
Favored Weapon trident

Gozreh(pronounced GOHZ-ray)[1] is a dualistic god of nature, a god of the storm and sky, a goddess of the wave and surf. Born of the ocean's fury and the wind's wrath, Gozreh is a fickle diety. [2]

◎History
Gozreh is an ancient diety, thought to have existed for as long as the wind has blown and the waters swelled, his faithful are to be found in all places of nature, doing her will as they have for aeons.

◎Relationships
Gozreh is indifferent to other dieties unless they threaten his domain or existence.[2] Despite this, he often comes into conflict with Rovagug, Nethys and Urgathoa for their destructive or corrupting influences on the world. He is often at odds with Abadar over the encroachments of civilization yet cordial with Erastil and Desna.

◎Appearance and Emissaries
Gozreh appears as a colossal humanoid whose lower body trails away into a mass of roiling elemental matter.[2] His female avatar of the sea merges with water and appears young and beautiful woman with wild green hair. The male avatar of the winds and clouds merges with a storm cloud and appears as a weathered old man with a long white beard. Images of Gozreh typically present his two forms reaching up from the sea and down from the heavens to touch one another in midair.

○Servants
Nature, and all its creatures are considered to be Gozreh's domain, but her clergy place significance on birds, and creatures of the sea, especially those who merge the two concepts such as albatrosses and seagulls.

◇Kraz'Tesh
This favored servant of Gozreh is an icy dragonfly-like creature. [2]
◇Saltbeard
This favored servant of Gozreh is a dour triton cleric.[2]
◇Personification of Fury
Appearing as an ancient elemental, a fusion of wind and wave, Gozreh's avatar serves her interests across the planes.[2]

◎Church of Gozreh
The church, and certainly the faith of Gozreh can be found in all natural places.

○Worshipers and Clergy
Priests of Gozreh are rugged folk, and many are hermits. Men are expected to have long beards, and women long hair. Seaweed and natural items are often braided into the hair of the faithful. [2]

The Bonuwat people of the Mwangi Expanse worship a variant form of Gozreh, a janiform amalgam with Desna, whom they call Shimye-Magalla.[3]

Shortly after the appearance of the Eye of Abendego, a splinter-cult of Gozreh called the Storm Kindlers became convinced the Eye was a manifestation of Gozreh. They flocked to the Sodden Lands, but were unable to cope with the harsh realities of life in the region and were soon killed. Their leaders wore magical masks that helped them navigate the flooded land. Some of these masks survive, and are now worn by inhabitants of the Sodden Lands, who call them Goz masks.[4]

○Temples and Shrines
Temples of Gozreh are always open to the sky above and often contain some sort of pool or open water at the heart. [5] They often appear in out-of-the-way places, and are typically built using only slightly worked local materials, such as driftwood and unquarried stone.

○Holy Texts
Gozreh's texts are typically guides to natural life, almanacs of tides and such things, interspersed with chants and prayers, and suggested offerings to the fickle diety.

◇Hymns to the Winds and Waves
This book includes sussurant prayers, rules for personal behavior and the respect of nature.[5]

○Holidays
Services and occasions vary from temple to temple, though most ceremonies involve offerings, prayers and chanting.

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 18. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 29. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[4] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 135. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[5] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 19. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

全文検索 目的別索引