ラミア

ラミア Lamia

このクリーチャーの上半身は猫で鋭いを持つ器量のよい女性のものだが、下半身はライオンのものである。

ラミア 脅威度6 Lamia

経験点2,400
混沌にして悪大型サイズ人怪
イニシアチブ +3;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+15

防御

アーマー・クラス 20、接触13、立ちすくみ16(+1回避、+7外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 67(9d10+18)
頑健 +7、反応 +9、意志 +11

攻撃

移動速度 60フィート
近接 +1ダガー=+13/+8(1d4+4/19~20)、接触=+7(1d4【判断力】吸収)、(×2)=+7(1d4+2)
接敵面 10フィート;間合い 5フィート
特殊攻撃 【判断力】吸収
擬似呪文能力術者レベル9)

回数無制限:ヴェントリロキズムディスガイズ・セルフ
3回/日:メジャー・イメージ難易度14)、サジェスチョン難易度14)、チャーム・モンスター難易度15)、ミラー・イメージ
1回/日:ディープ・スランバー難易度14)

一般データ

【筋】18、【敏】16、【耐】14、【知】13、【判】17、【魅】13
基本攻撃 +9;戦技ボーナス +14;戦技防御値 28(対足払い32)
特技 《一撃離脱》《回避》《頑健無比》《強行突破》《鋼の意志》
技能 〈威圧〉+10、〈隠密〉+15、〈交渉〉+4、〈生存〉+12、〈知覚〉+15、〈知識:宗教〉+4、〈はったり〉+9、〈変装〉+6;種族修正 +4〈隠密〉、+4〈はったり〉
言語 共通語、奈落語
その他の特殊能力 小振りの武器

生態

出現環境 温暖/砂漠
編成 単体、2体、カルト(3~12)
宝物 ×2(+1ダガーその他宝物

特殊能力

小振りの武器(変則)/Undersized Weapons ラミア大型サイズだが、その上半身は中型サイズ人型生物の上半身と同じサイズである。その結果、ラミアはあたかも実際のサイズよりもサイズ分類が1段階小さい(大抵のラミアは中型サイズ)かのように武器を用いる。

【判断力】吸収(超常)/Wisdom Drain 近接接触攻撃が命中するたびに、ラミアは1d4ポイントの【判断力】を恒久的に吸収する(他のさまざまな能吸収攻撃とは異なり、ラミア【判断力】吸収を使用してもいかなるダメージ回復しない)。ラミアはこの能遭遇の早い段階で使用することで、敵をサジェスチョンチャーム・パースンにかかりやすくしておく。

太古の呪いを受け継ぐ憎に満ちたラミアは、腰から上は痩せて魅的な女性のものだが、その下半身は強いライオンのものである。ラミア人型生物の顔だちでさえもはっきりと猫科動物特徴を帯びており、ラミアの両は細い切れ状の野生を感じさせるもので、ラミアの歯は捕食生物ののようだ。典型的なラミアは体高6フィート(約1.8m)を超え、体長は8フィート(約2.4m)を上回り、体重は650ポンド(約290kg)以上ある。

ラミアは世界の荒廃し見捨てられたところに惹きつけられる。崩れた廃都、忘れられた碑――これらはすべて、この危険極まりない狩人の残酷なる審眼を満足させる。不毛のか、そうでなくとも何も生息していない環境にあるものは特に。しかし、ラミアは何よりもまず老朽化した寺院をこそ好む。ラミアの神々の神殿荒廃しているのをにすることに喜びを覚え、わざわざ栄える聖地に苦難をもたらすこともある。

ラミアグループ内で一番年上の女性を指導者にして母にして巫女と見なし、その者に狂信的な敬意を向ける。ラミア宗教心の特に篤い信者たちを忌避する。そういった者たちのことを、ラミアを野獣のような姿に押し込めた呪いの源と見ているのだ。だがその一方で、年かさのラミアたちは、砂漠を薙ぐささやきを聞き、々の冷たいきまぐれが判ると主張しており、そうした神秘的な源を頼りに民を導くのだ。

ここに挙げたラミアは、この呪われた種族で最も一般的だがの劣るメンバーである。他にものようだったり、鳥のようだったり、あるいはもっとひねくれた姿を持つものもいる。


全文検索 目的別索引