テノメ

テノメ Tenome

この皺深いい人形生物は、のない顔と広くのある口がある; のひらからが異常に眩しいくっている。

テノメ 脅威度4 Tenome

出典 Bestiary 6 262ページPathfinder #99:Dance of the Damned pg. 90
経験点 1,200
中立にして悪/中型サイズ人型怪物
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 17、接触13、立ちすくみ14(+1回避、+4外皮、+2【敏】
ヒット・ポイント 39(6d10+6)
頑健 +3、反応 +7、意志 +7
弱点 覆い隠す組みつき

攻撃

移動速度 30フィート; 急スピード
近接 噛みつき=+8(1d6+2)、(×2)=+8(1d4+2、加えて“つかみ”)
特殊攻撃 骨飲み恐怖の凝視

一般データ

【筋】14、【敏】15、【耐】13、【知】10、【判】11、【魅】12
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +8; 戦技防御値 21
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《鋼の意志》
技能 〈威圧〉+10、〈隠密〉+11、〈生存〉+9、〈知覚〉+9
言語 共通語

生態

出現環境 気候問わず/都市
編成 単体、2体、または大群生(3~5)
宝物 標準

特殊能力

骨飲み/Bone Drink(超常) テノメ押さえ込まれた状態となるまたは維持するラウンドで、その口を犠牲者に取り付け、犠牲者の液化する音攻撃を使用して、モンスターや皮膚を介して飲むことを可能にする。これは犠牲者に1d3ポイントの【耐久力】ダメージを与える。この方法でダメージを受けたクリーチャー難易度 14の頑健セーヴに成功するか、痛みによって疲労状態とならなければならない。疲労状態クリーチャーは代わりに過労状態となり、過労状態クリーチャーは1分間の間意識を失う。テノメ液化したを飲むラウンドごとに5ヒット・ポイント回復する。このようにしてクリーチャー【耐久力】が0になると、その格が液化して亡する。これは[音効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

急スピード/Burst of Speed(変則) テノメは1d4ラウンドに1回、基本移動速度の2倍だけ移動できる。

覆い隠す組みつき/Obscuring Grapple(変則) テノメクリーチャーに組みついている間、他の全ての相に対して完全視認困難を得る。

恐怖の凝視/Terrifying Gaze(超常) テノメは片標準アクション)または両全ラウンド・アクション)を見せつけることで、30フィート以内に1体の相を見つめることができる。難易度14の意志セーヴに失敗した相は、片凝視目標である場合は恐れ状態に、両目標である場合は麻痺状態となる。これらの効果は1d3ラウンドの間持続する。テノメはこの凝視攻撃起動しなければならない; 相は、起動していない場合テノメ凝視を見ても、セーヴィング・スローを試みる必要はない。クリーチャーがこの能に対するセーヴに成功すると、そのテノメ恐怖の凝視に24時間の間完全耐性を持つ。これは[精神作用、恐怖効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

テノメは文明の周辺に忍び寄り、行者待ち伏せし、を平らげるために田舎の家族の家に友する恐ろしい捕食者である。通常攻撃する前に犠牲者に近づこうとし、フード付きのマントやボリュームのあるローヴでその姿の怪しげな要素を隠したり、暗くなった小道に沿って横たわり待ち伏せしていたりする。数で勝る集団を攻撃することを酒、獲物の可能性となるものを辛抱強く追跡し、犠牲者を1回に一人ずつ連れていくことができるときに攻撃することを好む。

夜行性であるテノメは、しばしば夜の帳に隠れて隠れ家から何マイルも移動し農村部の共同体恐怖に陥れる。農民が自分たちの土を守るために組織したり、テノメ隠れ家場所を特定しようとしたりするとき、狩猟場を交代し自分たちの即席を隠そうとする。好んで食べるものは液状化したで、その結果、共同体に信じられないほどの恐怖を与えるほどの恐ろしい体をもたらすが、テノメはこれを知っている――しばしばのない犠牲者を晒したままにしようとすることがあり、袖は嫌らしい体がすぐに見つかることが追跡の抑止となることを知っている。

ある民話によると、テノメは高齢者の世話を適切にしていない共同体に対する超常的なとして発生したことを示唆している。本当に起源が何であれ、この恐ろしいモンスターは、今や世界中で見つけることができるが、彼らは都市部の隅っこに住むことを好む。テノメは身長5~6フィート、体重約150ポンドである。

全文検索 目的別索引