ウォープリースト

祝福 Blessings

焦点化祝福 Focused Blessings

出典 Healer's Handbook

以下に示すのは、焦点化祝福新しいルールである――神格によってウォープリーストに与えられた具体的な祝福であり、プレイヤーはカスタマイズの柔軟性を高めることができる。焦点化祝福は副領域(Pathfinder Roleplaying Game:Advanced Player’s Guide 86ページ)が領域に対してどのようなものであるかの祝福版である; それぞれの焦点化祝福は特定の副領域に対応し、ウォープリースト自身神格が対応する副領域(あるいは関連する領域)をクレリックに与えることができる場合にのみ、焦点化祝福を選択できる。えば、ウォープリーストは、神格の副領域のリストに復活の副領域が含まれている場合にのみ、復活焦点領域を選択できる。

各々焦点化祝福は、関連する祝福の下級祝福または上級祝福を置き換える下級祝福や上級祝福のいずれかを与える。ウォープリースト焦点化祝福を選択した場合、他の祝福の選択肢として関連祝福を選択することはできない(事実上、焦点化祝福が関連祝福と置き換える)。焦点祝福は、祝福に基づく効果前提条件に関して、関連祝福と同等に扱われる。焦点化祝福ウォープリースト祝福クラス特徴を与える任意のキャラクターがセンタ得できる。ただし、神格焦点化祝福を許可している場合に限る(GMの裁量による)。

焦点化祝福をを1つ以上持つウォープリーストが、クレリックの領域を与えるクラスレベルも持っている場合、関連する1つ以上の祝福はそのクラスで選択した領域と一致していなければならない。GMの裁量により、ウォープリーストは以前に選択した関連祝福領域を変更して全てを一致させることができる。

焦点化祝福セーヴィング・スローを必要とする場合、セーヴ難易度は10+キャラクターのウォープリーストレベルの半分+【判断力】修正値に等しい。ウォープリースト祝福はPathfinder RPG Advanced Class Guideの63~68ページに記載されている。

協力の祝福 Cooperation Blessing

出典 Healer's Handbook 13ページ

関連領域共同体

代替祝福以下の下級祝福共同体の祝福援護強化と置き換える。

チームの努(下級)/Team Effort:1レベル点で、見方に接触して強力の祝福を与えることができる。君が持つチームワーク特技を1つ選択する。接触された味方は君のウォープリーストレベルの半分(最小1)に等しいラウンド数の間、選択されたチームワーク特技の利益を得る。または接触した味方が持っているチームワーク特技の1つを選択し、ウォープリーストレベルの半分(最小1)に等しいラウンド数の間選択した特技の利益を得ることができる。

呪いの祝福 Curse Blessing

出典 Magic Tactics Toolbox 22ページ

神格Andirifkhu、カリストリアデズナ、Graffiacane、Magdh

呪術攻撃(下級)/Hexing Attack:1つの武器接触して、次の句表に小さな呪いをかけることができるために強化することができる。攻撃された目標は、意志セーヴィング・スローに成功するか、1分間の間攻撃ロールセーヴィング・スロー技能判定、または能力値判定ウォープリーストが選択する)に-2のペナルティを受けなければならない。

報復呪い(上級)/Retributive Curse:10レベル点で、即行アクションあるいは割り込みアクションとして、君にクリティカル・ヒットを確定させたり、君に精密さに基づくダメージを与えたりする隣接するクリーチャー呪いをかけるることができる。目標意志セーヴィング・スローに成功するか、呪われなければならない。以下の効果の1つを選択する:目標は君が選択した能力値の1つに-2のペナルティを受ける(能力値は0未満には減少しない); 目標攻撃ロールセーヴィング・スロー能力値判定技能判定に-2のペナルティを受ける; 各ターンアクションをを行えない可能性が25%ある(それ以外は通常通り行動する)。この呪いは1時間の間継続する。クリーチャ:―は一度に1回だけ報復呪いをかけることができる。それ以外はビストウ・カースとして機能する。

地震の祝福 Earthquake Blessing

神格ウォープリーストだけがdisasterの祝福を選択できる。

出典 Ultimate Wilderness 97ページ

神格地の祝福を与える神格または権能に災害を持つではない神格

の基礎(下級)/Stone's Base:味方に接触して、頑丈弾力性祝福を与えることができる。1分間の間、クリーチャーは、味方を動かしたり伏せ状態にする戦技に対する戦技防御値に+4のボーナスを得る。

ハンマー(上級)/Earth Hammer:10レベル点で、武器接触し、1分間の間大地震力の祝福を与えることができる。武器クリーチャーに命中したとき、目標反応セーヴに成功するか、伏せ状態とならなければならない; いずれの場合でも、クリーチャーは24時間の間この能完全耐性を持つ。

洪水の祝福 Flood Blessing

神格ウォープリーストだけがdisasterの祝福を選択できる。

出典 Ultimate Wilderness 97ページ

神格地の祝福を与える神格または権能に災害を持つではない神格

呼吸の持続(下級)/Lasting Breath:息を止めるために味方に接触し、祝福を与えることができる。1分間の間、味方が息を止めているとき、標準アクションと全アクションは、味方が息を止めておくことができるラウンド数が減少しない(Pathfinder RPG Core Rulebook445ページ参照)。

津波砕(上級)/Tsunami Burst:1レベル点で、近接攻撃が君に命中したとき、この祝福割り込みアクションとして、呼び出すことができる。攻撃者に向かってが吹き出し、戦技ボーナスを使用して突き飛ばし戦技判定を試みるが、【筋力】修正値の代わりに【判断力】修正値を加える。

神爪の祝福 Godclaw Blessing

出典 Disciple's Doctrine 14ページ

神格アーバダーアスモデウスアイオーメディイローリトラグ

服従の命令(下級)/Command Obedience:味方に接触して簡単な言葉を言うと、義務を思い出し、現在味方に響を与える各心術効果に対して新しいセーヴィング・スローを与えることができる。セーヴィング・スローに成功すると、心術効果は即座に終了する。このパワーセーヴィング・スローを許可する効果にのみ響する。

戦術的準備(上級)/Tactical Readiness:10レベル点で、30フィート以内の味方を結集でき、機会攻撃を誘発しないフリー・アクションとして次のいずれかを即座に行える:立ちすくみ状態を取り除く、5フィート・ステップを行う武器を引き抜く、を準備する、1ラウンドの間アーマー・クラスに+1の回避ボーナスを得る。君は自身【判断力】ボーナスに等しい数の味方に響を与えることができる。これらのアクションは、味方の次のターンの味方の全体的な移動アクションとはみなさない。

回復の祝福 Restoration Blessing

出典 Healer's Handbook 13ページ

関連領域治癒

代替祝福以下の下級祝福治癒の祝福強力なる癒やし手と置き換える。

改良の接触(下級)/Ameliorating Touch:1レベル点で、君の接触は苦しんでいる仲間への慰めである。即行アクションとして味方に接触すると、疲労状態怯え状態不調状態の味方を一的に緩和できる。この祝福はそれらの状態異常を1分間抑制する。2レベル点で、即行アクションではなくフリー・アクションとして下級の祝福を使用するために熱狂クラス特徴自身または味方を治癒するとき祝福使用回数を2回分費やすことができる。

復活の祝福 Resurrection Blessing

出典 Healer's Handbook 13ページ

関連領域治癒

代替祝福以下の上級祝福治癒の祝福高速治癒と置き換える。

からの帰還(上級)/Return of the Fallen:10レベル点で、君の接触自体の冷たいに逆らうことができる。レイズ・デッドを発動したかのようにい続けさせるために接触した味方を一的に復活させることができる。復活した味方は君のウォープリーストレベルの半分に等しいラウンド数の間よろめき状態となり、その後即座に亡する。味方はこの持続時間の間、適切と考えるように自由に行動することができる。君はその味方を制御することはできない。

自由の祝福 Freedom Blessing

出典 Healer's Handbook 13ページ

関連領域解放

代替祝福以下の上級祝福解放の祝福自由の叫びと置き換える。

上級解放(上級)/Greater Liberation:10レベル点で解放の祝福解放を使用するとき、効果が1分間の間持続する。

殉教者の祝福 Martyr Blessing

出典 Healer's Handbook 13ページ

関連領域高貴

代替祝福以下の上級祝福高貴の祝福模範指導と置き換える。

殉教者の生贄(上級)/Martyr’s Sacrifice:10レベル点で、君の身体は君が勝ちがあると考える他人のために意図した傷を受け入れることができる。味方の傷を50フィート以内で1分間の間肩にかけることができ、この間味方はシールド・アザーが発動されたかのように響を受ける(距離が50フィートの範囲であることは除く)。この能は1度に1回だけ起動することができる。この上級祝福を使用すると、それ以前に使用している上級祝福は即座に終了する。

影の祝福 Shadow Blessing

出典 Blood of Shadows 17ページ

神格ノクティキュラ、ノルゴーバーゾン=クーソン

のちらつき(下級)/Flicker of Shadows:1レベル点で、接触した武器をワープさせ、攻撃の前に一瞬の間実態をなくすことができる。各ラウンドでこの武器を使用して行われる最初の攻撃は、アーマー・クラスへの盾ボーナス遮蔽からのボーナスを無視する。完全遮蔽は依然として全利益を与える。この効果は1分間の間持続する。

としての素早さ(上級)/Swift as Shadow10レベル点で、即行アクションとして、地震または30フィート以内の味方がのように簡単に地面移動できるようにすることができる。対象の移動速度は10フィート増加し、暗闇移動困難な地形、滑りやすいことからの移動ペナルティはなくなる。クリーチャーは氷の範囲やさらにはグリース呪文効果を受けた範囲を安全に移動できる。この能響を受けたクリーチャー突撃攻撃を命中させた場合、その攻撃は君のレベルの等しい量の[氷雪]ダメージを与える。

竜巻の祝福 Tornado Blessing

神格ウォープリーストだけがdisasterの祝福を選択できる。

出典 Ultimate Wilderness 97ページ

神格風の祝福を与える神格または権能に災害を持つではない神格

塵旋風(下級)/Dust Devil武器攻撃が命中した速攻アクションを使用して、突風と破片を目標の周囲に渦巻かせることができる。目標は1分間の間目が眩んだ状態となる。

怒号の大風(上級)/Howling Gale:10レベル点で、標準アクションとして自身の周りに怒号の防を呼び起こすことができる。1分間の間、大型かそれより小さいクリーチャーは君の隣のマスに入るのに2倍の移動を必用とする。したがって、君の隣似移動するのに5フィート・ステップを行うことはできない。

野火の祝福 Wildfire Blessing

神格ウォープリーストだけがdisasterの祝福を選択できる。

出典 Ultimate Wilderness 97ページ

神格火の祝福を与える神格または権能に災害を持つではない神格

(下級)/Leaping Flames:味方に接触し、1分間の間、野火の速さで祝福を与える。味方は基本移動速度に+10フィートの強化ボーナスを得、味方は機会攻撃に対するアーマー・クラスに+1の回避ボーナスを得る。

覚め(上級)/Fiery Wake:10レベル点で、移動する即行アクションを使用して、自身に焼灼の祝福を呼び起こすことができる。君のターンの残りの間、君の移動は経路に不透明の高さ10フィートのを残す。は1分間の間燃える。接触するクリーチャーは2d6ポイントの[ダメージを受ける。


ウォープリーストのアーキタイプ Warpriest Archetypes

惨事呼び Calamity Caller

出典 Heroes from the Fringe 12ページ

すべてのエルフ自然との深いつながりを感じているが、一部のエルフの司祭はこの絆をさらに深め、彼らのつながりを利用して敵に自然憤怒を呼び起こす。エクジャエはこのつながりを利用する傾向があるが、どのエルフであってもこの方法で自然との絆を深めることができる。

惨事呼びエルフのみが利用できるウォープリーストのアーキタイプである。

大変動の祝福/Catastrophic Blessing:惨事呼び惨事呼び神格災害祝福に関連する領域を許可していなくとも、2つの祝福の1つとして災害祝福地震、洪竜巻野火)を選択しなければならない。

これは祝福を変更する。

惨事(超常)/Calamity:標準アクションとして、惨事呼びは30フィート以内の5フィート四方似ますに惨事を被らせることができる。惨事はそのマス内のクリーチャーに1d6ポイント+1レベル以降2ウォープリーストレベル毎に1d6ポイントの追加ダメージを与える。惨事の種類によって、惨事が与えるダメージ種別が決まる(下記参照)。響を受けたクリーチャーは、セーヴィング・スローを試みて、このダメージ半減させることができる(難易度 =10+惨事呼びウォープリーストレベルの半分+【判断力】修正値); セーヴ種類は惨事によって決まる。惨事呼びはこの能を回数無制限に使用できる。

4レベル点で、惨事呼びは、この能を使用すると、強化した惨事を作成できる。強化した惨事は惨事の通常の2倍のダメージを与える。さらに、セーヴに失敗したクリーチャーは追加の効果を受ける(下記参照)。8レベル、12レベル、16レベルの点で、1ラウンド以上持続する強化した惨事によって作成された効果は、さらに1ラウンド持続する。惨事呼びは1日に2ウォープリーストレベル毎に1回強化した惨事を作成できる。クリーチャーはこれらの追加効果を受けるために惨事からダメージを受けていなければならない。

惨事呼びが利用できる惨事、与えるダメージダメージ抵抗するためのセーヴィング・スロー、および強化したに引き起こす二次的効果を以下に示す。

の雨/Acid Rain:時間の雨が目標マスに[強ダメージを与え、半減ダメージのために頑健セーヴを行う。強化したの雨に対するセーヴに失敗したクリーチャーは1ラウンドの間溶解し続け、自動的に元のダメージの半分を受ける。

猛吹雪/Blizzard:雹が目標マスに[氷雪]ダメージを与え、半減ダメージのために頑健セーヴを行う。強化した猛吹雪に対するセーヴに失敗したクリーチャーは、1ラウンドの間盲目状態となる。

落とし/Deadfall:の枝、岩、またはその他の重い物体目標マスに落ちる。落としは殴打ダメージを与え、半減ダメージのために反応セーヴを行う。強化した落としに対するセーヴに失敗したクリーチャーは、伏せ状態となる。12レベルの点で目標は1ラウンドの間混乱状態にもなる。

鉄砲/Flash Flood:流の短時間の急増は、目標マスに殴打ダメージを与え、半減ダメージのために反応セーヴを行う。強化した鉄砲は追加の効果を引き起こさない; 代わりに強化した鉄砲は半径5フィートのクリーチャー目標とする。12レベルの点で、範囲は半径10フィートに増加する。16レベルの点で、範囲は半径15フィートに増加する。

落雷/Lightning Strike:稲妻目標マスに[電撃ダメージを与え、半減ダメージのために反応セーヴを行う。強化した落体に対するセーヴに失敗したクリーチャーは、電気のインパルスによって1ラウンドの間よろめき状態となる。

の多い蔓/Thorny Vines:太いで覆われた蔓が目標マスを包み込む。の多い蔓は刺突ダメージを与え、半減ダメージのために反応セーヴを行う。強化したの多い蔓に対するセーヴに失敗したクリーチャーは、1ラウンドの間絡みつかれた状態になる。

山の裂け目/Volcanic Rift:マグマの裂け目の噴中に放出し、目標マスに[ダメージを与え、半減ダメージのために頑健セーヴを行う。強化した山の裂け目は、有毒腐食性のガスを放出する。強化した山の裂け目に対するセーヴに失敗したクリーチャーは1ラウンドの間不調状態となる。

これは熟練の武器清浄なる武器ボーナス特技と置き換える。

災害の相(超常)/Aspect of Disaster:20レベル点で、惨事呼び強化した惨事の響を受けたクリーチャーは、ダメージ軽減をしたり惨事の効果を回避するためのセーヴを受け取らない。

これは戦の相と置き換える。

信仰のチャンピオン Divine Champion

出典 Divine Anthology 14ページ

信仰のチャンピオン的のために揺るぎなく献身し、信仰の敵にいを挑むことを専としている。多くの点で信仰の規範に似ているが、神格意志が物理的に現れることを求めるよりも、信仰戦闘焦点を合わせる傾向がある。

献身/Devotion:信仰のチャンピオン神格との密接なつながりから生まれる。神格を崇拝していなければならず、神格と同じ属性を維持しなければならない。

忠順なチャンピオン/Obedient Champion:3レベル点で、信仰のチャンピオン特技前提条件を満たしていない場合でも、ボーナス特技として《Deific Obedience》ISGを得る。信仰のチャンピオンがこの特技から利益を得るとき、exalted boonを得るのではなく、神格に寄って与えられる適切なsentinel boonを得る。

これは3レベルで得られるボーナス特技と置き換える。

異教徒を知る(変則)/Know the Infidel:6レベル点で、信仰のチャンピオン自身信仰の敵とうことの専家となる。少なくとも1方向で自身神格属性と対抗する属性の選択しなければならない(善と悪秩序と混沌)可能ならば、地震神格と正反対の属性神格を選ぶべきである。信仰のチャンピオン中立属性神格信仰している場合、混沌にして悪混沌にして善秩序にして悪秩序にして善神格を選択しなければならない。この敵の神格の選択はGMの許可が必要であるGMの裁量により、新崇拝、純粋軍団あるいは囁きの道などの神格とは関係ない哲学や宗教組織を選択できる場合もあるが、その哲学や宗教組織信仰のチャンピオン神格の敵である場合のみである。信仰のチャンピオンは敵の信仰の信者に対する〈はったり〉〈威圧〉〈知識〉〈知覚〉〈真意看破〉判定に+2のボーナスを得、それらに対する攻撃ロールダメージ・ロールにも+2のボーナスを得る。加えて、難易度が10を超えていない場合であっても、修得していない神格やその教会と関連した〈知識〉技能判定を試みることができる。

以降6レベル毎に(12レベルと18レベル)、信仰のチャンピオンは対抗する追加の神格を選択できる。さらにそのようなレベルの到達ごとに、以前に選択した任意の1つの信仰の信者(必要に応じて選択したばかりの神格を含む)に対するボーナスが+2ずつ増加する。

これは6レベル、12レベル、18レベルで得られるボーナス特技と置き換える。

Fervent Boon(擬呪)/Fervent Boon:9レベル点で、信仰のチャンピオン自身神格に小さなboonを求めることができる。自身熱狂使用回数を1回以上費やし、神格の最初のsentinel boonに含まれている擬似呪文能力の1つを発動することができる。熱狂を1回使用することで、boonが通常1日に3回分の使用回数を与える擬似呪文能力を発動することができる; 熱狂を2回分使用することで、boonが通常1日に2回分の使用回数を与える擬似呪文能力を発動することができる; 熱狂を3回分使用することで、boonが通常1日に1回分の使用回数を与える擬似呪文能力を発動できる・これらの使用回数はboonによって与えられた使用回数には数えない。

これは9レベルで得られるボーナス特技と置き換える。

神爪の拳 Fist of the Godclaw

出典 Disciple's Doctrine 12ページ

何よりも秩序たる信仰の支配を信奉するこの狂信者たちは絶対的な秩序を確立しようとしている。規律正しさと正確さで、混沌大群に立ち向かうために同盟者を導く。

属性神爪の拳秩序属性でなければならない。

これはウォープリースト属性の制限を変更する。

神格神爪の拳アーバダーアスモデウスアイオーメディイローリ、あるいはトラグ信仰していなければならない。あるいは神爪の拳は神騎士団と知られているこの神格パンテオンを信仰していなければならない。

神爪の拳祝福(変則)/Blessings of the Godclaw神爪の拳秩序の祝福神爪の祝福を選択しなければならない。

これは祝福を変更する。

ディテクト・ケイオス(擬呪)/Detect Chaos:3レベル点で、神爪の拳ウォープリーストレベル術者レベルとして使用して、1日に3回ディテクト・ケイオス擬似呪文能力として発動できる。神爪の拳が既にあるいは後で、ディテクト・ケイオスを発動する能を得た場合、擬似呪文能力としてディテクト・ケイオスを回数無制限に発動できる。

これは3レベル点で得られるボーナス特技と置き換える。

《来訪者へのエネルギー放出》(超常)Alignment Channel:6レベル点で、神爪の拳ボーナス特技として 《来訪者へのエネルギー放出》を得る。この特技を利用しエネルギー放出を行うために熱狂を費やすとき、混沌の副種別を持つ来訪者にだけ害を及ぼすことができる。さらにこの特技を使用するとき、エネルギー放出を行うために熱狂の1回分のみ使用し、2ウォープリーストレベル毎に1d6ポイントのダメージを与えることができる。12レベルの点で、神爪の拳移動アクションとしてエネルギー放出を行うために熱狂の追加の使用回数を費やすことができる。

これは6レベルと12レベルの点で得られるボーナス特技と置き換える。

秩序の相(変則)/Aspect of Law:20レベル点で、神爪の拳は、秩序の相を導き、さらに柔軟性を増すことができる。1日1回即行アクションとして、ウォープリースト自身レベル基本攻撃ボーナスとして扱い、ダメージ減少 20/混沌を得、[精神作用]効果完全耐性を得る。加えて、通常のダイスをロールする代わりに、どのダイス・ロールであっても平均的な結果を得ることができる。この能は1分間の間持続する。

これは戦の相と置き換える。

ジストカ式治安判事 Jistkan Magistrate

出典 Blood of the Ancients 15ページ

一部のウォープリーストの中には、ジストカの治安判事がエレメンタルを束縛し、ジンニー契約をするために使用した古代の魔法を研究するものもいる。エレメンタルの原始の魔法を利用することで、戦闘に役立つを獲得する。

クラス技能ジストカ式治安判事クラス技能として〈知識:次元界〉を得る。〈生存〉ジストカ式治安判事クラス技能ではない。

これはウォープリーストクラス技能を変更する。

元素の束縛(超常)Elemental Binder:ジストカ式治安判事水の祝福を与える神格信仰していなければならず、それらの祝福の1つを選択しなければならない。ジストカ式治安判事は2つめの祝福を得ない。

これはウォープリースト祝福を変更する。

任意招来/Spontaneous Summons:ジストカ式治安判事は蓄積した呪文のエネルギーを非常に柔軟放出する。「キュア」または「インフリクト」呪文を発動するために準備済み呪文を失うことに加えて、同じレベル以下のサモン・モンスター呪文を発動するために準備済み呪文を失うこともできる。この能を使用して、副種別祝福と一致するエレメンタル招来することができる。熱狂を1回分使用して、呪文の発動時間を1標準アクションに減少させ、呪文持続時間レベル毎に1分に増加させることができる。

これは任意発動を置き換える。

ボーナス言語ジストカ式治安判事ボーナス言語は、獄語、天上語、奈落語の代わりに水界語、界語、界語、界語を含める。この選択は種族によるキャラクターが利用可能なボーナス言語に追加する。

これはウォープリーストボーナス言語を置き換える。

《エレメンタルへのエネルギー放出》(超常)/Channel Element:4レベル点で、ジストカ式治安判事ボーナス特技として《エレメンタルへのエネルギー放出》を得、祝福に一致する元素の副種別を選択する。《エレメンタルへのエネルギー放出》アンデッドを害したり(正のエネルギー放出を行う場合)、アンデッド治癒したり(負のエネルギー放出を行う場合)する能を得ない。代わりに目標を打ちのめす元素物体エネルギーの爆発放出することができる。以下の表に示すように、ジストカ式治安判事祝福がこの攻撃ダメージ種別を決定する。反応セーヴに成功するとダメージ半減する。

これはエネルギー放出を変更する。

放出する元素とダメージ Channel Element Damage

祝福

ダメージ種別

電撃

[強

[氷雪]

解放の剣 Liberty's Blade

出典 Advanced Class Origins 24ページ

自由への読みかけの中で、他のアンドール人よりも原始的で精神的な者を見出そうとする者もいる。この解放は自由を広める神格ウォープリーストとなり、 Eagle Knightや冒険者として冒険の生活へと向かい、行く先々で自由を擁護する。

自由への焦点(超常)/Freedom’s Focus:解放の剣解放の祝福を与える神格信仰していなければならず、解放の祝福を選択しなければならない。解放の剣は2つ祝福を得ない。この能祝福を変更する。

デヴィル殺し(超常)/Devilslayer:4レベル点で、解放の剣自身清浄なる武器で加えることができる強化のリストにデヴィルベインを加えることができる。この能清浄なる武器を変更する。

解放放出(超常)/Channel Liberty:4レベル点で、解放回復するためにエネルギー放出を行うと、治癒効果は半分となるが、解放術者レベルを持つリベレイティング・コマンドUC呪文として利益を即座に得る。害を加えるために放出するとき、解放アンデッドを害する代わりに《来訪者へのエネルギー放出》を使用してデヴィルを害することができ、通常の2倍のダメージを与える。この能エネルギー放出を変更する。

ヘルスポーンに対する(超常)/Shield Against Hellspawn:7レベル点で、解放清浄なる鎧で加えることができる強化リストにデヴィルディファイアントUEを加えることができる。これは清浄なる鎧を変更する。

モルスーンの武器庫の牧師 Molthuni Arsenal Chaplain

出典 Weapon Master's Handbook 6ページ
モルスーンの武器庫の牧師は18~19ページの上級武器訓練の特性を得ない。

モルスーンの武器庫の牧師は、コーホルムの造兵区で訓練を受けたウォープリーストである。神格の持つ軍的な側面に焦点を当てることで国家の軍隊を強化する。

戦の祝福(超常)/War Blessing:モルスーンの武器庫の牧師祝福としてを選択しなければならず、自身神格通常与えていない領域であっても選択することができる。2つ祝福を受け取らない。

7レベル点でモルスーンの武器庫の牧師は、前提条件を満たしていなくとも《祝福高速化:ACGを得ることができるが、少なくとも10レベルになるまで、《祝福高速化》を使用した即行アクションとして自身にWarの祝福を与えることはできない。

13レベルの点で、モルスーンの武器庫の牧師は、祝福の1回の使用回数を追加で使用することで、最大30フィートの味方に戦の祝福を使用できる。

16レベルの点で、モルスーンの武器庫の牧師祝福の1回の使用で2番目標戦の祝福を使用することができる。

20レベル点で、モルスーンの武器庫の牧師祝福の1回の使用で一度に任意の数の目標戦の祝福を使用することができる。

これは祝福を変更し、清浄なる鎧と置き換える。

清浄なる武器(超常)/Sacred Weapon:モルスーンの武器庫の牧師清浄なる武器基本ダメージは1d6を超えることはない。これは清浄なる武器を変更する。

武器訓練(変則)/Weapon Training5レベル点で、モルスーンの武器庫の牧師ファイタークラス特徴として、武器訓練を得るが、この武器訓練の利益は清浄なる武器にのみ適用される(ウォープリースト《武器熟練》で取得した武器)。これはエネルギー放出と置き換える。

布告者 Proclaimer

出典 People of the Wastes 19ページ

布告者はfaithful wanderer(上記参照)とは正反対の存在であり、には武器、心には信仰だけを持って、神の名をに向かって叫びながら、アビスに引き裂かれた荒野に突入する。ほとんどの布告者は敵で初日を生き延びることはできないが、生き延びた物は伝説の存在となり、近隣や遠方の十字軍の精神強化する。

正義の制約/Righteous Oath:布告者であってはならず、神格を崇拝することはできない。任意発動のためにキュア呪文を選択しなければならない。

これはウォープリースト呪文発動を変更する。

の洗浄(超常)/Cleanser of Evil:2レベル点で、布告者武器を高く掲げ、即行アクションとして神の名を叫ぶことができる。熱狂を1回分使用し5フィート以内の全ての来訪者に1d6ポイントのダメージを与える。5レベル以降3レベル毎に、このダメージは追加で1d6ポイント増加する。このダメージ布告者神格と同じ属性を持つ(えばこの能を使用するラガシエルの信者はによって、および秩序とみなされる)。7レベル点で、効果布告者から10フィート以内の領域包むように拡張され、その後6レベル毎に5フィートずつ拡張される。布告者熱狂を使用して、アンデッドダメージを与えたり、治癒することはできない。

これは熱狂を変更し、清浄なる鎧と置き換える。

聖化の場(超常)/Zone of Sanctification:4レベル点で、布告者熱狂を使用しての洗浄で来訪者ダメージを与えたとき、1ラウンドの間同じ範囲に浄化の場を作成するための移動アクションとして熱狂を追加で1回分使用できる。場が起動したときの場の範囲内の全てのクリーチャー意志セーヴィング・スローに成功するか(難易度 10+布告者レベルの半分+【判断力】修正値)、範囲を出るまで押しやられなければならない。範囲内でターンを終了する来訪者は、の浄化の響を受けているかのようにダメージを受ける。

これはエネルギー放出と置き換える。

改宗提唱 Proselytizer

出典 Cohorts and Companions 24ページ

改宗提唱は完璧な過激派の宣教師である。心を勝ち取り、出会った人々の魂を主張しようと努め、それを怠ると、の一端に神の言葉を広める。

武器と防具の習熟改宗提唱神格好む武器習熟するが、重装鎧と全ての軍用武器習熟することはない。神格好む武器素手打撃の場合、ボーナス特技として《素手打撃強化》を得る。この能ウォープリースト武器と鎧の習熟を変更する。

感情的請願/Emotional Appeal:改宗提唱は他人の感情に対して大きなを持っており、自身の声を武器のように振るい、徴収者の心に突き刺し自身神格との交信に近づける。ウォープリーストは指定されたレベルウォープリースト呪文リストに以下の呪文を追加する。改宗提唱はこれをウォープリースト信仰呪文として発動する:1レベルチャーム・パースンラリー・ポイントAPGラスAPG2レベルキャスティゲイトAPGヒロイズムサジェスチョン3レベルチャーム・モンスターレッサー・ギアス4レベルフォースト・リペンテンスAPGセレニティUM5レベルマス・キャスティゲイトAPGマス・サジェスチョン6レベルアンティパシーシンパシー

これは清浄なる鎧及び3レベル点で得るボーナス特技と置き換える。

清浄なる制服(超常)/Sacred Subdual:改宗提唱通常武器ダメージの代わりに清浄なる武器ダメージを使用する場合、その武器に与える全てのダメージ非致傷ダメージにする。この能清浄なる武器を変更する。

変換の祝福/Blessing of Conversion:改宗提唱レベル毎に初めて変換ボーナスを得るのではなく、NPCを変換するときに常に変換ボーナスを得る。ボーナスはその持続時間を上書きし、累積しない。改宗提唱3レベルまで祝福クラス特徴によって与えられた下級祝福の使用権を得ない。この能祝福を修正する。

信仰の声(変則)/Voice of the Faithful:10レベル点で、改宗提唱自身の上級祝福を利用し、言語クリーチャーと1時間の間話したり理解したりすることができる。この能は上級祝福を修正する。

NPCの信心変更 Converting NPCs

腹心とその主は、しばしば属性を共有するが、共有の宗教もまた同様に重要である。腹心は最初に採用されたときにリーダーの信仰を共有する場合がある。またはPCが関係性が発展するにつれて、腹心を変換しようとする場合がある。

PC属性を変更することを選択できるが、NPCのこのような変更には、魔法による助けが必要となる場合がある(アトーンメント呪文参照)。あるいは説得と社会を利用して、彼らの忠誠鼓舞しながら信仰の競NPCに教え込み、君のパトロンの神格のために改宗させることができる。

NPCを君の信仰に変えることは、〈交渉〉反応を修正することに似ている。少なくとも自分に対して中立的なNPCのみを変更しようとすることを試みることができるが、敵対的あるいは非友好的なNPC中立的にしてから変更のプロセスを開始できる。変更難易度をはNPCが君の信仰何段階離れているかによる。君の信仰属性と一致する、重要な信仰を持たないNPCの変更段階は1段階から開始する。NPCのの属性が君の信仰属性と異なる1段階ごとに、変更段階を1段階追加する。NPCが既に重要な宗教信念を持つ場合、追加の変更段階を追加する。他の信仰の下僕――神格を崇拝する信仰呪文の術者や正式な宗教を採用する代理人など――は通常新しい信仰へと改宗することはできないことに注意せよ。GMはNPCが君の信仰へと変わるかどうかについての最終的な裁量権を持っている。

GMがNPCを変更できると想定した場合、そのNPCを変更する難易度は10+NPCヒット・ダイスNPCをの【判断力】あるいは【魅力】修正値(どちらか高い方)+変更段階毎に5に等しい。えば【判断力】が12で、既存の重要な信仰がなく、君の神格と同じ属性を持つ5レベルウォリアーの変換難易度は21である。変更を試みるには、少なくとも1時間の改宗が必要であり、一週間に1回だけ変換判定を試みることができる。改宗を試みるには、上記で求めた難易度〈交渉〉〈知識:宗教〉判定をロールする。両方の判定に成功した場合、そのNPCの変更段階の数を1段階減らす。どちらかの判定に失敗した場合、NPCの既存の信仰強化し、そのNPCの変換段階の数を1段階増加させる。変更の作業の過程で3回判定に失敗した場合、NPCは君の信仰を拒否し、1年間の間、変更を試みることはできない。ただし、変更段階の数が0に達した場合、NPCに自分の宗教を取り入れるように説得する。これは必ずしもNPC属性を変更するわけではないため、混沌にして悪ハーピーに非常に奇妙な形でシェリンを崇拝するように説得することができる。

改宗は宗教的な冒険者にとって合理的な活動であるが、キャラクターとゲームテーブルの両方で慎重に扱う必要がある。興味のないNPCを回収させようとすると、キャラクターに対する態度が化する可能性があり、その関係を回復するには多大な労が必要となる場合がある。一部のプレイヤー宗教的な話に多くの時間を費やすことに不快感を覚えるかもしれない。その場合GMは変換判定を行う話に実際のロールプレイをすることなく、変換を技能判定として自由に扱うことができる。

変換の成功 Successful Conversion

他の人の信仰を変えることに成功したキャラクターは、宗教に新しいメンバーを追加することで信仰祝福を得ることができる。PCが各キャラクター・レベルで初めてNPCを変更すると、変更したNPCレベルに等しい日数の間変換ボーナスを得る。様々な信仰の典型的なボーナス、及びその変更に関心があると思われるクラスを次のページ(訳注:下記)に示す。中立神格の場合、ボーナスは、それを得たPCに最も適した、清浄または不浄ボーナスである。

アーバダー

秩序にして中立

アルケミストクレリックインヴェスティゲーター

リーダーは〈鑑定〉判定に+2の清浄/不浄ボーナスを得る。

アスモデウス

秩序にして悪

インクィジターインヴェスティゲータースレイヤー

リーダーは〈威圧〉判定に+2の不浄ボーナスを得る。

カリストリア

混沌にして中立

バードスレイヤーウィッチ

リーダーはフェイントを行うための〈はったり〉判定に+2の清浄/不浄ボーナスを得る。

カイデン・カイリーエン

混沌にして善

ブローラースカルドスワッシュバックラー

リーダーは恐怖と摂取型のに対するセーヴに+2の清浄ボーナスを得る。

デズナ

混沌にして善

バードオラクルウィッチ

リーダーは呪い占術睡眠効果に対するセーヴに+2の清浄ボーナスを得る。

エラスティル

秩序にして善

ハンターレンジャーシャーマン

リーダーはロングボウでのダメージ・ロールに+1の清浄ボーナスを与える。

ゴルム

混沌にして中立

ブラッドレイジャーファイターウォープリースト

リーダーはグレートソードでのダメージ・ロールに+1の清浄ボーナスを得る。

ゴズレー

真なる中立

ドルイドレンジャーシャーマン

リーダーは〈職能〉〈生存〉判定に+2の清浄/不浄ボーナスを得る。

アイオーメディ

秩序にして善

キャヴァリアーパラディンウォープリースト

リーダーは〈交渉〉判定に+2の清浄ボーナスを得る。

イローリ

秩序にして中立

アルケミストブローラーモンク

リーダーは素手打撃でのダメージ・ロールに+1の清浄ボーナスを与える。

ラマーシュトゥ

混沌にして悪

アンティパラディンブラッドレイジャーサモナー

リーダーは肉体武器でのダメージ・ロールに+1のボーナスを与える。

ネサス

真なる中立

アーケイニストソーサラーウィザード

リーダーは〈呪文学〉判定に+2の清浄/不浄ボーナスを得る。

ノルゴーバー

中立にして悪

アルケミストローグスレイヤー

リーダーは〈隠密〉判定に+2の清浄ボーナスを得る。

ファラズマ

真なる中立

アーケイニストクレリックオラクル

リーダーは〈知識:宗教〉判定に+2の清浄/不浄ボーナスを得る。

ロヴァググ

混沌にして悪

バーバリアンブローラーファイター

リーダーは武器破壊戦技と、物体に対する攻撃ロールダメージ・ロール、【筋力】判定に+1の不浄ボーナスを得る。

サーレンレイ

中立にして善

バードクレリックスワッシュバックラー

リーダーは召喚術治癒呪文と[]の補足説明を持つ呪文術者レベル判定に+1の清浄ボーナスを得る。

シェリン

中立にして善

バードスカルドソーサラー

リーダーは[感情]の補足説明を持つ効果[恐怖]効果は除く)の術者レベルに+1の清浄ボーナスを得る。

トラグ

秩序にして善

キャヴァリアーファイターパラディン

リーダーは金属を扱う〈製作〉判定〈職能:兵士判定に+2の清浄ボーナスを得る。

ウルガソーア

中立にして悪

クレリックウィッチウィザード

リーダーは病気[即死]効果術者レベルに+1の不浄ボーナスを得る。

ゾン=クーソン

秩序にして悪

アルケミストインクィジターメイガス

リーダーは[]あるいは[苦痛]の補足説明を持つ効果術者レベルに+1の不浄ボーナスを得る。

盾持ち Shieldbearer

出典 Armor Master's Handbook 7ページ

盾持ちいの最前線に立ち、人々の兵士と肩を並べる信仰士である。盾持ちの伝統は、五王山脈のフォーワフの間で長い間強な遺産であったが、リノーム諸王の地マンモス諸侯領の領土全体の多くの女性は、シールド・メイデンとして知られる盾持ちとなる。ショアンティの盾持ちはしばしば戦闘要員であると同にアドバイザーでもあるが、大ムワンギではゴリラ王の先から村全体を守ることでも知られている。

熟達者(変則)/Shield Adept:1レベル点で、盾持ちボーナス特技として《盾攻撃強化》を得る。を持っているとき、盾持ち防御的発動を行うための精神集中判定盾ボーナスを加える。

この能清浄なる武器と置き換える。

清浄な武器(超常)/Sacred Weapon:盾持ち清浄なる武器として扱うが(神格好む武器ではなく)、盾持ち《武器熟練》特技で選択することにより、清浄な武器として追加の武器を指定できる。盾持ちの清浄な武器ダメージは、で行われた攻撃にのみ適用される。盾持ち7レベルまで清浄な武器強化のための能を得ない。7レベル以降3レベル毎にこのボーナスは1ずつ増加する(19レベルの点で最大+5)。

この能清浄なる武器を変更し、清浄なる鎧と置き換える。

清浄な(超常)/Sacred Shield:4レベル点で、盾持ち即行アクションとして信仰強化する能を得る。この能は以下のことを覗いて、清浄なる鎧として機能する。このに+1の強化ボーナスを与える(このボーナス盾攻撃で使用されている場合、攻撃またはダメージボーナスとしては機能しない)。4レベル以降4ウォープリーストレベル毎に、このボーナスは+1ずつ増加する(20レベル点で最大+5)。盾持ちは以下の特殊能力のいずれかで強化できる(清浄なる鎧のリストにあるものの代わりに):アロー・デフレクションブラインディングフォーティフィケイション(ヘヴィ、ライト、モデレット)、リフレクティングスペル・レジスタンス(13、15、17、19)。

エネルギー放出(超常)/Channel Energy:盾持ちは、を持っている場合にのみエネルギー放出を行うことができ、その能は半径ではなく30フィートの円錐形爆発である。

第6翼団の防波堤 Sixth Wing Bulwark

出典 Distant Realms 32ページ

ラガシエル信奉者の中には、場で指揮を執る者も多い。作戦を成功させるために、ごく少数ではあるが勢力を防ぐために線を維持する者が必要であることは言うまでもない。第6翼団の防波堤はまさにそのための訓練をしている。どのような悲惨な的に直面しても、敵に立ち向かうために自身と味方を強化する。

Sixth Wing Sworn/Sixth Wing Sworn:第6翼団の防波堤ラガシエル信仰していなければならない。神格を変更すると、このアーキタイプを失い、それを取り戻すことができず、通常ウォープリーストとなる。

武器と鎧の習熟第6翼団の防波堤タワー・シールド習熟を得る。

これはウォープリースト武器と鎧の習熟を変更する。

《盾熟練》/Focus Shield:第6翼団の防波堤ボーナス特技として《盾熟練》を得る。

これは清浄なる武器と置き換える。

清浄なる(超常)/Sacred Shield:献身的な訓練と信仰恩恵により、第6翼団の防波堤重量の負担を軽減することができる。第6翼団の防波堤を用いている限り、鎧判定ペナルティの合計値を1減少させる。この減少は、5ウォープリーストレベル毎に1ずつ増加し、20レベル点で、最大5減少する。

4レベル点で、第6翼団の防波堤ラガシエルを求めて、即行アクションとして、祝福することができる。を持っている限り、ダメージ減少 1/―と[]に対する抵抗5を得る。4レベル以降4レベル毎に、このダメージ減少は1ずつ増加し(20レベル点で最大ダメージ減少 5/―)、[]に対する抵抗が5ずつ増加する(20レベル点で[]に対する完全耐性を持つ)。第6翼団の防波堤は、この能を1日あたりウォープリーストレベルに等しいラウンド数だけ使用できる。このラウンド数は連続している必要はない。

自身ラガシエル祝福の利益を受けている間の即行アクションとして(または祝福起動するためのアクションの一部として)、第6翼団の防波堤は60フィート以内の味方を保護するように自身に指示をすることができる。は燃えているを生やし、味方を守るために飛んで第6翼団の防波堤の代わりにその味方に盾ボーナスダメージ減少、[]に対する抵抗を与える。このようにを使用するラウンドでは、通常、この能を使用できる1日毎のラウンド数に数える。清浄なるラウンド数が残っている限り、即行アクションとして、自身に戻し、その利益を取り戻すことができる。第6翼団の防波堤を向け直すために片いている必要がある。開いているがない場合、清浄なるの能持続時間が終了した場合、地面に落ち、利益を与えなくなる。

これは清浄なる武器と置き換える。

恩寵の(超常)/Shield of Grace:6レベル点で、第6翼団の防波堤が清浄なるを使用して味方を保護すると、祝福を与え、熱狂回復し、を通して味方煮立ての保護の利益を与える呪文接触することができる。

これは6レベル点で得られるボーナス特技と置き換える。

清浄なる防御能力(超常)/Sacred Fortification:7レベル点で、第6翼団の防波堤自身清浄なる鎧の能起動すると、熱狂を1回分使用し、清浄なる起動することができる。

これは清浄なる鎧と置き換える。

執り成し(超常)/Intercession:12レベルの点で、即行アクションとして熱狂を使用することで、同意する(あるいは気絶状態)の味方の場所瞬間移動し、即座にその味方を自身の前の位置に瞬間移動させ、事実上味方と場所を入れ替えることができる。この能を使用するには、第6翼団の防波堤目標効果線が通っていなければならない。

これは12レベルの点で得られるボーナス特技と置き換える。

反射防御能力(超常)/Reflexive Fortification:18レベルの点で、第6翼団の防波堤攻撃された割り込みアクションとして、清浄なるの能を使用することができる。あるいは30フィート以内飲み方が攻撃されたとき、この能割り込みアクションとして使用し、その味方を保護するためにを送ることができる。この能不意討ち状態であっても使用できる。

これは18レベルの点で得られるボーナス特技と置き換える。


全文検索 目的別索引