五王山脈

五王山脈(the Five Kings Mountains)

五王山脈ドルーマアンドーランの間に位置する山脈であり、ゴラリオン最大のドワーフ居住地である。その名はかつてケルスの和約に署名した伝説的な5人の王たちにちなむ。

歴史

―4987AR、スターストーン落下 Earthfall によって大きな被害を受けたダークランドから逃れた Tar Taargadth 帝国のドワーフたちはトラグの神託に従い表に到達する(the Quest for Sky)。彼らは先んじて表に現れ勢力を張っていたオークうため、各に10のSky Citadel を築き、荒野に対する文明の防堤となった。
1551AR、オークとの抗争の末、Tar Taargadth の中央政府滅亡。各 Sky Citadel は独オークその他の脅威と対抗することになり、4つの Citadel を残して残りは陥落することになる。
1557AR、五王山脈のSky Citadel であるハイヘルム Highhelm にドワーフ王国 Gardadth が建国され、その後このに矢継ぎ早に敬虔王国 Saggorak、不落王国 Doggon、勤労王国 Grakodan、永遠王国 Taggoret の5王国が立つ。
1571AR、第一次五王争。以後700年間抗争と内が繰り返される。
2332AR、ドルーマのカリストレード教徒の仲介により、ケルスの和約 the Kerse Accord が成り、五王山脈に平和がもたらされる。
2548AR、オークとの数十年に及ぶ争の末、五王山脈の王国群は滅亡し、ハイヘルムだけがドワーフに残される(荒廃代 Wild Era)。
3001AR、第6の山王とも呼ばれるゴラリオン最強のレッド・ドラゴン Daralathyxl が五王山脈に到来。
3279AR、Khadon が Splitmist Pass のいでオーク軍を撃退し、 Tar Khadurrm 帝国を建国する。その新都 Jernashall はイズガーシェリアックス側の都市 Raseri Kantontとの交易で大いに繁栄した。
3980AR、ドロスカー口 Droskar's Crag 噴(The Rending)。Jernashall、Raseri Kanton 壊滅。Tar Khadurrm は衰退を始める。
4382 AR、ドゥエルガル守護神である労苦の神 Droskar のクレリック Ordlik Talhirk が王位を奪って圧制を行う。五王山脈から多くのドワーフが逃れ、この荒廃し、多くの居住地モンスター食う廃墟と化す。
4466AR、神権政治は崩壊し、帝国は滅亡する。その後現在まで250年間、ゴラリオンドワーフ都市国家以上の共同体を作ることができず、再び帝国を築き上げる日を見ながら、ばらばらに散らばって生活している(衰退代 the Collapsed Era)。

地理

五王山脈は鉱物資源に恵まれた岩がちで峻険な山脈であり、折存在する台にはドワーフによって穀物栽培や山羊の飼育が行われている。麓は森林帯で、地下ドワーフたちに材や燃料を供給している。山頂付近は雪を冠しており、の供給源となっている。また、いくつかの山頂付近には五王争の終結を記念して当の王たちの巨大な彫刻がなされている。

地下には山脈全域にわたってドワーフたちによる広大できちんと計画されかつ整備され、ルーンが掘り込まれている洞窟網が広がっている。それらの入り口には外敵に備え巨大な鉄のが建てられている。ハイヘルムを始めとする都市は、ドワーフ歴史、伝説、英雄、指導者を讃えるタペストリーや旗で飾り立てられており、それらの装飾や黄金輝きでるため、暗視のあるドワーフたちには本来必要ないにもかかわらず随所に照明が設けられている。

ハイヘル Highhelm:最古のSky Citadel の1つであり、五王山脈のみならず全ゴラリオンドワーフ文化的な中心。ケルスの和約に署名した五王を讃えて山肌に彫られた巨大な the Carved Kings のほど近くにある。この地域に点在する都市国家群の名的な首都として扱われ、各都市長のゆるやかな連合である“Gathering Council" の開催。周辺諸国の間の流通の中継点として繁栄する。

ラーラッド Larrad:最初に表に現れたドワーフたちが神々を祭り、名誉ある者を讃えるために築いた寺院から発展した都市。この地域宗教的中心。

ロルグリムダー Rolgrimmdur:ダークランドへの通路を警備している都市。他のドワーフ国家やドルーマアンドーラン傭兵を貸し出し、攻城兵器を輸出する。

タゴレッド Taggoret:ドワーフがこのの洞窟網を発見した、探索の拠点として築いた地下都市。現在は最高品質の鉄の生産として反映する。

ター・カズムーク Tar-Kazmukh:秘術の研究が盛んなことで知られ、それに関する大図書館がある都市

参考文献

[1] David A. Eitelbach et al.(2009). Dwarves of Golarion, Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-204-5
[2] James Jacobs et al.(2011). The Inner Sea World Guide, p. 85. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-169-2

カテゴリー:内海地域

全文検索 目的別索引