トラグ

トラグ(Torag)

称号

創造の父Father of Creation

属性

秩序にして善

権能

鍛冶守護戦略

クレリック属性

秩序にして善中立にして善秩序にして中立

領域

工匠秩序守護

好む武器

ウォーハンマー

トラグ(TORR-awgと発音する)[1]は、名誉と計画と出来のいい鋼を大切にする禁欲的で真面な神である。彼は大抵よそよそしい神格で、彼のクレリック達に魔法を貸しているが、その信者達には一生を通じてめいめいのやり方に任せており、このことが彼らを強くて頑固にするのだと知っている。

来歴

ドワーフトラグがこの世界を彼の偉大なる溶鉱炉で創り上げたと信じている。彼の望む形とするために、何度もその槌で世界を叩いたのだという。が転がり落ち花が飛び散ったときにドワーフは生まれ、内部にの満ちたから造りだされた。[2]

他の神格との関係

トラグ守護創造の神として、破壊的で攻撃的な神と敵対している。太古の昔から、彼と彼を崇拝する者はロヴァググや他の破壊的なってきた。しかし、ロヴァググと敵対しているにもかかわらず、異質の行動指に従っているために、サーレンレイの信者とトラグの信者はほとんど関わりを持たない。トラグアーバダーに敬意を払っており、カイデン・カイリーエンアイオーメディと友好的に接する。[2]

外見とその使い

トラグ強く抜けのないドワーフとして現れる。武器や盾を作り出す彼の溶鉱炉においては忙しく働いている。彼は実に見事な企画立案者であり、さまざまな状況での不慮の事態に対応するすべを持つ。芸の込んだ鎧となると、彼はステレオタイプのドワーフであるかのように見える。彼は彼のウォーハンマーであるカグレムロスKaglemros(“無数の武器を鍛えしもの”)を持ち運んでいる。

従者

トラグとその忠実な信徒クリーチャー、特にバジャーのような穿孔動物強く神聖なものとして捕らえる。コウモリはロヴァググの蠢く子として憎の対象となる。

“盾の乙女”リグラ Hrilga Shield-Maiden

このドワーフのセレスチャル・ワーベアは、いかなることにおいてもトラグに忠実に振舞う。[2]

“特使”ズリン Ambassador Zurin

抜けのないエイザー貴族である。彼はトラグが注意を向けるわずかな事件に対処するために派遣される。[2]

の川 Stoneriver

の底深くに流れる溶岩の川を、まるで表近くの冷たい土のように容易に泳ぐブレイ。[2]

大いなる守り The Grand Defender

槌と盾を持ったドワーフの形をした巨大な鋼鉄の人造として現れる。それは敗北しても、単に鎧の外装がはがれるだけである。[2]

トラグの教団

歴史のあるトラグの教団はあらゆるドワーフの国で見ることができる。また、多くの人間の国でも、特にウルフェンUlfenの人々の住む厳しい北方の国でも見られる。

信奉者と聖職者

トラグクレリックのほぼ半数はドワーフである。多くの人間が彼の呼びかけに興味を持っているが、人間は繁殖速度が速くドワーフより人口が多いために、トラグ崇拝者の多くを占めている。ドワーフの中では神官のほとんどはクレリックであり、大体10%をパラディンや他のクラスが占めている。ウルフェンの信者はみなクレリックである。トラグを信奉する人間パラディンは今までほとんど現れたことがない。[2]

金床ふいごに緊密に関係している神格にふさわしく、トラグ聖職者の正装は長く、使いこまれた鍛冶師用の前掛けとハンマーである。さまざまな種類のリングもまた一般的で(、髪やあごひげなどに付けられている)、それらは友情、負債、忠誠の証である。[3]

神殿と祠

トラグ神殿は円状であることが多く、中心には完全に機能する溶鉱炉とありふれたものことにさえ使用される金床が付随している。ここでは製錬と鍛冶に関するあらゆる行為がトラグへの祈りであると考えられている。野外の集落では通常神殿は防衛用のの中に建造される。これにより、他の家々の近くで騒音をたてずにすむだけでなく、聖職者が守りを確認するのが簡単になるというわけである。[3]

聖典

トラグ聖典は、所有者が直面するどんな苦労においても耐えうるほどの、頑丈な装丁のなされた書物であることが多い。

『槌とトング:金属の精錬と他の良き仕事』

この書物は漆塗りの革で内部のページを想定した金属によって装丁されている。[3]

祭日

教団は勝記念日を祝う。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 38. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 39. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

Torag

Titles Father of Creation
Alignment Lawful Good
Portfolio Forge, protection, strategy
Cleric Alignments 秩序にして善 中立にして善 秩序にして中立
Domains Artifice, Earth, Good, Law, Protection
Favored Weapon Warhammer

Torag(pronounced TORR-awg)[1] is a stoic and serious god who values honor, planning and well-made steel. He is an often distant deity, lending magical power to his clerics, but leaving his followers to make their own way through life, knowing that this will make them strong and determined.

◎History

The dwarves believe that Torag created the world at his great forge, striking it again and again with his hammer to get the shape he desired. As rocks tumbled and the sparks flew, the dwarves were born, made of stone with bellies full of fire.[2]

◎Relationships

Torag is opposed to destructive and aggressive deities as a god of protection and creation. He and his followers have battled Rovagug and other destructive forces since the dawn of time. However, despite this opposition to Rovagug, the followers of Sarenrae and Torag are rarely close, following different, almost alien codes of belief. Torag respects Abadar and is friendly with both Cayden Cailean and Iomedae.[2]

◎Appearance and Emissaries

Torag appears as a powerful and cunning dwarf, busy at his forge hammering out a weapon or shield. He is the consummate planner, with a contingency for nearly every situation. Art shows him as a stereotypical dwarf in intricate armor and carrying his warhammer Kaglemros("forger of many weapons").[2]

○Servants

Torag and his faithful hold creatures of the earth as mighty and holy, especially burrowing animals like badgers. Bats are loathed as abominations almost as much as the writhing spawn of Rovagug.

◇Hrilga Shield-Maiden

   This celestial dwarven werebear serves Torag loyally in all things.[2] 

◇Ambassador Zurin

   A cunning azer noble, he is dispatched to handle the subtler matters requiring Torag's attention.[2] 

◇Stoneriver

   A bulette who swims the molten rivers of the earth's depths as readily as the cold earth nearer the surface.[2] 

◇The Grand Defender

   Appearing as a huge iron construct in the shape of a dwarf with a hammer and shield, when "defeated" it simply sloughs its outer layer of armor.[2] 

○Church of Torag

The ancient church of Torag can be found in all dwarven lands, and in many human ones, especially the harsh northern lands of the Ulfen people.

○Worshipers and Clergy

Nearly half of Torag's clerics are dwarves, and although many humans have taken up his call, they only number so large among his worshipers because of they breed faster and are more populous than dwarves. Among dwarves almost all of his priests are clerics, with maybe ten percent being paladins or other followers. Among his Ulfen followers nearly all are clerics, and human paladins of Torag are essentially unheard of.[2]

As befits a deity so closely associated with the anvil and bellows, the vestments of Torag's clergy are a long, well-used smithing apron, and hammer. Rings of various sorts(whether worn on the hands, in the ear, or woven into the hair or beard) are also common, symbolizing friendship, debt or allegiance.[3]

○Temples and Shrines

Temples tend to be circular, built around a large central and fully-functional forge and satellite anvils used for even mundane tasks, for every act of smelting and smithing is considered a prayer to Torag. In outdoor settlements the temple is usually built into the defensive wall, as this keeps the noise away from the other residences and makes it easier for the priests to monitor the defenses.[3]

○Holy Texts

Torag's texts tend to be sturdily bound tomes, able to survive whatever hardships its owner may face.

◇Hammer and Tongs:The Forging of Metal and Other Good Works

   this tome is usually bound in metal with lacquered leather interior pages.[3] 

○Holidays

The church celebrates the anniversary of successful battles.

◎References

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 38. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 39. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

全文検索 目的別索引