ドロスカー

ドロスカー(Droskar)

称号

鍛冶The Dark Smith, のかまどの主Master of the Dark Furnace

属性

中立にして悪

権能

労苦、奴隷、不正行為

崇拝者

ドワーフドゥエルガル

クレリック属性

真なる中立秩序にして悪中立にして悪混沌にして悪

領域

工匠、魅了欺き

好む武器

ライト・ハンマー

ドロスカー(DROH-skarと発音する)[1]は、表に住む種族の間ではほんのわずかの信者しか持たないドワーフの小神である[2]。彼は充分な労苦が劇的な成功を導き、失敗した者は単に十分に厳しい試みを行なわなったのだと信じている。この的の探求において、ドロスカー的を達成するために必要なことならば何であれ制限はない――欺き、他者の搾取、重大な犯罪であってさえ――と信じている[3]。彼の聖印は真下ので焼かれるのアーチである[2]。

来歴

当初はトラグに教えを請う最も優秀な鍛冶師の1人であったドロスカーが、かつて虜となった人の作品を自らの作品にコピーしていたことが発見された。このことにより、彼は“創造の父the Father of Creation”(訳注トラグのこと)に、けっしてオリジナルの作品を作ることも神々のを鋳造することもできないという呪いをかけられた。拒絶され、彼は絶え間ない仕事や単に彼らを虜にする見返りとして彼らに救いを与えることを約束して、彼自身を崇拝するものを探した。しかし彼を救うものもいかなる独自性を閃かせてくれるものも神の中には現れなかった[2]。

崇拝者

この神の崇拝者は数千年を超える期間が過ぎ、ゴラリオン上で衰退していた[2]。しかし彼の教えは地下に向けて広まったのである。ドゥエルガルとして知られるダークランズDarklandsに住むドワーフ種族の間では、ドロスカーは優位な宗教である[3]。この新しい宗教の台により、このような終わりなき労苦に関わりのある新しいアンデッドモンスター、フォージ・スパーンドforge spurned(訳注評たつ溶鉱炉の意)のはじめての出現を引き起こした[4]。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 170. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 47-48. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[4] Jeremy Walker.(May 18, 2007). Forge Spurned, Paizo Blog.

Droskar
Titles The Dark Smith, Master of the Dark Furnace
Alignment Neutral evil
Portfolio Toil, Slavery, Cheating
Worshipers Dwarves, duergar
Cleric Alignments 真なる中立, 秩序にして悪, 中立にして悪, 混沌にして悪
Domains Artifice, Charm, Darkness, Evil, Trickery
Favored Weapon Light hammer

Droskar(pronounced DROH-skar)[1] is a minor dwarven deity with a very limited following among the surface-dwelling races.[2] He believes that sufficient toil leads to eventual success, and that those who fail simply weren't trying hard enough. In the pursuit of this goal, Droskar believes that one should be free to do whatever is necessary to accomplish one's goal, even if that includes lying, cheating, the exploitation of others, or even worse crimes.[3] His symbol is a stone arch with a fire burning beneath it.[2]

◎History
Originally one of the greatest student smiths of Torag, it was discovered that he had been copying his work from others whom he had enslaved. For this he was cursed by the Father of Creation to never be able to create an original work and cast from the pantheon. Rejected, he searched for followers of his own, promising them salvation in return for ceaseless work or simply enslaving them. None of these helped him, however, or inspired any originality within the god.[2]

◎Followers
The god's followers have declined on the surface of Golarion over the millennia,[2] but it is below its surface that his teachings have spread. Droskar is the dominant religion of the Darklands-dwelling race of dwarves known as the duergar.[3] The rise of this new religion also saw the first appearance of a new undead monster associated with such endless toil:the forge spurned.[4]

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 170. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 47-48. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[4] Jeremy Walker.(May 18, 2007). Forge Spurned, Paizo Blog.

全文検索 目的別索引