ウォール・オヴ・ラヴァ

Wall of Lava溶岩
系統 召喚術(創造)[];呪文レベル ウィザード/ソーサラー8ドルイド8
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質/信仰(乾いた溶岩の塊)
距離距離(100フィート+10フィート/レベル
目標 範囲が最大で5フィートマス1つ/レベルまでの、溶岩(自在)
持続時間 1ラウンドレベル(解除可)
セーヴィング・スロー 本文参照呪文抵抗 不可

この呪文は4術者レベル毎に厚さが1インチあり、最大でレベルにつき1つの5フィートマスで構成された垂直なウォール・オヴ・ラヴァを創り出す。ウォール・オヴ・ラヴァの最大の高さがその横幅の半分を超えていてはならない(最低の高さは5フィートである)。クリーチャーや物体が占めているのと同じ間にこのを召喚することはできない。ウォール・オヴ・ラヴァの1区画はダメージ硬度4、ヒット・ポイント90)によって破壊できる。しかし1区画が破壊された場合、に残る溶岩がすぐに穿たれたを塞ぎ、の全体のサイズは5フィートマスぶん減少するが有害な障であり続ける。武器ウォール・オヴ・ラヴァ一撃を与えるたび、その武器は2d6ポイントの[ダメージを受ける(その攻撃素手打撃あるいは肉体攻撃によるものである場合、この一撃を与えたクリーチャーは2d6ポイントの[ダメージを受ける)。

クリーチャーウォール・オヴ・ラヴァ全ラウンド・アクションとして、難易度25の【筋力】判定に成功できれば通過できる――失敗すればそのクリーチャーの外の、そのクリーチャーが離れようとしていた点へと押し返される。穴掘り速度を持つクリーチャーはその穴掘り速度を使用してを通過できる。ウォール・オヴ・ラヴァを通り抜けようとする試みは、そうするものに20d6の[ダメージを与える。ウォール・オヴ・ラヴァはまたウォール・オヴ・ファイアーであるかのように熱を放つが、ウォール・オヴ・ラヴァからの熱は両側に放たれる。

ラウンドに1回、移動アクションとして、術者はウォール・オヴ・ラヴァに噴するよう命令できる。これによりのどちら側かにいる60フィート以内の好きな1体の目標へと溶岩の円柱状の上昇流が放たれるものの、の全体のサイズは5フィートマスが1d4区画ぶん減少する。術者は目標に命中させるための遠隔接触攻撃を行わなければならず、これは命中すると10d6ポイントの[ダメージを与える。この効果によってウォール・オヴ・ラヴァに穿たれたは即座に埋められ、そのぶんの全体のサイズが減少する。

ウォール・オヴ・ラヴァに物理的に接触することによって受けるダメージすべてはそれが起きてから1d3ラウンドの間持続するが、この追加ダメージは実際に接触している間に受けるダメージの半分だけである(つまり、ラウンドにつき1d6か5d6か10d6ポイントになる)。


全文検索 目的別索引