メイジズ・マグニフィシャント・マンション

Mage's Magnificent Mansion/メイジの豪勢な邸宅
系統 召喚術創造);呪文レベル ウィザード/ソーサラー7
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声動作焦点(それぞれ5GPの価値がある、象製のミニチュアの、磨いた大理の小片、のスプーン)
距離 近距離(25フィート+5フィート/2レベル
効果 一辺10フィートの立方体の区画3個ぶん/レベルまでの異次元邸宅(自在)
持続時間 2時間レベル(解除可)
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者は異次元住宅を召喚する。この住宅には呪文を発動した次元界に入口が1つある。この入口は中のかすかな輝きであり、幅が4フィート、高さが8フィートある。術者の指定した者のみがこの邸宅に入ることができ、術者が入れば、その背後で戸口は閉まり、不可視となる。術者は自分のいる側からは、回数無制限でこの戸□を開けることができる。入口を抜けると、そこには豪勢な玄関広間があり、その奥には幾多の部屋部屋が連なっている。そこの気は綺麗かつ新鮮で、暖かい。

術者は呪文効果の制限内で、望み通りに間取りを作ることができる。邸宅内には家具調度が完備しており、術者レベルごとに12人の人々に9品コースの晩餐会を行なうに充分な食糧が備わっている。そこには言い付けをよくきく、お仕着せをまとったほとんど透明な召使いたちが揃っており、入ってくる者たちを待ち受けている。この召使いたちはアンシーン・サーヴァントと同じような働きをするが、に見え、この邸宅内ならばどこにでも行けるところが違っている。このような召使い術者レベルごとに2人いる。

この場所へは特別の入口からしか入れぬため、外部の状況が邸宅に作用したり、内部の状況が外の次元界響を及ぼすことはない。


全文検索 目的別索引