アーセリエクサ

アーセリエクサ Aatheriexa

細い触手状の眼柄のもつれは宙に浮き、無数の平然とした眼が虐待の雰囲気をそれぞれ投する。

アーセリエクサ 脅威度7 Aatheriexa CR 7

経験点3,200
中立にして悪/中型サイズ異形
イニシアチブ +9; 感覚 暗視120フィート、シー・インヴィジビリティ全周囲視覚夜目〈知覚〉+28
オーラ 異様なオーラ(30フィート)

防御

アーマー・クラス 21、接触15、立ちすくみ16(+6外皮、+5【敏】
ヒット・ポイント 84(13d8+26)
頑健 +6、反応 +9、意志 +8
ダメージ減少 5/魔法完全耐性冷気]、[]、[病気

攻撃

移動速度 5フィート、飛行50フィート(良好)
近接 触手=+15(3d6、加えて“つかみ”および“萎々”)
接敵面 5フィート; 間合い 5フィート(触手は15フィート)
特殊攻撃 かじりつき締めつけ(3d6加えて“萎々”)、引き寄せ触手、5フィート)
擬似呪文能力術者レベル13;精神集中+17)

回数無制限:カーム・エモーションズ難易度16)、クレアオーディエンス/クレアヴォイアンスクレアヴォイアンスのみ)、チャーム・モンスター難易度18)、デイズ・モンスター難易度16)、フェザー・フォール
3回/日:ディスペル・マジックライトニング・ボルト難易度17)
1回/日:ドミネイト・モンスター難易度23)
1回/インタープラネタリー・テレポート

一般データ

【筋】11、【敏】21、【耐】14、【知】18、【判】10、【魅】19
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +9(+21組みつき); 戦技防御値 24(対組みつき32、足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《技能熟練:知覚》、《急旋回》《クリティカル熟練》《武器熟練:触手》、《武器の妙技》《ホバリング》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+21、〈軽業〉+21、〈交渉〉+17、〈呪文学〉+15、〈真意看破〉+13、〈知覚〉+28、〈知識:神秘学〉+14、〈飛行〉+20、〈魔法装置使用〉+17; 種族修正 +6〈知覚〉
言語 アクロ語、共通語、地下共通語、語;テレパシー100フィート
その他の特殊能力 収縮浮遊無呼吸

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、2体、小群(3~5)、または侵入(6~36)
宝物 標準

特殊能力

かじりつき(変則)/Gnaw アーセリエクサ無防備状態クリーチャーと同一のマスにいるとき、中央の大口でかじることによって即行アクションとして自動的に3d6ポイントのダメージを与える。

浮遊(変則)/Float アーセリエクサは、固体か液体の表面の2フィート上でなければならないが、飛ぶことができる。

触手(変則)/Tentacles アーセリエクサの鋭い眼柄の触手は、全て単一の目標を打たなければならないが、主要攻撃として扱う。触手は殴打かつ斬撃ダメージを与え、アーセリエクサ組みつき戦技判定に+8のボーナスを得る。

萎々(変則)/Withering アーセリエクサ触手は、迅速腐敗し、から剥離させる素を分泌する。アーセリエクサ触手か、締めつけ攻撃によってダメージを受けたクリーチャー難易度18の頑健セーヴを行うか、1d4ポイントの【筋力】ダメージと1d4ポイントの【耐久力】ダメージを受けなければならない。これは[効果であり、セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

アーセリエクサはかつて征服者かつ奴隷商人種族であったが、しかし彼らの故郷の世界の破壊以来生存者は宇宙を放浪した。非常に残酷で、捕らえたものを苦しめるか、使い捨てのボディーガードとして利用するか、彼らの加虐的な魔法の実験を受けさせることで、彼らは捻くれた喜びを発見する。

アーセリエクサ付きのよいピンクの中心は直径およそ2フィート(約60cm)で、歯ぎしりする胃特徴とする。その貪欲な眼の触手はシダレヤナギの葉のように垂れて、有効な直径を5フィート(約1.5m)まで広げる。アーセリエクサの体重はおよそ150ポンド(約68kg)である。

全文検索 目的別索引