シーマントル

Seamantle/海マント
系統 召喚術(創造)[];呪文レベル ウィザード/ソーサラー8ドルイド8
発動時間 1標準アクション
構成要素 音声、動作、物質(コップ一杯の
距離 自身
目標 術者
持続時間 1分/レベル

術者は最大で高さ30フィートあり自身の接敵面を満たす、攪拌する純粋な元素の円筒の中に自身をしまう。術者は自身の移動速度に等しい水泳速度を得、シーマントルの内側で通常通り見、聞き、そして呼吸できるが、術者への攻撃は術者が面の下にいるかのように扱われる。術者はフリーダム・オヴ・ムーヴメント効果を受けていない敵に対して良好な遮蔽アーマー・クラスに+8の遮蔽ボーナス、反応セーヴに+4のボーナス)を得る。シーマントルによって与えられた遮蔽が術者に〈隠密〉判定を可能にすることはなく、また機会攻撃を妨げることもない。術者に対する魔法攻撃は、それが攻撃ロールを要求するか中で機能しないもの(クラウドキルなど)である場合を除いて響を受けない。

シーマントルは[呪文や[]の超常能力効果効果線を遮るが、敵はシーマントル内で[呪文の使用を試みてよい;これには術者レベル判定難易度20+呪文レベル)が要求され、成功した場合その[呪文はその通常効果の代わりにシーマントル内に含まれていた蒸気の泡として効果を表す。

シーマントルは包み込んでいるのさやによる1回の叩きつけ攻撃を行う能力を術者に与える。これは術者のサイズに相応しいダメージを与える。この叩きつけ攻撃は30フィートの間合いを持つ。加えて、標準アクションで、術者は接触によって消を試みられる。術者は自動的に最大で一辺10フィートの立方体までの通常を消する。魔法的な効果に対しては、術者の接触ディスペル・マジックと同様に機能する;これは術者に接触した瞬間でないフレイム・ブレードフレイミング・スフィアー、あるいはインセンディエリ・クラウドなど)にも適用される。術者が消に失敗してさえ、術者はそれにより害されることはない。術者に一撃を与えたフレイミングあるいはフレイミング・バースト武器は、使いが頑健セーヴに失敗した場合1d4ラウンドの間その力が抑制される。


全文検索 目的別索引