コンティンジェンシィ

Contingency /もしもの備え

系統 力術呪文レベル ウィザード/ソーサラー6
発動時間 少なくとも10分;本文参照
構成要素 音声、動作、物質(銀と、呪文を使うクリーチャーのまつ毛1本)、焦点(1,500gp相当の価値のある象で作られた術者自身の小
距離 自身
目標 術者
持続時間 1日/レベル(解除可)、あるいはチャージ消費(作動)するまで

術者は自分自身にもう1つ他の呪文をかけ、コンティンジェンシィの発動点で定めておいた条件が満たされれば、その呪文効果が現れるようにしておくことができる。コンティンジェンシィ呪文および併用した呪文の発動は同に行なう。10分という発動時間は、両方の発動にかかる最短時間である。併用した呪文の発動時間が10分より長い場合、そちらの発動時間を用いること。 術者はコンティンジェンシィの発動点で併用した呪文に関する全てのコストを払わねばならない。

コンティンジェンシィを用いて効果を現すようにできるのは、術者自身に作用する呪文テレポートフェザー・フォールフライレヴィテートなど)で、呪文レベル術者レベルの1/3以下(端数切り捨て、最高で呪文レベル6まで)のものに限られる。

呪文効果を現すのに必要な条件は明確でなければならないが、大まかなもので構わない。たとえば、コンティンジェンシィウォーター・ブリージングとともにかけたなら、かそれに類する液体の中に飛び込んだ場合やそういったものに呑み込まれた場合に、いつでもすぐさまウォーター・ブリージング呪文効果を現すように設定できるのだ。また、コンティンジェンシィを用いて、4フィートを超える高さから落ちたいつでもフェザー・フォール呪文効果を発揮するようにすることもできる。いずれにせよ、あらかじめ定めておいた状況が発生した点で、コンティンジェンシィは併用した呪文効果を即座に発揮させ、その呪文は即座に“発動”される。あらかじめ定めておいた条件が判りにくかったり複雑なものだった場合、いざというに組み合わせた呪文全体(コンティンジェンシィと併用した魔法)が機能してくれないことがある。併用した呪文は、術者が望むか望まないかに関わりなく、定められた条件に基づいてのみ効果を現すのだ。

術者は複数のコンティンジェンシィを同に用いることはできない。2つを発動した場合、先にかけた方は解呪される(まだ稼動中ならば)。


全文検索 目的別索引