クリエイト・デミプレイン

Create Demiplane擬似次元界創造
系統 召喚術創造);呪文レベル オラクル/クレリック8ウィザード/ソーサラー8サモナー6ウィッチ8
発動時間 4時間
効果 外次元の擬似次元界、最大10の一辺10フィートの立方体/レベル(自在)
持続時間 1日/レベル、あるいは瞬間(本文参照

この呪文は、間が大きく、次元界により多くの特性を加えることができる点を除き、レッサー・クリエイト・デミプレインと同様に働く。術者はこの呪文を使用して、レッサー・クリエイト・デミプレインによって作成した擬似次元界を拡張でき(術者はこの呪文を使用して完全に新しい次元界作成する必要はない)、この場合の持続時間は1日/レベルとなる。代わりに、術者は自分の擬似次元界内でこの呪文を発動させるときに以下の特性の1つを指定して、擬似次元界に加える(もしくは取り除く)ことができ、この場合の持続時間瞬間となる。

属性術者の次元界は(軽度な)混沌秩序、あるいは中立属性的特性を得る(属性的特性参照、『GameMastery Guide』P.187)。術者は自分の擬似次元界自身が持たない属性属性的特性を与えることはできない。

豊作:術者の擬似次元界に小川、池、滝、および植物の繁茂する自然環境を与える。擬似次元界は一辺10フィートの立方体ごとに、1体の中型クリーチャーが活動するのに十分な、植物から採れる食料を提供する(ナッツ、穀物、果物、茸など)。擬似次元界には運び込まない限り動物が存在しないが、擬似次元界は散、造園、受などをせずとも存在する限り自身の環境を支えることができ、んだ有機物は腐敗して通常の方法で土に還る。擬似次元界に環境があるなら、これらの植物通常の、馴染み深い外見植物である。薄明かりか暗闇領域であれば、これらの植物は菌類か、その他の薄暗がりや地下適応した植物である。

元素術者の次元界、あるいは元素優勢の特性を得る(元素およびエネルギー的特性参照、『GameMastery Guide』P.186)。

重力ほとんどのクリーチャー物質界でそうであるように、何もしなければ擬似次元界重力通常で、一方を指向している。この特性を選択することで、次元界重力高重力低重力無重力客観的重力方向、あるいは主観的重力方向となる(重力参照、『GameMastery Guide』P.184)。

季節:擬似次元界は季節の周期との周期を持ち、通常物質界の土と同様だが、術者の好みに合わせることができる(えば、術者の擬似次元界は常にであり、4時間ごとに昼夜が入れ替わる、など)。

形状:何もしなければ擬似次元界は形状とそれに合わせた境界を持つ。この特性を選択することで、術者は自分の次元界自己完結的にしてクリーチャーが一方の端に到達すると反対側に現れるようにできる(形状と大きさ参照、『GameMastery Guide』P.185)。術者は自分の次元界の端のこれが起こる間か方向を指定するか(一対の隠し扉や森の小路のような)、次元界全体に適用することができる。

構造物:術者の擬似次元界は巨や、浮遊するや、迷宮、山など特定の物理的な構造物が接続されている(このオプションは術者が必要とするあらゆる丘、、および詳細に決定するような心配をすることなく、自分の次元界のテーマを選べるように存在している)。

術者は20,000gpの費用とパーマネンシイ呪文によりこの呪文永続化できる。クリエイト・デミプレインを複数回発動させて擬似次元界を拡張していた場合、各発動による間ごとにパーマネンシイ呪文が必要となる。

グレーター・クリエイト・デミプレイン

Create Demiplane, Greater/上級擬似次元界創造
系統 召喚術創造);呪文レベル オラクル/クレリック9ウィザード/ソーサラー9ウィッチ9
発動時間 6時間
構成要素 音声動作焦点具(少なくとも500gpの価値があるフォーク状の金属ロッド
効果 外次元の擬似次元界、最大20の一辺10フィートの立方体/レベル(自在)

この呪文は、間が大きく、次元界により多くの特性を加えることができる点を除き、クリエイト・デミプレインと同様に働く。術者はこの呪文を使用して、レッサー・クリエイト・デミプレインあるいはクリエイト・デミプレインによって作成した擬似次元界を拡張でき(術者はこの呪文を使用して完全に新しい次元界作成する必要はない)、この場合の持続時間は1日/レベルとなる。代わりに、術者は自分の擬似次元界内でこの呪文を発動させるときに以下の特性(またはクリエイト・デミプレインの説明にある特性)の1つを指定して、擬似次元界に加える(もしくは取り除く)ことができ、この場合の持続時間瞬間となる。

エネルギー:術者の次元界は(軽度の)正または負のエネルギー優勢の特性を得る(元素およびエネルギー的特性参照、『GameMastery Guide』P.186)。次元界正のエネルギー優生と負のエネルギー優勢の特性を両方とも備えることはできない。

魔法術者の次元界魔法の枯渇魔法の増強魔法の阻害、あるいは呪文の暴走次元界特性を得る(魔法的特性参照、『GameMastery Guide』P.187)。術者が魔法の枯渇を選択した場合、術者は永続化した次元ポータル(下記のポータルの特性のような)を持たない限りこの次元界に捕らわれる。術者が魔法の増強魔法の阻害を選択した場合、増強あるいは阻害される魔法種類を「[]の補足説明を持つ、あるいはを操作する効果」や「即呪文およびあるいは安息の領域領域呪文」のように1つ選ぶ。次元界は同じ種類呪文を増強かつ阻害できない。

変動性術者は呪文通常発動時間の1/10で自在に自分の次元界の大を動かすことができ、通常植物を同じ方法で再成形できる(をねじって人間のような形にするなど)。術者はこの能で岩の構成にさえ響することができるが、この場合の発動時間通常の半分にしかならない。

ポータル術者の次元界は次元間行にのみ使用できる、1つの場所と別の次元界を結ぶ永続化したを得る。この場所は術者のよく慣れしんでいる場所でなければならない。このは常に開かれており、どちらの面からでも使えるが、術者は通常の方法で保安できる(これを囲むようにドアを建てるなど)。

時間何もしなければ、術者の擬似次元界時間通常通りに経過する。この特性を選択することで、術者は不規則な時間流異なる時間流通常の時間流の半分か2倍)、あるいは無時間の特性を持たせることができる(時間参照、『GameMastery Guide』P.185)。

術者は22,500gpの費用とパーマネンシイ呪文によりこの呪文永続化できる。グレーター・クリエイト・デミプレインを複数回発動させて擬似次元界を拡張していた場合、各発動による間ごとにパーマネンシイ呪文が必要となる。

レッサー・クリエイト・デミプレイン

Create Demiplane, Lesser/初級擬似次元界創造
系統 召喚術創造);呪文レベル オラクル/クレリック7ウィザード/ソーサラー7サモナー5ウィッチ7
発動時間 2時間
構成要素 音声動作焦点具(少なくとも500gpの価値があるフォーク状の金属ロッド
距離 0フィート
効果 外次元の擬似次元界、最大3つの一辺が10フィートの立方体/レベル(自在)
持続時間 1日/レベル
セーヴィング・スロー 不可;呪文抵抗 不可

術者は小さな有限擬似次元界を作る。術者はこの呪文を発動するときアストラルかエーテル界、あるいはこれらの次元界にアクセスできる次元界物質界のような)に居なければならない。術者は呪文を発動するとき、擬似次元界アストラル界エーテル界のいずれに内在させるかを決定する。擬似次元界気か(術者が決定する)で満たされている。この次元界は一般に平淡で、あるいは樹花のように特徴がない。次元界の「」と「殻」は固い地面、あるいはのように見えるかもしれず、あるいは特徴のない虚、あるいは同の非現実的に見える境界で終わっているかもしれない。次元界の環境は物質界における穏やかなの日の状態である。術者は次元界響を受ける照度(明るい通常、薄暗い暗闇)を決定する。

この次元界には原生のクリーチャー、あるいは植物は存在しないが、それらを持ち込むことはできる(次元界の照度が明るい通常であれば、これを植物の育成にあたり太陽と見なす)。次元界の環境は地面などを目標とする効果に対して通常勢とみなす。えば、術者はムーヴ・アースを使用して丘を作ったり、ウォール・オヴ・ストーンでバリケードを作ることができる。

術者が呪文の発動を完了させたとき、術者は自分自身と最大で7体のをつないで輪になったクリーチャーをこの次元界自動的に移動させることができる。擬似次元界は異なる存在の次元界であり、したがって異なる次元界響を及ぼせないすべての呪文あるいは能の有効距離外である。クリーチャーアストラル・プロジェクションイセリアルネス、あるいはプレイン・シフトのような次元間移動魔法を使用してしかこの次元界侵入できない。術者は擬似次元界全体に「よく慣れしんでいる」と見なす。

術者は標準アクションにより、1体のクリーチャーを術者の擬似次元界から排出できる。クリーチャー意志セーヴィング・スローにより抵抗できる。排出されたクリーチャーは術者の擬似次元界近接した次元界へ行く(通常アストラル界エーテル界だが、術者が物質界でこの呪文を発動させた場合は物質界に送られる)。呪文が終了すると次元界は消散し、内部のすべてのクリーチャーセーヴィング・スローなしでこのように排出する。次元界は解呪されないが、クリーチャーリミテッド・ウィッシュメイジズ・ディスジャンクションミラクル、あるいはウィッシュを使用して解呪判定に成功すると次元界破壊できる。

術者は擬似次元界内にいるとき、この呪文を再発動して間を拡張できる。もしくは術者の最新の発動で作られた既存の間の持続時間をリセットするためにこの呪文を再発動できる。擬似次元界の一部の間の持続時間が終了して他の部分が残っている場合、消散する間にいるクリーチャーは維持される間に入れ替わる。擬似次元界の消散部分が、擬似次元界の一部分を他の部分から切り離してしまう場合(えば、三つの間が直線上に連結されていて、真ん中の部分の持続時間が切れる)、切り離された部分は術者の制御下にある別の擬似次元界と見なす。術者はこの呪文を再発動し、2つの間の間に接続部を作ることでこれらの切り離された部分を再接続できる。

術者は17,500gpの費用とパーマネンシイ呪文によりこの呪文永続化できる。クリエイト・デミプレインを複数回発動させて擬似次元界を拡張していた場合、各発動による間ごとにパーマネンシイ呪文が必要となる。


全文検索 目的別索引