シヴァナー

シヴァナー(Sivanah)

称号

の女神Goddess of Illusions、第七のヴェイルThe Seventh Veil

属性

真なる中立

権能

幻、映、謎

信奉者

幻術士

クレリック属性

秩序にして中立中立にして善真なる中立中立にして悪混沌にして中立

領域

知識狂気魔術ルーン欺き

好む武器

ブレーデッド・スカーフbladed scarf(※訳者註:最後に説明を追記)

シヴァナー(siv-AHN-ahと発音する)[1]は幻魔法保護する女神である。彼女はまた“第七のヴェイル”として知られるが、この名は彼女がほとんどいつも身に付けて描写される服装から取られたものである。彼女の聖印は、端と端が結ばれた六枚の曇った色合いのヴェイルからなる円である。[2]

外見

シヴァナーの真の姿は彼女の七枚(訳注:六枚であるべきだと思われるが、そのまま訳した)のヴェイルの背後に隠されており、それぞれのヴェイルは一つの種族人間エルフハーフリングノームアレイニアナーガ)に関係がある。彼女の真の姿は第七の未知の種族のそれであると言われる。彼女は適切なヴェイルを身に付けている間、これらの種族のいずれとしても現れることができる。この女神は、に映った映を通じて、またには彼ら自身を通じてさえも、自分の信徒意志を伝える。[2]

シヴァナーの教団

シヴァナー信仰ネックス(Nex)やイルイセンの諸国、カタペシュ(Katapesh)の諸都市で盛んだが、ニダルでは厳しく禁止されており、この国のゾン=クーソンクレリックたちによって迫害されるのが当然である。彼女はまたゴラリオン幻術士ノームの間で広く信仰されている。彼らは、彼らの最もする呪文系統に対する彼女の献身を正しく認識している。[2][3]彼女を信仰する敬虔幻術士は、シャドウ・カンジュレーション呪文を使うことで神聖治癒魔法を模倣できることが知られている。[4]

シヴァナーの領域

かの女神はそのをもっともありそうもない場所、“大渦巻”the Maelstromの中に造った。彼女の領域は決まった場所に現れないので極端に見つけにくいが、数多くの面によって常に探知されうる。シヴァナーは彼女の領域をこの方法で、大いに彼女への害意を持つ原住プロティアンから守っている。この争いの正確な発端は知られていないが、かつてシヴァナーが彼らから何かを盗んだ、彼女はかつてケケターだった、彼女は神に昇格したデーモンである、堕ちたアザータである、などと多くの推測が重ねられている。[5]

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] 2.0 2.1 2.2 Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 172. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Brian Cortijo et al.(2009). Legacy of Fire Player's Guide, p. 25. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-168-8
[4] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 47. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[5] Todd Stewart.(2009). The Great Beyond:A Guide to the Multiverse, p. 45. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-167-1

ブレーデッド・スカーフについて

ブレーデッド・スカーフ(Bladed scarf)

ブレーデッド・スカーフヴァリシア人Varisianによって開発された武器である。彼らの自由で開放的な態度に関する評判や、彼らの演芸が相から強い感情的な反応を引き出しかねないという事実のために、服装に溶け込む一方で必要ならば依然として自分たちを守ることができる武器を彼らは必要とした[1][2]。

このスカーフの一方の側は通常の明るい色をした芸能用のスカーフのように見えるが、もう一方の側にはその中に多数のが織り込まれている。スカーフ長さのために、使用者は10フィート離れた相攻撃することができる。しかし、その柔軟性により、使用者が組みつかれていることになるような者に攻撃を仕掛けることも可能である[1][2]。

参考文献

[1] F. Wesley Schneider.(2007). Rise of the Runelords Player's Guide, p. 11. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-059-9
[2] James Jacobs, & Mike McArtor.(2008). Curse of the Crimson Throne Player's Guide, p. 13. Paizo Publishing, LLC. ISBN

Sivanah

Titles Goddess of Illusions
The Seventh Veil
Alignment Neutral
Portfolio Illusions Reflections Mystery
Worshipers Illusionists
Cleric Alignments 中立にして善 秩序にして中立 真なる中立 混沌にして中立 中立にして悪
Domains Knowledge, Madness, Magic, Rune, Trickery
Favored Weapon bladed scarf

Sivanah(pronounced siv-AHN-ah)[1] is the patron goddess of illusion magics. She is also known as the "Seventh Veil", a name taken from the clothing she is most-often depicted wearing. Her symbol is a circle made of six dull-colored veils tied end-to-end.[2]

◎Appearance
Sivanah's true form is disguised behind her seven veils, each of which is tied to a race(human, elf, halfling, gnome, aranea, and naga). Her true form is said to be that of a member of a seventh, unknown race. She can appear as any of these races while wearing the appropriate veil. The goddess communicates with her faithful through mirrors, reflections in water, and sometimes even through their own shadows.[2]

◎Church of Sivanah
The worship of Sivanah is popular in the countries of Nex, Irrisen, and in the cities of Katapesh, while it is strictly prohibited in Nidal, due to a ban by the country's clerics of Zon-Kuthon. She is also widely worshiped among the illusionists and gnomes of Golarion, who appreciate her devotion to their favorite school of magic.[2][3] Devout illusionists who follow her have been known to be able to mimic divine healing magics by use of their shadow conjuration spells.[4]

◎Sivanah's Domain
The goddess makes her home in the most unlikely of places:the Maelstrom. Her realm is extremely difficult to find, appearing in no fixed place, yet can always be detected by an abundance of mirrored surfaces. Sivanah protects her realm in this way from the native proteans, who bear her much ill will. The exact origin behind this conflict is not known, although there are many speculations, including that Sivanah once stole something from them, or that she once was a keketar, risen demon, or fallen azata.[5]

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 247. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] 2.0 2.1 2.2 Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 172. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[3] Brian Cortijo et al.(2009). Legacy of Fire Player's Guide, p. 25. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-168-8
[4] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 47. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[5] Todd Stewart.(2009). The Great Beyond:A Guide to the Multiverse, p. 45. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-167-1


Bladed scarf

The Bladed scarf is a weapon developed by the Varisians. With their reputation for free and open attitude, and the fact that their performances can elicit strong emotional responses, they needed to have a weapon that blended into their costumes, but could still protect them if needed[1][2].

One side of the scarf looks like a normal, brightly colored performance scarf, while the other side has a number of blades woven into it. Because of the length of the scarf, the wielder can attack people up to ten feet away, but the flexibility allows them to also attack those the wielder finds themselves grappled with. [1][2].

◎References
[1] F. Wesley Schneider.(2007). Rise of the Runelords Player's Guide, p. 11. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-059-9
[2] James Jacobs, & Mike McArtor.(2008). Curse of the Crimson Throne Player's Guide, p. 13. Paizo Publishing, LLC. ISBN

全文検索 目的別索引