フォウビア

フォウビア

Phobia恐怖症
出典 Horror Adventures 124ページ
系統心術(強制)[感情、恐怖精神作用]; 呪文レベルウィザード/ソーサラー6ウィッチ6サイキック6、バード5メスメリスト5
発動時間標準アクション
構成要素音声動作物質髪1本)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標知性あるクリーチャー1体
持続時間瞬間
セーヴィング・スロー意志無効呪文抵抗

下級の狂気である恐怖症(182ページ参照)よりも強な、条件あるいは環境1つに対する本能的な恐怖に植え付ける。術者はエネルギー種別1つ([音]、[]、[強]、[氷雪]、[雷撃]のいずれか)、障害1つ(雪崩地震など)、動物種類1つか全てのスウォーム1つあるいは小型かそれより大きいクリーチャー1体を見たときに適用する)のいずれかを指定する。あるいは術者は以下の具体的な環境から1つを指定する:暗闇(薄暗いかそれより暗いもの。暗視擬似視覚を見通す、その他類似の感覚種族特徴として持つクリーチャーにはこの恐怖症を適用できない)、閉ざされた間(クリーチャーが無理やり入り込む必要がある場所)、高所(目標の体長の10倍以上。生来の飛行速度を持つクリーチャーにはこの恐怖症を適用できない)、(水棲)クリーチャーと生来の水泳速度を持つクリーチャーにはこの恐怖症を適用できない)。

目標が指定したエネルギー種別ダメージを受けたか、指定したクリーチャー環境障害の存在に気づいたなら、難易度20の意志セーヴを行わなければならない。失敗すると、目標恐慌状態になる。成功した場合でさえ、目標怯え状態となり、激しい不快感を覚える。この方法で怯え状態になったクリーチャーはこの怯え状態が終了するまで恐怖症に対するセーヴィング・スローを以降行う必要はない。

フォウビアによって恐慌状態に陥ったクリーチャーは、その恐怖症の相を知覚できなくなってから(エネルギー種別への恐怖症であった場合はそのエネルギー/ダメージを受けてから)1分が経過すると通常通り行動できるようになる。怯え状態恐怖症の相が知覚できなくなるとすぐに解除される。ウィッシュブレイク・エンチャントメントヒールミラクルリミテッド・ウィッシュフォウビア呪文を解呪できる。


全文検索 目的別索引