タイランツ・グラスプ

タイランツ・グラスプ・プレイヤーズ・ガイド Tyrant’s Grasp Player’s Guide

囁きの暴君地下の牢獄で扇動し、“囁きの道/Whispering Way”の下を使ってその魔を誇示し、再びゴラリオン全土を脅かそうと躍起になっていた。その合言葉に従う恐ろしく新しい魔法――それは世界規模破壊を引き起こすほどの、前代未聞のを持つ――を伴う彼が自由を取り戻すのは当然のことであり、ラストウォール監視の目からさえ逃れられるほどに速やかな行動だった。最も英雄になるはずもない存在――“囁きの道”の最近の犠牲者が、アヴィスタンの唯一の希望となるかもしれない!

集合 COMING TOGETHER

Tyrant’s Grasp Adventure Pathの最初の冒険では、全てのPCラストウォールの南西端にある小さな町、「ロスラーズ・コファー」からはじめることになっている。輝ける十字軍の英雄、エルヴィン・ロスラーにちなんで名付けられたこの街は、ベルクゼンのオーク辺境を共有しながらも800年以上存続し続けており、季節に従って近くを行き交ういくつかの部族と、平和的な交易を行っている。ラストウォールはこの街を地域の境を確立に十分貢献しているだけでなく、ヴィジル/Vigilで使用される亜麻の多くを栽培していることから、小さな騎士団の駐屯を配置し続けるだけの重要性を持っていると考えている。この街の存続は困難を極めているが、ロスラーズ・コファーは何百年も渡り危険もなく存続してきた。しかしオークの暴的な「捻れ/Twisted Nail」部族が穏健派の部族をこの地域から追い出し、辺境農場襲撃し始めた。これらの攻撃は最終的にエスカレートし、捻れ族が4707年にロスラーズ・コファーを襲撃し、歴史的な建造物を燃やし、人口の1/4以上を虐殺し、残りの住人を散り散りにするまでに至った。生存者の半数が翌年に最服のために戻ってきたのだが、レッド・リーヴァー/red reaverと呼ばれる縄張りを持つクリーチャーが、街から1マイル離れたサーレンレイの寺院に移ってきたのを発見したため、協会は新たに設立された町そのものに移転せざるを得なくなってしまった。

ラストウォールはロスラーズ・コファーの再建に伴い、国境帯の巡回に騎士を追加で配置した。これらの士たちは、最終的にベルクゼンに向かって内側に不満を向けた捻れによって何度も襲撃された。騎士の努を持ってしても、レッド・リーヴァーを新しい住処から追い出すことはできなかった。それは近くの農場を略奪し、旅人を襲い続け、元の住人はかつて教会が管理していた土や果樹園、その他のものをただ避けるようになり、そうでなければ生活環境へと持ち去った。昨年、名高いパスファインダー協会のエージェントが寺院を調査するために到着し、大規模いの末、ついにこの獣を退治した! このサーレンレイの教会がこのモンスターのいたわずか10年の間に受けた損害を簡単に調査しただけで、協会員らは今も街で活動を続けている。しかし、この突然の騒動をきっかけに、町の若者たちは冒険者やパスファインダーを見るようになっていった。
サーレンレイの寺院に加えて、ロスラーズ・コファーは街の墓地にある大きな墳墓、「ロスラーの墓」でも知られている。ここには、輝ける十字軍の英雄たちの遺が保管されている。アイオメディとゴルムの信者が巡礼に訪れることもあり、この町は新しく来たものが硬貨を支払うことで、宿泊施設を提供してくれる。トゥロンデル川の周辺に位置するおかげで、この町は十字軍、使者巡礼者ラストウォールとニルマサスの間を行き交う商人などが往来する。

プレイヤー・キャラクターは、ロスラーズ・コファーの頑固な住人や、国境を守るためにラストウォール、派遣された民兵、退去したサーレンレイ教会の関係者、地下墓地を訪れる巡礼者、上巻が去った後に神殿調査するパスファインダー、商人、ヴィジルの役人、捻れ以後の復興の一環としてこの地域に定住したもののいずれかであろう。ロスラーズ・コファーやラストウォール出身でないPCは、少なくとも囁きの暴君や囁きの道の遺産に強い関心を持ち、これらの凶勢力が世界に与える被害を最小限に抑えたいと思っているに違いない。
本書では、世界の勢力に対抗するだと自称するラストウォールで期待されることをプレイヤーに知ってもらうために、ラストウォールの簡単な案内を掲載している。ラストウォールと輝ける十字軍に関連する追加情報は、Pathfinder Campaign Setting Inner Sea World GuideとPathfinder Campaign Setting:Cities of Golarionに掲載されている。

テーマ:サバイバル・ホラー Theme:Survival Horror

Tyrant’s Graspの全体的な主題はサバイバル・ホラーだ。プレイヤー・キャラクターは、特に最初の数回の冒険では、限られた始原の中で絶望的な状況の枯れていることに気付くことがよくある。Tyrant’s Graspのイベントが展開していく中で、恐ろしい悲劇が起こることが運命づけられている。状況によっては、プレイヤー・キャラクターは予想以上に早くロスラーズ・コファーから離れなければならなくなるだろう。そのため、ラストウォールやその先をする準備ができているキャラクターが、このAdventure Pathには適している。

キャラクターへのメモ CHARACTER TIPS

Tyrant’s Graspの全体的なコンセプトは、囁きの道の復活とその新兵器である大量破壊兵器であり、様々なキャラクターの琴線に触れるものであろう。しかし、どのようにしてコンセプトを選び、キャンペーンの課題やムードに適したものを選ぶのだろうか? 囁きの道やタルバフォン/Tar-Baphonの下たちが、直接、そして個人的にPCを脅かしており、その陰謀を暴いて阻止するために、PCは古代の廃墟や荒廃した場所、秘密の拠点に入り込む。そこでは勇気と頑丈以外に、何も身を守るものはない。PC軍隊社会秩序ではなく、自分自身仲間冒険者達を頼りとしなければならない。君の想と、過去10年間のパスファインダーRPG製品の中で示されてきた、様々な選択肢に精通しているかどうかによって、より多くの可能性が存在する。Tyrant’s Grasp Adventure Pathのキャラクターについての議論が必要なら、paizo.comのフォーラムにアクセスし、キャンペーンをプレイしている他の人達に質問をし、経験を共有しよう。

属性 Alignment

その属性であれ、であれ、純粋に自己中心的なものであれ、ほぼすべての人がタルバフォン使者の軍団の支配下ではかなりの自由と安全を失うことになる。そのため、キャラクターがささやき暴君と囁きの道を阻止しなければならないということに同意できる限り、Tyrant’s Graspでは必ずしも道徳や思想に縛られることはない。ラストウォールパラディンに支配された国家であり、秩序にして善とその周辺の秩序にして中立中立にして善が最もありふれた属性だ。市民は可能な限り教育や地域社会、国家のために共通の前に向かって行動し、専門知識や防備、資産が必要なとき、必要な場所に与えられるインフラによる強支援から利益を得ている。ラストウォール人でさえも名誉を重んじる傾向があり、混沌の側面よりは秩序にして悪による傾向がある。混沌属性のキャラクターは特に嫌われているわけではないが、境の国の秩序ある社会で居場所を見つけるのは難しい。なんとか存在するものはロスラーズ・コファーやファングウッドの森の材駐留のような国境の集落に流れ着き、最終的には多くのものが南下してニルマサスに移住してしまう。のキャラクターを作成する前に、通常通り、GMに相談すること。この選択肢は、全てのグループに適切なものではない。

アーキタイプとクラスの選択肢 Archetypes and Class Options

Tyrant’s Grasp Adventure Pathの大部分は、断固たるい、圧倒的な破壊に直面しながらも生き残ることを的としている。多くの冒険では、すでに恐ろしいことが起きているという困難な状況が提示されていて、PCは生存者を慰めたり、犠牲者を癒やしたりと、その余の中で自分たちにできることをしなければならない。全てのキャラクター・クラスがこのAdventure Pathに適しているが、ある程度安定したインフラに依存しているキャラクター、特に都市部に特化したクラスアーキタイプのキャラクターは、自分の術を十分に活用するのが難しいかもしれない。また、このAdventure Pathはかなりの移動を必要とするため、効率的な案内や道中での移動高速移動ができる能を持ったキャラクターは、その術の実用的な応用を見つけることができるだろう。
ラストウォールにはパラディンが多く存在することを考えると、クレリックウォープリーストと同様にパラディンも当然の選択肢となり得るが、そのようなキャラクターのプレイヤーは、開かれた心で行動しなければならない。パラディン行動規範でさえ、秩序にして善のキャラクターがの味方がより大きなに向かって一緒に行動しているのだ、と認識している、と指摘するのには意味があるだろう。

Tyrant’s Graspに適した他のクラスには、ファイターレンジャーローグウィザードが挙げられる。近くにあるファングウッドの森の住人であるドルイドもこの地域特徴ではあるが、ドルイドプレイヤーは、このキャンペーンの間に訪れる荒涼とした景には限界を感じるかもしれない。アンデッドの敵が多いため、バード(そして心術幻術に専家したウィザード)はその攻撃的魔法や歌の目標が少ないことに気付くかもしれない。しかし仲間恐怖からより耐えやすくする能は高く評価されるだろう。ガンスリンガーその他の非常に特殊装備を必要とするクラスは、特に最初の数回の冒険では、買い物をする場所を見つけるのに苦労するかもしれない。アイオメディの修道院が国の中にいくつか存在し、武術や体完成を高めて悟りを開く事を奨励しているが、彼らはティエン・シア様式ではなくアヴィスタン様式の武術に注している。基本クラスの中でも、キャバリアーインクィジターラストウォールで最も代表的なクラスだが、サモナーウィッチも、その能破壊や支配に向かわない限り、平穏な生活を送ることができる。ブローラーハンターインヴェスティゲータースレイヤーもこの国の英雄に含まれており、初代の輝ける十字軍のあとには、未だに続いているを扱うスピリチュアリストミーディアムもいる。混沌によったクラス――特にバーバリアンスカルド――は珍しいものではないが、ラストウォール文化の中で特別名誉を重んじているとは言えない。

有用なアーキタイプは以下の通り。

これらの選択肢に加え、Pathfinder RPG Occult Adventures導入されたシュラウド騎士団は、アンデッドの驚異を追い返そうとすることを好む。

血脈、神秘、守護者 Bloodlines, Mysteries, and Patrons

ほとんどのソーサラーブラッドレイジャーはTyrant’s Grasp Adventure Pathに適しているが、不浄なる次元界から与えられた血脈を持つなら、疑わしいで見られることが多いだろう。ラストウォールパラディン達はの罪を子供が追う必要はないと理性的に理解している。そのため、そのようなキャラクターであっても法を守る限り、その生活に関して恐れることはなにもない。しかし、あからさまに不浄な出自魔法に関する出自は、やはり警戒されて精査されることになる。このキャンペーンに特に適しているのは運命の子植物APG)、天上の者、呪われしもの(UM)、秘術不死の者である。このAdventure Pathのテーマに強いつながりがあるオラクルの神秘シャーマン生命天界である。Tyrant’s Grasp Adventure Pathに適した守護者祖霊UM)、UM)、耐久、治癒UM)、UM)、前兆UM)、UM)、復讐UM)、判断である。
これらの選択肢は指に過ぎない。プレイヤーはこれらの選択肢からしか選択できない、などと義務を感じる必要はない。ほとんどの血脈神秘守護者は、囁きの道に対するいに自分の居場所を見出すことができるだろう。

使い魔と動物の相棒 Familiar and Animal Companions

その得意な性質から、最初の冒険では、プレイヤー・キャラクター従者動物の相棒乗騎使い魔などから分離される。冒険の途中に暮らす特徴を失うことは困難を伴うものだろうが、それは一的なものであり、PCは2つの冒険の開始仲間を取り戻せるようになる。プレイヤーがこの一的な制限を受け入れることができれば、ラストウォールには以下の使い魔が存在し、使い魔として理想的な選択をすることができる:アウルウィーゼルキャットゴート(B3)、スカンク(B3)、スクワール(Animal Archive)、トードハウス・センチピードUM)、バットピッグ(B3)、フォックス(B3)、ヘッジホッグUM)、ホークラクーン(B3)、ラットラビット(Pathfinder Player Companion:Animal Archive)、レイヴン《上級使い魔》を探しているキャラクターであれば、テーマに合い、Tyrant’s Graspに最も適切なものを以下から見つけられるだろう:アービター・イネヴィタブル(B2)、カーバンクル(B3)、カッシシアンエンジェル(B2)、シルヴァンシーアガシオン(B2)、スードゥドラゴンノソイサイコポンプ(B4)、ハービンジャー・アルコン(B3)。

以下の動物ラストウォールのどこでも見られるもので、キャラクターの既にいる動物の相棒亡した場合にもすぐに交換できるため、相乗騎に適している。アックス・ビーク(B3)、ウルフオーロックスサイラシン(B3)、スモール・キャット(マウンテン・ライオンもしくはリンクス)、ジャイアント・ヴァルチャー(B3)、ジャイアント・ウィーゼル(B4)、ジャイアント・レイヴン(B6)、スタッグ(B4)、ダイア・ラットディグモール(B5)、ドッグバードイーグルファルコンホーク)、バジャーベアボアホースラム(B2)。

得意な敵と得意な地形 Favored Enemies and Favored Terrains

Tyrant’s Grasp Adventure Pathでプレイヤーが直面するであろう敵の大部分は、囁きの暴君軍隊の大部分を占めるアンデッドである。また、PCタルバフォンに仕える、生きている敵とも多く出会うことになるだろう。そこにはエルフ人間が挙げられる。その他の驚異には、異形植物、そして新しい人型生物の副種別(モーティック)がある。このキャンペーンは多様な形を包含するが、者とその秘密が埋もれている地下ダンジョンが最も舞台となる。その他にありふれた景色としては、都市森林がある。また、ウースタラヴラストウォールのなだらかな丘陵や険しい山で過ごす時間もある。

出自 Origins

キャンペーンの始まりは、10年前のオーク襲撃から着実に復興しつつある国境の町を部隊にしている。そのため、ほとんどのプレイヤー・キャラクターはロスラーズ・コファーの出身ではなくても、ラストウォール出身者である可能性が高い。彼らは聖職者技術者、農民、癒し工、街の見張り、織工などの職業に就いている。元の産業は主に亜麻の生産、牧羊、復興、亜麻と羊毛での敷布、亜麻仁とラノリンの販売などが中心となる。ここ数年、ベルクゼンとの国境が静かになっているにも関わらず、ヴィジルはロスラーズ・コファーに小さな防衛軍を派遣している。ロスラーズ・コファーはニルマサスとウースタラヴとの商業を引き寄せヴァリシア人の商隊やラズミランの難民も訪れる。復興のための努は、多くの仕事を求めている人を惹きつけ、政府が避難民に保証と支援を提供しているのを見て、その寛大さを利用しようと決めた日和見主義者もいる。

言語 Languages

輝ける十字軍の軍勢の大部分は、元々タルドールによって提供されていた。そのため、タルドールで一般的な言語がこの地域言語となっている。争と復興の両方に多くのクラゴダンのドワーフが貢献しており、人間の間でもドワーフ語もかなりありふれた言語である。同様に、ラストウォールウースタラヴに近いことから、農耕民の多くは少なくとも少しはヴァリシア語を話し、特に呪い保護の言葉をつぶやくために使用している。タルバフォンの支配以前の古い遺跡では、ハリト語とオーク語が今でも見られるが、囁く暴君の支配下ではネクリル語が選ばれており、これは囁きの道における共通語となっている。また、アイオメディの教会では、重要な伝文や祈りを天上語で行われることが多い。

上級クラス Prestige Classes

上級クラス指すことに興味のあるキャラクターには多くの選択肢がある。特に、アイオメディやゴルムといった神々への信仰と検診を強調したものが適切である。以下の指は、Tyrant’s Grasp Adventure Pathに最も適したテーマを備えている。

種族 Races

ラストウォール人口には人間圧倒的に多いものの、輝ける十字軍は内海地域から守備兵を連れてきたため、アヴィスタンのほぼすべての民族がこの地域住民に含まれている。ラストウォール人口の大半にはタルドール人の血が流れているが、タルドール人シェリアックス人ヴァリシア人、ケリード人、ガルーンド人のちも受け継いでおり、タルドールから独立して以降はケレッシュ人ティエン人との交易が盛んとなったため、これらの血筋も一般的になってきた。

ドワーフハーフリングは、特に軍人の間ではよく見かける存在だ。ノームエルフがファングウッドの森から訪れることも珍しくはないが、人間を除けば、ラストウォールで最も多い人間以外の種族ハーフオークだ。この国のハーフオークの多くは国境の町の人間と遊牧民のオーク部族との間で、何世代にも渡って緊張の中で平和的な関係を築いてきたか、暗黒代依頼、マインドスピン山脈に沿って居住してきたハーフオークの独立した村々が、ときおり人間オーク仲間養子として迎え入れてきた。これらの多様な起源にも関わらず、人間の間のオークに対する否定的な認識のために、ほとんどのハーフオークはいくつかの汚名を背負う姿を見ている。

稀ではあるが、アアシマールダンピールラストウォールを本拠としており、どちらも不信感を持って扱われている――ダンピールはその不死とのつながりのために、アアシマールはその異世界の起源のために。チェンジリング、ダスクウォーカー、スキンウォーカー――その多くはウースタラヴからの移住者だ――もまたわずかながら要られるが、一般には珍しい旅人として注を受けるほどではない。

宗教 Religion

信仰ラストウォール文化の礎となっている。この国のルーツは圧倒的なに対する宗教的な聖であるため、国民のほぼ全員が、日常的に一つ以上の神に敬意を表す。輝ける十字軍の74年間、そして復興期に至るまでの長い間、神々のを呼び起こすことができるか、あるいは進行によって勇気と忍耐を見出すことができるかどうかが生存の鍵を握ってきた。ラストウォールの実態は神権国家ではないが、どの監視伯/watcher-lordも一つ以上のどこかの教会と強い結びつきを持っている。

十字軍の神であり、アラズニエイローデンの弟子でもあるアイオメディは、ラストウォールで最も有名な神格であり、それに続くのが争の神ゴルムである。いずれもラストウォールの十字軍とベルクゼンのオークの仇敵の両方に人気がある。ほとんどの兵士は両方を崇拝している。アイオメディが特に好まれており、政府の分派を除けばアイオメディの教会が全てだ。ラストウォールでよく見られるその他の神格には、初期の十字軍が広めたタルドールの神々(アーバダーカイデン・カイリーエンシェーリン、ノルゴーベー)が挙げられる。サーレンレイはさほど一般的ではないが、輝ける十字軍の特に衛生兵の間では強な基盤となっていた。デズナヴァリシア人の入車の間で重要視されており、住民の中では一般的な信仰である。多くのドワーフトラグをはじめとするドワーフパンテオン荷経緯を表している。

多くの至高天の王の小さな教団もあり、特に復讐の天使ラガシエル(最も暴的なパラディンの多くが従っている)やアンドレッタ(その保護を求める集落や、癒やしや平和を求める退役軍人に広まっている)が受け入れられている。

技能と特技 Skills and Feats

Tyrant’s Graspのパーティは多能な技能から多くの恩恵を受けることができる。〈知識〉技能を多く準備しておくことで、パズルを説いたり、驚異を特定したりする上で価値あるものとなるだろう。〈知識:宗教〉〈知識:歴史〉は最も有用であり、〈知識:次元界〉〈知識:神秘学〉、〈知識:ダンジョン探検〉〈知識:地理〉は全て独自の活用方法がある。冒険では、〈軽業〉〈騎乗〉〈登攀〉といった技能を使用することができる。〈知覚〉はほとんどの冒険者に役に立つもので、〈隠密〉〈呪文学〉〈生存〉〈装置無力化〉などの冒険の定番技能は全て輝く瞬間がある。
Tyrant’s Grasp Adventure Pathでは、様々な敵との戦闘が想定されている。そのため、戦闘技能ツリーから多くの利益を得ることができるだろう。アンデッドが一般的な要素なので、《強打》《薙ぎ払い》のような回復力のある相を素早く切り裂ける特技や、頑健セーヴ意志セーヴを増強する特技が役に立つだろう。《呪文越境化》APG)の呪文修正特技は、呪文使いがより効果的に非実体アンデッドえるようにしてくれる。また、クレリックパラディンエネルギー放出強化する特技も同様に役に立つだろう。

特徴 Traits

以下に示すキャンペーン特徴に加えて、Advanced Player’s Guideに掲載されるいくつかの特徴は、信仰心の強いラストウォール住民の間でよく見られ、適切なものだ:〔生まれながらの印〕〔回復力〕〔神の戦士〕〔神聖なる導管〕〔寺院の子〕〔戦闘熟練者〕〔対応者〕〔退役軍人〕〔不屈の信仰〕〔亡者殺し〕〔勇敢〕〔鎧の熟練者〕

キャンペーン特徴 CAMPAIGN TRAITS

Tyrant’s Grasp Adventure Pathは、プレイヤーラストウォールからウースタラヴに向かわせ、さらに遠くの寄港まで至らせる。キャンペーンは国境の町ロスラーズ・コファーから始まる。背景に関わらず、全てのキャラクターはアヴィスタンを整復しようとする不死者との台阻止することに利害関係を持っていなければならない。

プレイヤー・キャラクターはそれぞれ、キャラクター作成に修得可能な特徴2つのうち、1つを以下のキャンペーン特徴から選択しなければならない。

職人〕/The Artisan:求めるものを正しく得るのに重要なのは精密さだ。君は家や花瓶から道路や帝国に至るまで、あらゆる物を作り上げるのに最新の注意を払っている。君の細部へのこだわりは、その仕事が会計士、建築家、技術者薬草商であるかに関わらず、10年前にオーク襲撃からロスラーズ・コファーを復興する際に不可欠であることが証明されている。君の細部へのこだわりは、〈鑑定〉〈治療〉判定に+1の特徴ボーナスを与え、これらの技能のいずれか1つはクラス技能となる。1日1回、君は通常なら1回の標準アクション発動時間を持つ呪文を1ラウンド欠けて発動することができる。そうするなら、その呪文の有効術者レベルを1増加させる。この能は、発動時間が1回の標準アクションでない呪文には響を与えない。

〔法をもたらすもの〕/The Lawbringer:辺境危険無秩序の土であり、人々がこれらに勇敢に立ち向かうことは歓迎されている。しかし、そのような危険を望まない人々に対しても痛みをもたらすことがあまりにも多い。君は街の警備兵やヴィジル支援を受けた兵士の分遣隊として仕えているかもしれないし、他の人が耐えられないときに耐える、ただの心配性の農民かもしれない。その的は、運命の残酷な気まぐれに対する防堤として、それを必要とする人のために立ち上がることだ。君は[恐怖]に対するセーヴィング・スローに+2の特徴ボーナスを得る。君が勇気のオーラクラス特徴を持つ場合、そのオーラによるボーナスは1増加する。君の勇気は感動的なほどだ。君が気絶したり殺されたりした場合、30フィート以内にいる味方は君の守備に奮い立たされて、即座に君のレベル【魅力】修正値に等しい一時的ヒット・ポイントを獲得する。この一時的ヒット・ポイントは1分間持続する。

〔楽観主義者〕/The Optimist:物事が良くなっているという君の言葉を人々は鵜呑みにする必要はない。10年以上前のオークの占領からの街の復興は完全に終わっており、町の外にあるサーレンレイ神殿モンスターはついに倒された。君のどうしようもない楽観主義は、ロスラーズ・コファーの住人の多くが直面している厳しい生活から逃げているように見えるが、君はその前向きな態度が共同体活性化させていると信じている。君は[精神作用]効果に対するセーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。加えて、君の楽観主義は伝染する。1日に【魅力】修正値(最低1)に等しい回数まで、即行アクションとして、君はこのボーナスを10フィート以内にいる仲間1人に与えることができる。このボーナスは1分間持続する。

〔異邦人〕/The Outsider:君には居場所がないが、今のところはこの辺境で十分快適に過ごしている。都会の生活を楽しむには不謹慎すぎるのか、ラストウォール仲間意識がありふれた文化に染まるには利己的すぎるのか、あるいはその両方かもしれない。君はあまり注されずに移動するのに慣れており、〈隠密〉〈生存〉判定に+1の特徴ボーナスを得る。これらの技能のいずれか1つはクラス技能となる。君は援護アクションから半分の利益(+1)しか得られないが、君は最初に正しく仕事にすることに慣れているので、他のキャラクターに援護アクションを行う際、与えるボーナスを1だけ増やすことができる。

〔悲観主義者〕/The Pessimist:君は最の事態を予想しており、失望したことは殆どない。君の厳しい見通しは、捻れ族によってロスラーズ・コファーが破壊されたことや、近くのサーレンレイの寺院から信者が追放されたこと、あるいは個人的な不幸が原因かもしれない。君はその見方のために、ラストウォールの人の中でも立つ存在だ。最の結果が起きると常に信じている君は、意志セーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。1日1回、フリー・アクションとして、君は30フィート以内にいる味方1人に、失敗したばかりのセーヴィング・スローを再ロールさせることができる。

〔奪還者〕/The Reclaimer:君は12年前のロスラーズ・コファーの破壊で大切なものを失った。いえ、遺産、おそらく家族さえも失ったが、魂は痛みから逃げるのではなく、痛みから癒やされるべきだ、という理由で戻ってきた。自分の人生を立て直し、その傷が他人の足を引っ張ることがなくなるよう、君は政治家、慈活動者、癒し兵士として奉仕したり、守ったりしようとしている。しかし同じように失われたものが、君を無慈悲怒りで満たしている。君の警戒心が強く、〈知覚〉判定に+1の特徴ボーナスを得る。加えて、君は直前のラウンド中に味方にヒット・ポイントダメージを与えた相に対して、攻撃ロールダメージ・ロールに+1の特徴ボーナスを得る。

〔詮索好き〕/The Snoop:君はロスラーズ・コファーにいる全ての人のことを多少知っている。それは君の職業によるものかもしれない。何にせよ、君は他人のことを思い出し、心を読む才能を持っている。君は〈知識:地域〉〈知識:歴史〉判定に+1の特徴ボーナスを得、これらはいずれもクラス技能となる。1日1回、少なくとも24時間前から知っているクリーチャーに対して〈真意看破〉もしくは〈はったり〉判定を行う際、君は1回再ロールしてより良い結果を選択できる。

〔御言葉〕/The Word:国中に信仰が溢れかえっている中では、自分のメッセージがかき消されてしまうのではないかと心配になることがある。しかしそれでもなお重要なことだ。ロスラーズ・コファーの住民はかつて慰めと慈しみを必要としていたが、君の努のおかげでその魂を十分に癒すことができたため、君の仕事は不要になったのではないか、と君は心配している。君は長時間労働に慣れており、頑健セーヴィング・スローに+1の特徴ボーナスを得る。君の信仰心は活に満ちており、1日1回、君はキャラクター・レベルの半分(最低1)に等しいパラディンとして、癒しの手を使用できる。君が別のクラスから癒しの手の能を得た場合、君は1日追加で1回、癒しの手を使用できるようになる。

ラストウォール概説 LASTWALL AT A GLANCE

ラストウォールはなだらかな草原、未開の森、古代のいの痕跡が残る土だ。かつてはオークとケリード人の都市国家があり、タルドールの補給基が点在していたが、AR3200年以降は囁きの暴君の支配下に置かれるようになった。オークとケリード人の多くは圧政を受け奴隷にされた。反乱で不幸にも倒れたものは、微塵に砕けるまで無心に奉仕するはめになった。タルバフォンの軍勢は都市全体や記念碑破壊し、埋もれた基盤だけを残して、今はダンジョンや一的な墓としての景を残しているだけだ。500年後にタルドールが囁きの暴君に対抗して人員を動員したときには、何世代にもわかると労苦が景を交配させ、絶望的な状態になっていた。後に新たな傷を残した。囁きの暴君を称えるために建てられた都市は旗まで取り壊され、魔法使いの王に対抗する新たな要塞の建材として使用された。大規模いでは、々になったと曲がった鋼鉄が染み付いた景が残され、多くの土はまだ復興できず、作物を育てることもできないでいる。1000年が経過した今もなお、恐ろしい魔法が多くの古代の場に取り付いている。

その恐怖にも関わらず、ラストウォールの一部は人間で守られており、しく豊かな土だ。エンカーサン湖の近くにあるため降水量が多く、は涼しいがが多く厳しい。生育期が十分に長く、様々な作物を育てることができる。北部のファングウッドの森とハングリー山脈の麓の丘陵帯によって、ラストウォールは事実上2つに分かれている。東部ラストウォールは遥かにと市価が進んでおり、広大な農場や牧場があり、や有名なが飼育されている。皮なことに、首都ヴィジルがこの未開のにあることを考えれば、西武ラストウォールつかずの状態で、敵の多い状況にある。ラストウォール最南端の町ロスラーズ・コファーは、ほぼトゥロンデル川の恵みだけで存在しているが、100マイル北にあるようサイトの間には、整備された造りの道といくつかの終了後屋があるだけで、近代的な建築物はほとんど存在しない。このように孤立しているにも関わらず、ロスラーズ・コファーの人々は自分たちがラストウォールの住人だと思っており、国のためにできることをする。

ラストウォールの人々は心が強く、忠実な軍隊の伝統を持ち、地域社会を重視し、率直で勤勉な傾向がある。彼らが生き残るためには、地域社会の一人ひとりが自分のできる限りの仕事をするのだと信頼していることが重要で、全ての住民はすべての仕事に全を尽くさなければ次のオーク襲撃や厳しいに自分の地域社会が埋没する可能性があるのだと理解している。2つの敵対的な存在に挟まれている住民は、週に何度も寺院の礼拝に参加するほどの深い信仰心を持っている。すべてのことがそうであるように、実用性を第一に捉え、やるべき仕事がある場合は礼拝を後回しにする。ほとんどの住民に植樹を行い、には武具を用いた訓練を行い、には最初に厳しい凍結が訪れる前に収穫を行う。長く寒いは急速のときであり、オークの中で軍事行動を行うことはまずない。気温は氷点下で地面は固くなり、休むことなき体もさまようことが難しい。祭事や結婚はの間に行われることが多いものの、その大部分は小規模元のイベントだ。の間、ラストウォールの道は熟練した行者にとっても苦痛になるものだからである。

全文検索 目的別索引