ケレッシュ人

ケレッシュ人(Keleshite)

ケレッシュ人カスマロン大陸中部の砂漠に住む民族である。[1]

外見

ケレッシュ人は黒い髪を持ち、アーモンド色ややや黄色がかったをしている。男性は通常ヒゲを蓄える。衣服は絹や麻、綿で、砂と日からと髪を守るためにヘッドドレスやヴェイル、ターバンが普通である。砂漠の気候に適した緩やかな衣服を好む。砂漠に住むケレッシュ人は、日からを守るため、の下に暗青色や黒の刺青を入れている。

文化

ケレッシュ人砂漠の熱とに育てられた種族と言われる。用心や野蛮な、こつこつした努よりも、大胆で機知に富む術を重んじ、すぐ怒りすぐ許し、豪奢をする。

ケレッシュ人砂漠クリーチャーと繋がりが強く、自分たちの文明はジンブルー・ドラゴンと取引して得た者だと主張している。真偽はともかく、現在でもジン導師から魔術秘密を学ぶケレッシュ人は数多い。

ケレッシュでは次の世代を生み出す女性は宝のように大切にされるが、男はって自分の居場所を勝ち取らなければならない。

冒険者としてはファイター、騎射に特化したレンジャーサーレンレイクレリックが多い。場においてはスマートに遠隔攻撃を用いることを好むが、近接戦闘においてもデルヴィーシュの伝統を誇っている。

カタペシュオシーリオンネックスカディーラタルドールでよく見られる。

アーバダーロヴァググイローリサーレンレイ信仰するものが多い。

ケレッシュ人はケレッシュ語(Kelish)を話す

名のり

ケレッシュ人の名前はカスマロン内陸部の文化に由来する。上流の文化に属するものはケレッシュ帝国の文化に由来する名前を名乗る。下層階級の者とある士氏族の者は中北部のステップ帯の騎文化と繋がりがある名前を名乗る。そのようなものはしばしば氏族や家族と関わりがある姓を持つ。(*)がついている名前がそのような北方騎文化の名である。
女性名:アメストリ Amestri、アルタゾストラ Artazostra、ベレザータ Barezata、ダーバ* Dhabba*、イウニ Iuni、イゾラ* Izora*、キスミア Khismia、カイラ* Kyra*、ナーディラ* Naadhira*、サーバ* Sahba*、シリン Shirin、ウタナ Utana、ワージダ* Waajida*、ゼメストラ Xemestra、ザリシュ Zarishu
男性名:アーキフ* Aakif*、アクヤ Akkuya、アラスメス Arasmes、バーラム Bahram、ファヤード*Fayyaadh*、イク・テシュプ Ik-Teshup、イリザティ Irizati、カイル* Khair*、コバド Kobad、オーミズド Ormizd、ファルマーティシュ Parumartish、クズマン* Quzman*、ルスマニャ Rusmanya、ワレザナ Warezana、ゾシャク Xoshak

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 24. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

内海地域

全文検索 目的別索引