イローリ

イローリ(Irori)

称号

達人中の達人Master of Masters

属性

秩序にして中立

権能

歴史知識自己完成

信奉者

モンクヴードラ人

クレリック属性

秩序にして善秩序にして中立真なる中立秩序にして悪

領域

知識秩序治癒ルーン

好む武器

素手打撃

イローリ(ih-ROHR-eeと発音する)[1]は、悟りと自己完成の神である。彼の信者達は、彼はかつて体的かつ精神的に完全な完成を成し遂げ、そうして神性を獲得した定命の者だった、と主張する。[2]彼はヴードラ人の万神殿のうちで最も強神格ではないにしても、中核をなす神々の1柱である。

来歴

『アズヴァデーヴァ・プジラthe Azvadeva Pujila』の中で語られる物語は、悟りと神性への究極の上昇のためにイローリが行った探求を物語る。彼の甥グルハスタGruhasthaは、イローリが涅槃界Nirvanaに昇った後もヴードラ、そして実際にゴラリオンで人々を見守り続けた。

他の神格との関係

イローリは、他の諸神格がそれぞれ異なる精神的存在であって、彼にはふさわしいことが彼らにはそうではない、ということを尊重する。従って彼は、彼の仕事や信者を脅かさないかぎり他の神的存在への干渉を避けようとする。[2]

外見とその使者

イローリは彼の存在についてねじ曲げる、あるいは潤色する必要を全く見出さない。彼が現れる場合、彼の化身は完全無欠な体格と穏やかな表情の男性である。彼はその信者が彼を描くのと同じような姿で現れ、たいていは座っているか瞑想の姿勢をとっている。[2]

従者

イローリは悟りや、体と精神に関する知識自己完成のための探求を何よりも優先する。従って、鋭敏な感覚を持つクリーチャーはどんな動物や獣よりも彼の信仰に関わりやすい。

チェムチェム(Chem Chem)

このイローリお気に入りの従者は、知性を持つセレスチャル・ホワイトタイガーである。 [2]

“第六生”(Sixth Rebirth)

このイローリお気に入りの従者は、 厳格なストーン・ジャイアントモンクである。[2]

“老人”(The Old Man)

どの民族とも知れない年老いた人間の男性として現れ、彼と同じ体格の定命の者をはるかに超える敏捷さと筋を持つ。この“老人”はイローリの先触れである。[2]

イローリの教団

イローリは悟りと自己の向上を求めるあらゆる者によって信仰されており、ヴードラジャールメレイ島(the Isle of Jalmeray)に多くの神殿を持つ。また、彼がイロ=シュIro-Shuとして敬われるティエン・シア大陸にも多くの信者を持つ。

信奉者と聖職者

イローリの神官は主にクレリックモンクによって構成される。神官は、信者への指導または厳しい試験と試練によって自己完成に至るように他の者を指導する責任を負っている。信者達はそれぞれは彼ら自身のそれぞれわずかに異なる悟りへの道をたどらなければならないが、イローリの信者間での内輪もめはほとんどない。[3]

神殿と祠

通常神殿はまとまりのない複合建築で、祈り睡眠、修行のための特徴的な部屋がある。信徒が昼夜問わず鍛錬する場所であり、彼らの気kiあるいは生命life-forceを完成させ清め終えるための終わりのない探求が行われる。[3]一般に神殿は大衆に向けて開かれておらず、請願者は静かに外で待つように頼まれ、内部で瞑想している者達の邪魔をすることはない。

聖典

イローリの信者やイローリの道を信奉する者は、あらゆる知識を聖なるものと考え、特に自分自身向上させる助けになりうる知識や人を悟りに近づける知識を聖なるものと考える。

『足解放』(Unbinding the Fetters)

これは、瞑想、精神的修行、食餌療法、定命の者が彼らの限界を超越する助けとなるそれ以外の方法を記したたいへん長い本である。[3]

祭日

儀礼は非常に特別な準備――瞑想と断食の両方――を必要とし、それぞれの悟りへの道はそれぞれ異なる祭日と聖なる体験を必要とするだろう。

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 22. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 23. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

Irori

Titles Master of Masters
Alignment Lawful neutral
Portfolio History, Knowledge, Self-perfection
Worshipers monks, Vudrani
Cleric Alignments 秩序にして善, 秩序にして中立, 真なる中立, 秩序にして悪

Domains Healing, Knowledge, Law, Strength, Rune
Favored Weapon unarmed strike

Irori(pronounced ih-ROHR-ee)[1] is a god of enlightenment and self-perfection. His followers claim that he was once a mortal who achieved absolute physical and mental perfection and thus attained divinity.[2] He is one of the core gods of, if not the most powerful deity of, the Vudrani pantheon.

◎History
Stories told in the Azvadeva Pujila recount Irori's quest for enlightenment and ultimate ascension to divinity. His nephew Gruhastha remained active in Vudra, and indeed Golarion, to watch over it's people after Irori ascended to Nirvana.

◎Relationships
Irori respects that other deities are different spiritual beings and that what is correct for him may not be so for them. As such, he tries to avoid interfering with other divine beings unless they threaten his work or his people.[2]

◎Appearance and Emissaries
Irori sees no need to distort or embellish upon his being. When he appears his avatar is that of a male of flawless physique and serene expression. He appears much as his followers depict him, often sitting or in meditative stance.[2]

○Servants
Irori holds enlightenment and the quests for knowledge and self-perfection of both body and mind above all. As such sentient creatures are more associated with his faith than any animals or beasts.

◇Chem Chem
This favored servant of Irori is an intelligent celestial white tiger. [2]
◇Sixth Rebirth
This favored servant of Irori is a dour stone giant monk.[2]
◇The Old Man
Appearing as an elderly human male of uncertain ethnicity, with a dexterity and strength far beyond a mortal of his build, The Old Man is Irori's herald. [2]

◎Church of Irori
Irori is worshiped by all who seek enlightenment and self-improvement, he has many temples in Vudra and on the Isle of Jalmeray. He also has a large following on the continent of Tian Xia where he is venerated as Iro-Shu.

○Worshipers and Clergy
Irori's priesthood consists primarily of clerics and monks. Priests are responsible for mentoring others as they try to attain self-perfection either by guiding followers or through rigorous testing and trials. Each must follow their own slightly different path to enlightenment but there is little infighting among Irori's followers. [3]

○Temples and Shrines
Temples are usually sprawling complexes, featuring rooms for prayer, sleep and exercise, where the faithful train night and day, an endless quest to achieve perfection and purify their ki, or life-force. [3] They are not generally open to the public, and petitioners are asked to wait quietly outside and not disturb those who are meditating within.

○Holy Texts
The followers and adherents of Irori's ways hold all knowledge as sacred, specifically that which can help to improve oneself and lead one closer to enlightenment.

◇Unbinding the Fetters
This is a lengthy tome describing meditation, physical exercises, dietary regimes and other methods to help mortals transcend their limitations.[3]

○Holidays
Rituals require very specific preparation, both in mediation and diet, and each path to enlightenment may require different holidays and holy experiences.

◎References
[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 246. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1
[2] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 22. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8
[3] Sean K Reynolds.(2008). Gods and Magic, p. 23. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-139-8

全文検索 目的別索引