ティエン人

ティエン人(Tian)

ティエン人ははるか東方のティエン・シア(Tian Xia)に住む人間の民族である。内海地域の人々からは単一民族だと思われているが、実際にはさまざまな民族の集合である。

外見

最多数派のティエン・シュウ(Tian-Shu)は浅黒い肌とアーモンド形の色い、黒か色の直毛の髪を持つ。
北西に住む半遊牧民ティエン・ラー(Tian-La)はそれよりは肌が白く、巻き毛である。
南方のティエン・スーン(Tian-Sing)は、髪は赤みがかり、は緑っぽい。
東のミンカイ諸島に住むティエン・ミン(Tian-Min)は黒やの他に青、緑、紫、橙などさまざまな色合いのを持つ。

体格は内海地域人間よりもやや小柄で男性で5フィート半、女性で5フィートを超えることは少ない。

貴賎を問わず、ゆるやかな服装を好み、豊かな者はキモノあるいは漢服と呼ばれるローブに似た衣装をまとう。貧しい者は下半身にはキルトかズボン、上半身にはジャケットを着るかあるいは裸である。ほとんどは色鮮やかに染められており、無染色の服を着ているのは最貧層だけである。衣服を装飾することを好む者は、自然景や、や鳳などの強クリーチャーの図柄をよく使う。素材は豊かな者は絹を使うが、通常綿や麻である。

文化

ティエンは非常に古い伝統を有し、-7000ARからの文明を持つシュウはこの地域全体に大きな響を有する。

ヴードラから渡来したイローリ内海地域から伝わったエラスティルデズナ信仰は普通に見られるが、ほとんどのティエン人は伝統的な自然や祖先に見えないカミ信仰している。

一般に家族に大きな価値を置き、シュウやミンカイの皇帝は初代からの非常に長大な系図を持っている。

自然秩序を乱さないように生活しようとしており、都市は周囲の自然調和するように建設されている。

ほとんどは最大の文化を持つシュウの言語であるティエン語を公用語とする。ミンカイは独自のミンカイ語を使う。

内海地域ではアブサロムカタペシュリノーム諸王の地マンモス諸侯領ヴァリシアでよく見られる。

名のり

文化によって異なるが、すべて姓-名の順となる。姓は家系の歴史のいくばくかを、名はの子に対する願いを反映する。
女性名 Female Names:

男性名

参考文献

[1] Erik Mona et al.(2008). Campaign Setting, p. 32. Paizo Publishing, LLC. ISBN 978-1-60125-112-1

内海地域

全文検索 目的別索引