クリフォト・ロード

クリフォト・ロード Qlippoth Lord

出典 Bestiary 6 231ページ
クリフォトと呼ばれるクリーチャーは(基本的には単複同形)、現実が想する最初の生命体の形に予想されるような神秘的で恐ろしいものである。このモンスターはまだ道徳が存在しなかった代、神々や定命の者が知られていなかった代、おそらくは時間自体がまだ広がり始めていなかった代に生まれた。確かに、最初のプロティアン混沌秩序をもたらし外方次元界地下世界を走るアビス無限に長いトンネルを発見したとき、クリフォトは老いていた。想を絶するほど遠き過去、種族目標や願望がなんであったのかは不明であり、さらに言えば、現在の現実を唯一の基準としている心の持ち主には知ることはできない。現実が触れるものを変えるのと同じように、外方次元界の現実へのクリフォト導入がそれらを変えた。遭遇する全ての敵であり、彼らは自分たちの領域侵入する勇気がある者に対していを挑んだ。敵に近づく勇気が無いクリフォトは代わりに争を奪い、無限に見える軍隊でアビスから湧き上がってきた。

しかし、クリフォトのように広大で強なものの中に、それら全てのむものがある―最も深く暗いアビスを支配するユニークで強クリフォト・ロードが。今日活動しているクリフォト・ロードの数は、創造の夜明けに存在した者のごく一部に過ぎない。代を経るにつれ、クリフォト・ロードたちはその存在を知ったほとんどすべての者に反抗されてきた。デーモン・ロードアークデヴィル至高天の王、そして神格自身クリフォト・ロードの冒涜を攻撃し、その中のより強なものを破壊した。残っているのは、クリフォト・ロードのかつての栄光の陰であるか、本当の本質を隠すことに長けていために垣間見ることができる形のヒントかもしれない

クリフォト・ロードの大部分は21~25の脅威度の強さである。アビスの最深部には、ホースマンやアークデヴィルに似たより強クリーチャーがまだ存在しているかもしれないが、今の所この理論上のクリフォトの亜神はなぞのままである。確かに、活動しているクリフォト・ロードは、物質界に注意を向けることを選んだ場合、定命の大部分を脅かし危険に晒すほど強な存在である。

一部のクリフォトはルーツを放棄し、デーモンアビスの新しい秩序として受け入れることを選択した。罪を受け入れ、自身変身することを可能にするクリフォト・ロードは、多くの場合、この下層から直接デーモン・ロードに向けて強襲する大きなを獲得するが、アビスの最初の領主として彼らが持っていたかもしれない希薄な同盟関係を永遠に失うことを犠牲にしてのみである。この元クリフォト・ロードは、クリフォトとその主によって最裏切り者とみなされているが、このクリフォトにとって、デーモン・ロードとして現在使用しているごわいためにトレードオフはそれ以上の価値がある。クリフォト・ロードとして存在を始めたデーモン・ロードには、ダゴン、Jubilexなどの原始的な実体が含まれるが、これらだけに限定されることはめったにない。

次のページに示す4体のクリフォト・ロードは、複数の物質界の世界に関心がある。そのほか、疫病ポリモーフ ヤマソス/Polymorph Plague Yamasoth、ウォーモンガー女王 シガレブ/Warmonger Queen Shiggarreb、エニグマの塊 アオナウリオス/Enigma Clot Aonauriousなどは特定の世界に怒り集中させていたり、アビスの最も深い窪から完全に脱出し、世界の向こうに注意を向けているため、この本には詳述していない。

クリフォト・ロードの聖域

クリフォト・ロードは強ではあるが、彼らの強さは最も嫌われている敵であるデーモン・ロードと同じではない。しかし、アビスの最も遠いにある彼らの深淵の隠れ家では、クリフォト・ロードははるかに脅威である。この聖域に留まっている限り(または必要なときに聖域に退却できる限り)、報復からは護られる。この隠れ家は「聖域」として知られており、そこに到達して入る方法は理解を超えたもので不明瞭であるが、市域のサイズは非常に大きいものであろう。

この聖域内では、クリフォト・ロードは以下の追加のを得る(神話を除き、以下のページに示しているデータにこれらの能は含まれていない)。

クリフォト・ロード:チャヴァズヴァグ Qlippoth Lord, Chavazvug

この高く聳える蒸れた、ズルズルと這い進む内蔵の塊は、5本の蜘蛛のようなの下に口のある腸のロープを引きずっている。

チャヴァズヴァグ 脅威度22 Chavazvug

出典 Bestiary 6 232ページ
経験点 614,400
混沌にして悪超巨大サイズ来訪者混沌他次元界クリフォト
イニシアチブ +11; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・ロー振動感知60フィート、トゥルー・シーイング〈知覚〉+34
オーラ クローク・オヴ・ケイオス難易度24)

防御

アーマー・クラス 39、接触14、立ちすくみ31(+1回避、+25外皮、-8サイズ、+4反発、+7【敏】
ヒット・ポイント 437(25d10+300); 再生15(秩序)
頑健 +24、反応 +25、意志 +24
防御的能 フリーダム・オヴ・ムーヴメント黄泉がえり焦熱する肉体ダメージ減少 15/冷たい鉄および秩序完全耐性 [氷雪]、[即死]効果、[]、[精神作用]効果、[]; 抵抗 [強]30、[雷撃]30、[]30; 呪文抵抗 33

攻撃

移動速度 60フィート、飛行60フィート(良好)
近接 噛みつき=+30(2d6+13/19~20、加えて2d6[]、および“つかみ”)、鉤爪(×2)=+30(2d8+13/19~20、加えて2d6[])
接敵面 30フィート、間合い 30フィート
特殊攻撃 沸騰液の噴霧高速飲み込み身の毛のよだつ姿難易度28)、デーモンの虐殺飲み込み(10d6殴打、加えて10d6[ダメージアーマー・クラス22、ヒット・ポイント43)
擬似呪文能力術者レベル22; 精神集中+28)

クローク・オヴ・ケイオス難易度24)、ディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイングフライフリーダム・オヴ・ムーヴメント
回数無制限―ウォール・オヴ・ファイアー(神)グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートコンテイジアス・フレイムディセクレイト(神)ファイアーボール(神)難易度19)
3回/日―ウォール・オヴ・ラヴァ呪文高速化コンテイジアス・フレイムディレイド・ブラスト・ファイアーボール難易度23)、ハーム(神)難易度22)、リザレクション汚れた復活参照
1回/日―クリフォト招来メテオ・スウォーム(神)難易度25)
(神) チャヴァズヴァグ自身の聖域にいるとこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】36、【敏】25、【耐】34、【知】23、【判】23、【魅】22
基本攻撃 +25; 戦技ボーナス +46; 戦技防御値 68(対足払い74)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》、[《擬似呪文能力高速化:コンテイジアス・フレイム》〉モンスターの特技#Quicken-Spell-Like-Ability]]、《強打》《クリティカル強化:噛みつき鉤爪》、《クリティカル熟練》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《上級抵抗破り》《抵抗破り》《迎え討ち》《よろめき化クリティカル》
技能 〈威圧〉+34、〈知識:神秘学、宗教〉+31、〈威圧〉+19、〈軽業〉+35、〈呪文学〉+31、〈真意看破〉+34、〈生存〉+34、〈知覚〉+34、〈知識:次元界〉+34、〈飛行〉+42、〈魔法装置使用〉+34
言語 奈落語; テレパシー300フィート
その他の特殊能力 汚れた復活

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3

特殊能力

沸騰液の噴霧(超常)/Boiling Spray 1d4ラウンドごとに1回即行アクションとして、チャヴァズヴァグは沸騰している胆汁、血液、その他の体液の爆発を、身体から数十個の染み出たぶら下がっている腸の放出物から排出することができる。沸騰する液体のこの噴チャヴァズヴァグを中心とした60フィートの爆発内の全てのクリーチャーに当たる。この有毒な液体の噴攻撃されたクリーチャーは10d10ポイントの[ダメージと10d10ポイントの[強ダメージを受ける(反応難易度 34・半減)。この沸騰液の噴霧からダメージを受けたクリーチャーは(反応セーヴに成功したか否かに関係なく)、難易度 34の頑健セーヴに成功するか1ラウンドの間不潔な液体によって吐き気がする状態とならなければならない。この吐き気がする状態効果効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

身の毛のよだつ姿(超常)/Horrific Appearance チャヴァズヴァグの身の毛がよだつ姿に屈したクリーチャーは、突然強い熱に悩まされているかのように、体温の上昇を即座に感じる。難易度 28の意志セーヴに成功したクリーチャークリフォト・ロード身の毛のよだつ姿から効果を受けないが、失敗したクリーチャーはその体が燃えるようなまたはオレンジの色合いを帯びる。響を受けたクリーチャーは[効果に対するセーヴィング・スローに-4の永続的なペナルティを受け、[]に対する脆弱性を得る。クリーチャーの全ての形の[]に対する抵抗は、半分の利益となる(えば、[]に対する抵抗 30は、実質的に[]に対する抵抗 15として機能する)。クリーチャーが持つまたは後に獲得した全ての形の[]に対する完全耐性は抑制されるが、この場合、クリーチャーはこの身の毛のよだつ姿から他のペナルティを受けない。クリーチャーの副種別を持つ場合、この効果響を受けている限り、その副種別を失う。これは[精神作用、呪い効果である。

黄泉がえり(変則)Rejuvenation チャヴァズヴァグが殺害された場合、彼の精神アビスの聖域にある多くの沸騰する胆汁の湖の一つに射出され、そこで1d10日間に渡ってクリフォト・ロードの周囲に新しい身体が成長する。この期間中、チャヴァズヴァグは生態的には生きてはいるが、動けず、湖に浮かぶ以外のアクションをとることはできない。完全に再生するのに必要な1d10日が経過する前にこの新しい身体が殺害された場合、チャヴァズヴァグは永遠に殺害される(ただし、この沸騰した胆汁の湖には、危険クリフォトや、チャヴァズヴァグの身体を防衛し保護することができる他の怪物が跋扈していることに注意せよ)。この黄泉がえりの能は、ほとんどのクリフォト・ロードが持っている黄泉がえりと置き換える(231ページ参照); チャヴァズヴァグ追跡し簡単に永続的に殺害されるが、彼の黄泉がえりは多元宇宙のどこででも機能する。

焦熱する肉体(変則)/Searing Flesh 近接武器チャヴァズヴァグ攻撃する全てのクリーチャーは沸騰する物質の噴と、クリフォト・ロードの加熱した身体の接近から1d6ポイントの[ダメージを受ける。素手打撃または肉体武器チャヴァズヴァグ攻撃するクリーチャーは2d6ポイントの[ダメージを受ける。チャヴァズヴァグによって組みつき状態クリーチャーは、自身ターン開始に4d6ポイントの[ダメージを受ける。

デーモンの虐殺(変則)/Slaughter Demon チャヴァズヴァグデーモンに対する攻撃ロールダメージ・ロールに+4のボーナスを得、デーモンに対するクリティカル・ヒットが確定したときは×3のダメージを与える(デーモンの血統のティーフリングを含む)。チャヴァズヴァグデーモンを殺害したとき、1時間の間デス・ネル効果を得る。

汚れた復活(擬呪)/Tainted Resurrection チャヴァズヴァグリザレクション擬似呪文能力クリーチャー復活させると、生き返ったクリーチャー堕落し、属性混沌にして悪の方向へ1段階ずれる。クリーチャーは全てのクリフォト擬似呪文能力超常能力攻撃に対するセーヴィング・スローに-4のペナルティを受ける(このペナルティ永続的であるが、クリーチャー亡し、チャヴァズヴァグ以外の方法で復活した場合は取り除ける)。チャヴァズヴァグによって復活したクリーチャー憑依クリーチャー腐敗のテンプレ―トを得る(Pathfinder RPG Horror Adventures 250)。

チャヴァズヴァグは脂ぎってズルズルと這い進む腸と内蔵が高くそびえ立つ5本の細長いカミソリ上の先端まで先細っている塚のように見える。身震いする蜷局と、内臓のロープ震える大部分の身体にぶら下がっており、全体が熱を帯びて輝いている。這い進む獄”クローリング・インフェルノ/Crawling Inferno”として知られるこの巨大クリフォト・ロードが触れただけでをつけ、その存在はに対する完全耐性のあるクリーチャーを生きたまま燃やしてしまう。チャヴァズヴァグは身長50フィート、体重20,000ポンドである。

他のクリフォト・ロードとは異なり、チャヴァズヴァグはスポーンを生み出す罪深い魂ではなく、デーモンとのいに集中することを選択した。このことから、チャヴァズヴァグは定命の崇拝者に対してクリフォト・ロードとして知られるとは最も敵対的ではないが、それでもクリフォト・ロードは彼を崇拝する「下級の存在」の健康と繁栄に対して長期的には無関心なままである。

チャヴァズヴァグアビスの聖域アビスの深い巨大地下洞窟にある巨大クレーターが散らばった荒れである。これらのクレーターの多くは、胆汁と滲出液で満たされており、奇妙なクリーチャーが唸り、泡立つ熱気のある湖が沸騰している。新しいクレーターは何マイル者上の天井の一部として常に形成されており、に衝撃を与えるために急落下する。やがて、絶えず崩壊している天井は、はるか上部にいる他のデーモン領域盤沈下を引き起こしたり、アストラル界突入する可能性がある、あるいはその点で、チャヴァズヴァグの信者が神がを増して神格になると信じている。

チャヴァズヴァグの教団 Chavazug's Cult

チャヴァズヴァグ崇拝者たちへに這い進む獄”クローリング・インフェルノ/Crawling Inferno”として知られている。崇拝者たちはクリフォト・ロードを燃えるような消費物と巨大な再帰の守護者として崇拝している。チャヴァズヴァグの典型的な崇拝者にとって、予期せぬ自然発火ぬことほど完璧に近いものはないが、歎願者の燃える運命によって残された灰の中から恐ろしいモンスターが生まれるだけである。これらの崇拝者は、このような運命が奉仕の報酬であると信じており、自分でこのような発火を起こそうとはしない。チャヴァズヴァグ崇拝者は、孤独な狂人、放犯、サディストである傾向があり、焼き立てのの息苦しいりや、建物や森を焼き尽くすような大催眠的な輝きと同じくらい、無な犠牲者を燃やすことを楽しむ。チャヴァズヴァグの聖域は建物が燃え尽きた跡である――特にデーモンの崇拝がかつて行われていた建物の。

チャヴァズヴァグのシンボルは燃える触手ルーンであり、好む武器ヘヴィ・フレイルである。混沌安息の領域と灰、エントロピー、魂の副領域の使用権を与える。

クリフォト・ロード:イスフオウンヴァルン Qlippoth Lord, Isph-Aun-Vuln

人間ほどの大きさの煙の雲が凝縮し、のある口の周りに触手の塊とが形成される。

イスフオウンヴァルン 脅威度25 Isph-Aun-Vuln

出典 Bestiary 6 234ページ
経験点 1,638,400
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌他次元界非実体クリフォト
イニシアチブ +16; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイング〈知覚〉+40
オーラ クローク・オヴ・ケイオス難易度27)

防御

アーマー・クラス 44、接触32、立ちすくみ31(+1回避、+9反発、+12【敏】、+12鎧)
ヒット・ポイント 546(28d10+392); 再生15(秩序)
頑健 +34、反応 +27、意志 +31
防御的能 フリーダム・オヴ・ムーヴメント非実体強制効果反射魂の殻ダメージ減少 15/冷たい鉄および秩序完全耐性 [氷雪]、[即死]効果、[精神作用]効果、[]; 抵抗 [強]30、[雷撃]30、[]30; 呪文抵抗 36

攻撃

移動速度 飛行100フィート(完璧)
近接 噛みつき=+40接触破壊
特殊攻撃 自己破壊命令身の毛のよだつ姿難易度33)、陰湿な憑依有毒の嵐
擬似呪文能力術者レベル25; 精神集中+34)

クローク・オヴ・ケイオス難易度27)、タンズディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイングフリーダム・オヴ・ムーヴメント
回数無制限―グレーター・オブジェクト・ポゼッション難易度26)、グレーター・コマンド難易度25)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートチャーム・モンスター難易度23)、ディセクレイト(神)
3回/日―グレーター・ポゼッション難易度27)、ドミネイト・モンスター難易度28)、呪文高速化マインド・フォッグ難易度24)、呪文高速化マス・サジェスチョン難易度25)、ワールウィンド(神)難易度27)
1回/日―ウィッシュ(神)クリフォト招来
(神) イスフオウンヴァルン自身の聖域にいるとこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】―、【敏】35、【耐】38、【知】31、【判】28、【魅】29
基本攻撃 +28; 戦技ボーナス +40; 戦技防御値 60(足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》、《擬似呪文能力高速化:マス・サジェスチョンマインド・フォッグ》、《技能熟練:はったり》、《強行突破》《攻防一体》《神速の反応》《神速の反応強化》《戦闘発動》《鋼の意志》《鋼の意志強化》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+37、〈知識:神秘学、歴史地域貴族宗教〉+38、〈隠密〉+43、〈軽業〉+40、〈交渉〉+37、〈呪文学〉+38、〈真意看破〉+40、〈知覚〉+40、〈知識:次元界〉+41、〈はったり〉+46、〈飛行〉+51、〈魔法装置使用〉+37
言語 奈落語; テレパシー300フィート、タンズ

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3

特殊能力

破壊(超常)/Destruction イスフオウンヴァルン噛みつきは主要接触攻撃として解決される。クリフォト・ロードに噛まれたクリーチャー難易度 33の頑健セーヴに成功するか、1d6ポイントの【判断力】吸収と150ポイントの負のエネルギー・ダメージを受けなければならない。クリーチャーセーヴに成功すると1ポイントの【判断力】吸収と20d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを受けなければならない。このダメージによってクリーチャーが殺害された場合、その身体は即座に不浄なの中で消費され、所有物だけが残る。このように殺害されたクリーチャーを生き返らせる唯一の方法は、トゥルー・リザレクションか、ウィッシュ呪文の後にリザレクションまたはミラクルを続けて発動することがである。これは[即死]効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

自己破壊命令(変則)/Destructive Commands イスフオウンヴァルンが(魅了)または(強制)効果を介して魔法魔法で制御するとき、クリーチャーに自己破壊的またはクリーチャーの性質に反する命令を発行することがある。このような命令が発せられると、魔法で制御されたクリーチャーは該当の呪文効果難易度に対する意志セーヴを成功させることで命令に抵抗できるが、このセーヴに成功す効果は終了せず、イスフオウンヴァルンからの後のラウンドで同じまたは同様の命令を発せ用とする試みを防げない。

身の毛のよだつ姿(超常)/Horrific Appearance イスフオウンヴァルンの身の毛がよだつ姿に屈したクリーチャーは、クリフォト・ロード精神的支配に既に負けており、近づく以外何もできないと確信する。響を受けたクリーチャーフリーダム・オヴ・ムーヴメントと60フィートの飛行移動速度(完璧の機動性)を得る。これはイスフオウンヴァルンに接近するためのみに使用できる。響を受けるクリーチャーイスフオウンヴァルンに隣接すると、クリフォト・ロードに隣接している限り幻惑状態となる。この幻惑効果クリーチャーが隣接しなくなると即座に終了し、その点でイスフオウンヴァルンに近づくという衝動が戻る。イスフオウンヴァルンが存在しない場合、クリーチャーは自由に通常通り行動できるが、イスフオウンヴァルンがふたたび現れると、即座に接近する衝動も戻る。これは[精神作用](強制)かつ呪い効果である。魔法で取り除かれない場合、この呪いクリーチャーが24時間連続してイスフオウンヴァルンの存在の外にいた後のみ終了する。

陰湿な憑依(変則)/Insidious Possession イスフオウンヴァルン擬似呪文能力を介して物体またはクリーチャー憑依をしようとするプロテクション・フロム・イーヴルまたはグレーター・ディスペル・マジックを介してクリーチャー効果を与える類似の呪文効果を解呪しようと自動的に試みる。加えて、クリーチャーイスフオウンヴァルンポゼッション擬似呪文能力に対するセーヴィング・スローに失敗すると、クリフォトによって作成された精神作用効果に対する後の全てのセーヴィング・スローに-4のペナルティを受ける。この継続するペナルティ呪い効果である。

強制効果反射(変則)/Reflect Compulsion イスフオウンヴァルン精神作用効果に対する完全耐性を持つが、クリーチャー(強制)呪文または擬似呪文能力目標イスフオウンヴァルンをし、その効果呪文抵抗貫通できない場合、その効果は術者に反映される。イスフオウンヴァルンが術者であるかのように、(強制)呪文効果を扱うが、セーヴ難易度は変更されない。

魂の殻(超常)/Soul Shell イスフオウンヴァルンは常に支配または憑依している間に亡くなった無数のクリーチャーから魂の断片の渦に囲まれる。この渦はイスフオウンヴァルンに+12の鎧ボーナスを与え、遠隔接触攻撃をそらすのに役立つ。このクリフォト・ロードに対する遠隔接触攻撃はすべて50%の失敗確率を持つ。魂の殻非実体クリーチャーとして固体の物体移動するイスフオウンヴァルンの能を妨げない。

有毒の嵐(超常)/Toxic Storm 1d4ラウンドに1回標準アクションとして、イスフオウンヴァルン自身の周りに強ハリケーンを発生させることができる。この爆発は、クリフォト・ロードから半径120フィートの外側に、またはイスフオウンヴァルンが選択したように内側に向かって吹く。Pathfinder RPG Core Rulebookの439ページに記載されている台の強で説明されているように、クリーチャー響を及ぼす。爆発は1ラウンドの間継続する。この邪は非常に有毒であり、有毒に曝されたすべてのクリーチャーは以下の効果を受ける。効果セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

イスフオウンヴァルンの風/Winds of Isph-Aun-Vuln:有毒の嵐接触型; セーヴ頑健難易度38; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d6【判】ダメージ、加えて混乱状態1ラウンド治癒 2回連続のセーヴ成功。

イスフオウンヴァルンは、大きな歯の生えた顎の周りに配列された人間サイズの渦巻く触手の塊のように見える。この触手は現実に出入りし、気化したもの以上のものとして完全に存在することはないが、非物質的な形態と比較的小さいサイズにもかかわらず、イスフオウンヴァルンクリフォト・ロードの中で最も強な存在である。他のクリフォトサイズと強さで敵を圧倒するのに対し、イスフオウンヴァルンはより破壊的で繊細なアプローチを選び、他人の憑依精神的制御をすることで、罪を犯す能を持つ全てのクリーチャーを虐殺するという目標を達成するーー他の世界のすべての自由意志を持つ定命の者を。使いみちのない者を貪りくらい、魂の断片を気化して熱した利品のように身に着けている――イスフオウンヴァルンが宇宙から自由意志を排除することに成功した場合、そのような運命をたどることとなる。

イスフオウンヴァルンの教団 Isph-Aun-Vuln's Cult

イスフオウンヴァルンはおそらくクリフォト・ロードの中で最も強な存在であるため、彼女の教団が物質界全体の何百ものことなる世界の定命の者の中で最も広まっていることは驚くに値しないだろう。主催/Feaster Withinとして知られることが多いイスフオウンヴァルンに敬意を表する者の多くは、崇拝する実体の種類を完全に知ることなく崇拝し、カリスマ的で狂った教団の指導者の命令に従うだけである。多くの場合その指導者は、イスフオウンヴァルンによって支配されているか、そうでなければ精神的に制御されているため、以前の個性のすべてを失っている事が多い。イスフオウンヴァルン崇拝者たちは、そびえ立つ断や険しいにさらされた山頂に腰掛けて立っている意志の中で彼女の崇拝し、亜神への生贄は一般的に魔法を使って犠牲者をに投げ込み、そこでからの支援を受けて下方の大への落ち壊れて破滅する。

イスフオウンヴァルン聖印は、触手の雲の中のルーンであり、好む武器ロングボウである。混沌欺きの領域と騙し、恐怖有毒疾風の副領域の使用権を与える。

クリフォト・ロード:オウアオオウン Qlippoth Lord, Oaur-Ooung

この触手の怪物の側面――クラゲらしき部分、キノコの森の一部――は不透明な脈打つ泡で膨れている。

オウアオオウン 脅威度23 Oaur-Ooung

出典 Bestiary 6 236ページ
経験点 819,200
混沌にして悪超巨大サイズ来訪者水棲混沌他次元界クリフォト
イニシアチブ +12; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイング〈知覚〉+35
オーラ クローク・オヴ・ケイオス難易度24)

防御

アーマー・クラス 40、接触14、立ちすくみ32(+26外皮、-8サイズ、+4反発、+8【敏】
ヒット・ポイント 481(26d10+338); 再生15(秩序)
頑健 +32、反応 +27、意志 +18
防御的能 フリーダム・オヴ・ムーヴメント反応的スウォームダメージ減少 15/冷たい鉄および秩序完全耐性 [氷雪]、[即死]効果、[精神作用]効果、[]; 抵抗 [強]30、[雷撃]30、[]30; 呪文抵抗 34

攻撃

移動速度 20フィート、飛行60フィート(良好)、水泳80フィート
近接 叩きつけ=+35(6d6+17/19~20、加えて“”)、触手(×6)=+30(2d8+8/19~20、加えて“つかみ”、および“”)
接敵面 60フィート、間合い 60フィート(加えて”壮大な間合い”)
特殊攻撃 水ぶくれ締めつけ(2d8+17、加えて“”)、同族作り身の毛のよだつ姿難易度29)
擬似呪文能力術者レベル23; 精神集中+29)

クローク・オヴ・ケイオス難易度24)、ディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイングフライフリーダム・オヴ・ムーヴメント
回数無制限―クラウドキル(神)難易度21)、グレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートコントロール・ウォーターディセクレイト(神)ブラック・テンタクルズ(神)
3回/日―ヴォーテックス難易度23)、コントロール・プランツ難易度24)、呪文高速化ヒール(神)ホリッド・ウィルティング(神)難易度24)、{プランダード・パワー
}(難易度23)
1回/日―クリフォト招来ツナミ(神)難易度25)
(神) オウアオオウン自身の聖域にいるとこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】44、【敏】27、【耐】36、【知】21、【判】23、【魅】22
基本攻撃 +26; 戦技ボーナス +51(突き飛ばし+53); 戦技防御値 73(対突き飛ばし75、足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》、《擬似呪文能力高速化:ヒール》、《強打》《クリティカル強化:叩きつけ触手》、《クリティカル熟練》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《上級渾身の一打》《突き飛ばし強化》《ふっとばし攻撃》《迎え討ち》《よろめき化クリティカル》
技能 〈隠密〉+21、〈呪文学〉+31、〈真意看破〉+35、〈水泳〉+54、〈知覚〉+35、〈飛行〉+44、〈知識:神秘学、地理自然次元界宗教〉+34
言語 奈落語; テレパシー300フィート
その他の特殊能力 水陸両生収縮巨躯スウォーム体得

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3

特殊能力

水ぶくれ(超常)/Blisterwomb 1日1回標準アクションとして、オウアオオウン自身の体にある巨大で脈打つ水ぶくれの1つを噴出させることができる。これは、30フィートの円錐形に20d6ポイントの[氷雪]ダメージを与え、エリアに立つクリーチャー伏せ状態となる凍った流動体を作り出す。難易度 36の反応セーヴに成功すると、クリーチャー半減ダメージを受け、伏せ状態を回避する。同脅威度20遭遇に相当する、完全に成長した無数のクリフォト水ぶくれから成長する――典型的には4体のカタボリグネで構成されるが(225ページ参照)、オウアオオウンはこの能で望むだけクリフォト作成できる。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

同族作り(超常)/Create Spawn 1ラウンドに1回、叩きつけ攻撃で生きている非来訪者を殺害すると、オウアオオウンはその殺害したクリーチャークリフォト変身させることができる。作成するクリフォト脅威度は殺害されたクリーチャー脅威度-2いかでなければならないが、それ以外の新しいクリフォトの性質はオウアオオウンが選択する。作成された新しいクリフォトは自由意志を持ち、以前の人生の記憶を保持していない。この受けて殺害されたクリーチャー難易度 29の意志セーヴに成功することで、変化に抵抗することができる。セーヴに失敗すると、その殺害されたクリーチャーは、生み出されたクリフォトが殺害されるまで、そしてミラクルトゥルー・リザレクションウィッシュを介してのみ生き返ることができる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

身の毛のよだつ姿(超常)/Horrific Appearance オウアオオウンの身の毛がよだつ姿に屈したクリーチャー巨大クリフォト・ロードの視野とサイズ圧倒され、昏睡状態に陥る。伏せ状態となることに加え、犠牲者は1d6ラウンドの間幻惑状態となる。毎ラウンド、犠牲者は幻惑状態のままで、1d4ポイントの【耐久力】ダメージを受ける。このダメージによってクリーチャーが殺されると、その体が裂けて開き、新しいクリフォトが遺体から現れる(目標脅威度以下の脅威度クリフォトが)。

巨躯(変則)/Massive オウアオオウンは不均一な地面その他環境的な特徴のある移動困難な地形によって妨げられないが、集落や森林帯は彼女にとって移動困難な地形とみなされる。超大型かそれより小さなクリーチャーは、オウアオオウンが占めるマスを自由に移動することができ、逆も同様である。同様に、カイジューとは異なり、オウアオオウンはあらゆるサイズ野的に対して機会攻撃を行うことができ、あらゆるサイズの敵によって挟撃される。マス全体が目標よりも高い位置にある場合にのみ、高い位置にいることに対するボーナスを得る。超大型またはそれより小さいクリーチャーオウアオオウンに登ることができるが、これには難易度 30の〈登攀〉に成功する必要がある。

(超常)/Poison 叩きつけ触手、または“締めつけ”―致傷型:セーヴ 頑健難易度36; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d4【耐】吸収治癒 2回連続のセーヴ成功。このによって殺害されたクリーチャーは分割して新しいクリーチャーの同族を作る(オウアオオウンによって選択された種別の、脅威度は犠牲者の脅威度以下)。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

壮大な間合い(変則)/Prodigious Reach 1ラウンドに1回割り込みアクションとして、オウアオオウンは中心にある触手を広げ、叩きつけ攻撃で600フィート以内にいる見ることができるクリーチャー攻撃することができる。この攻撃機会攻撃にも使用できる。通常の60フィートの間合いを超えて敵に組みつくことはできない。

反応的スウォーム(変則)/Reactive Swarms 1ラウンドに1回、クリーチャー近接武器オウアオオウン攻撃すると、彼女のが裂け、群がる吐き気を催す噴を放つ。この群れは6d6ポイントのダメージを与え、攻撃者は難易度 36の頑健セーヴに成功するか、1d4ラウンドの間吐き気がする状態とならなければならない。これはオウアオオウンアクションは必要ない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

スウォーム体得(変則)/Swarm Mastery オウアオオウンスウォームダメージ完全耐性を持ち、スウォーム攻撃によってわずらわされない。

巨大オウアオオウンクリフォトと定命の者の争のために、恐ろしく他山な兵士の源である。アビスクリフォト大群が出現するのはこのクリフォト・ロードからである。万が一の出来事によって、オウアオオウン永続的に倒された場合は、アビスによるクリフォトの生産は完全には止まらないが、顕著な量で減少していく――少なくともアビスが、殺害されたクリフォト・ロードの代わる、同じように下劣で不潔な替えを生み出すまでは。

オウアオオウンアビスの聖域は海岸線のないまみれの海洋である。そのあちこちの真っな深い部分で、没した山の山頂が荒れ狂う界面を求めて無駄にを伸ばし、広大な海洋を泳ぎ回るリヴァイアサン達がいるここで。オウアオオウンはそこの中では最大であるが、自身のために居住地を残さず、大小様々なクリフォトを産み出し永遠の海洋で漂流させていることに満足する。一部は溺死し、一部かオウアオオウンが消費するが、危機と海の深さから逃れて、アビスの他の領域へ、多くの場合渦をかき乱して他の領域移動する。

折、オウアオオウン水ぶくれから産まれたクリーチャーは特に強である; アビスデーモン・ロードの少なくとも一柱が、オウアオオウンから出現したクリフォト・ロードとして存在し始めたと噂されている。最近オウアオオウンを見た(そして生き残った)者は、前のないサイズ水ぶくれが脇腹に沸騰していると主張し、彼女が巨大を生み出そうとしていることを示唆している。アビスへのこの新しい追加物とはなにか、それがどのような姿を取るかは不明であるが、それは確かに数え切れない世界で定命の者の人生で前兆である。

オウアオオウンの体長は120フィートであるが、中心の触のような茎は数マイル先まで伸びて、注意を引いたという明らかな不幸を持つクリーチャーに向かって怒りをぶつけることができる。

オウアオオウンの教団 Oaur-Ooung's Cult

オウアオオウン崇拝者は1つのことにとりつかれる傾向がある:クリフォト変身したいという圧倒的な欲望に。彼らの欲望は恥から生まれるものではないので、この崇拝者は哀れに思われるべきではない。彼らはクリフォトが勝利し、この破壊的な存在の1つへ早期の変身を確保することによって、彼らが最終的にすべての現実に取って代わる事がわかっている世界で生きることを信じている。彼らが自身の定命の記憶や人格を一切保持しないということは、他のが保持しない一方で何らかの形で生き延びる限りこれらの人々にとっては何の抑止にはならない。多くのものはすでに種族のアイデンティティを放棄し、元の文化を否定式、魔法や外科的改造を追求している。オウアオオウンは荒涼とした海岸線やヒビが入ったり沈没した舟の廃墟の中で崇拝されており、彼女への犠牲はしばしば彼らの身体が忠実な信者を「進化」させて崇拝者の敵を消費するように設計された邪なフレッシュウォーム化の儀式のための不浄な構成品となる。

オウアオオウン聖印はクラゲ型のルーンであり、好む武器トライデントである。このクリフォト・ロードは、混沌植物水の領域と、腐敗恐怖、成長、大海の副領域の使用権を与える。

クリフォト・ロード:サスクチューン Qlippoth Lord, Thuskchoon

このナメクジのようなクリーチャーは、どこに行ってもタールの跡を残し、上半身は隙間のある汚泥の滴る口に繋がっている。

サスクチューン 脅威度21 Thuskchoon

出典 Bestiary 6 238ページ
経験点 409,600
混沌にして悪巨大サイズ来訪者混沌他次元界クリフォト
イニシアチブ +14; 感覚 暗視60フィート、ディテクト・グッドディテクト・ロー振動感知120フィート、トゥルー・シーイング〈知覚〉+36
オーラ クローク・オヴ・ケイオス難易度23)

防御

アーマー・クラス 37、接触21、立ちすくみ26(+1回避、+16外皮、-4サイズ、+4反発、+10【敏】
ヒット・ポイント 396(24d10+264); 再生15(秩序)
頑健 +23、反応 +28、意志 +27
防御的能 フリーダム・オヴ・ムーヴメントダメージ減少 15/冷たい鉄および秩序完全耐性 [強]、[氷雪]、[即死]効果、[精神作用]効果、[]; 抵抗雷撃]30、[]30; 呪文抵抗 32
弱点 ほぼ精神を持たない

攻撃

移動速度 40フィート、穴掘り20フィート、飛行60フィート(良好)
近接 噛みつき=+33(6d8+13/19~20、加えて2d6[強]、および“つかみ”)、鉤爪=33(×4)(2d6+13)
接敵面 20フィート、間合い 20フィート
特殊攻撃 ブレス攻撃(120フィートの直線状、20d10[強ダメージ反応難易度33・半減、1d4ラウンド毎に1回)、高速飲み込み身の毛のよだつ姿難易度27)、飲み込み(10d6殴打ダメージ、10d6[強ダメージ、および1d6【知力】ダメージアーマー・クラス18; ヒット・ポイント39)
擬似呪文能力術者レベル21; 精神集中+26)

クローク・オヴ・ケイオス難易度23)、ディテクト・グッドディテクト・ロートゥルー・シーイングフライフリーダム・オヴ・ムーヴメント
回数無制限―アシッド・フォッググレーター・ディスペル・マジックグレーター・テレポートスロー(神)難易度18)、ディセクレイト(神)ブラインドネス/デフネス(神)難易度17)
3回/日―ヴィジョンウェイヴズ・オヴ・イグゾースチョン呪文高速化スロー難易度18)、パワー・ワード・ブラインド(神)フォアサイト(神)マス・ハンガー・フォー・フレッシュ難易度21)
1回/日―インプリズンメント難易度24)、クリフォト招来
(神) サスクチューン自身の聖域にいるとこの能神話版を使用できる。

一般データ

【筋】36、【敏】30、【耐】33、【知】3、【判】28、【魅】21
基本攻撃 +24; 戦技ボーナス +41(突き飛ばし+43); 戦技防御値 66(対突き飛ばし68、足払いされない)
特技 《イニシアチブ強化》《回避》、《擬似呪文能力高速化:スロー》》、《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《クリティカル熟練》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《突き飛ばし強化》《ふっとばし攻撃》《迎え討ち》《盲目化クリティカル》
技能 〈知覚〉+36、〈飛行〉+45
言語 奈落語(話せない); テレパシー300フィート
その他の特殊能力 絡みつく酸偽りの知性知性の閃光無呼吸タール前進

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体(固有の存在)
宝物 ×3

特殊能力

絡みつく酸(変則)/Entangling Acid サスクチューン攻撃または能変則超常能力擬似呪文能力のいずれか)から[強ダメージを受けるクリーチャーはこのクリフォト・ロードが生成する濃厚な粘着性のに絡まる。フリーダム・オヴ・ムーヴメントはこの絡みつく効果を防ぐ; それ以外の場合、キャラクターがの泥を剥がして捨てるまで持続する; そうすることは難易度 20の【筋力】判定を必要とする。そうすることを試みることは機会攻撃を誘発する標準アクションである。

偽りの知性(超常)/False Intellect サスクチューン飲み込みを介して【知力】ダメージを与える各ラウンドで、クリフォト・ロードはその消化された知性を使用して、そのラウンドで与えられた【知力】ダメージ1ポイント毎に1ラウンドの間、知性の閃光の利益を得ることができる。この持続時間は、サスクチューンが複数のクリーチャーを飲み込んだ場合、または【知力】ダメージが1ラウンド以上継続する場合に累積する。

身の毛のよだつ姿(超常)/Horrific Appearance サスクチューンの身の毛がよだつ姿に屈したクリーチャーは、現実であるかもしれないしそうでないかもしれない恐ろしい記憶で心を溢れさせ、抑圧している恐怖を解き放ち、サスクチューンという怪物の存在によって意識にもたらされる。多くの場合、これらの記憶は、種族的記憶と過去の人生のフラッシュの奇妙な組み合わせである。犠牲者はまた遺伝的復帰を経験する。犠牲者は即座にフィーブルマインド響を受け(呪文に従って)、身体は変形しひどく捻じれる。ミュータントテンプレートPathfinder RPG Bestiary 5の180ページ)から得た畸形のリストから選択して(またはランダムに)、犠牲者に適用する。または、犠牲者の身体的能力値の1つを4ポイント減少させる(この減少に色味を加えるために、適切な容姿の残虐行為を考える)。フィーブルマインド効果はその状態を取り除く効果によって通常治癒することができるが(詳細呪文の説明欄を参照せよ)、ミュータント永続的なものであり、ミラクルウィッシュ呪文を介すか、とその後の復活によってのみ取り除くことができる。サスクチューンの身の毛がよだつ姿は【知力】が1または0のクリーチャーには効果がない。

知性の閃光(変則)/Intellectual Flash サスクチューン戦闘に入ると、ラウンド毎に累積する20%の確率で知性の閃光を受信する。クリフォト・ロード戦闘開始にこの閃を確認する。この確率で成功した場合、そのラウンドでは、サスクチューンほぼ精神を持たない弱点を失い、擬似呪文能力を自由に使用することができ、典型的な人間と同じように戦闘の戦略をとることができるようになる。そのラウンド中、サスクチューンは+20の洞察ボーナスを得て未習得の〈知識〉判定を試みることができる(【知力】が3でありー4のペナルティを保持しているため、このラウンドでは+16のボーナス〈知識:神秘学、地理自然次元界宗教〉を行うことを意味する)。次のラウンドでは、知性戦闘が発生する可能性は0%に減少するが、その後の各ラウンドで20%に増加する。

ほぼ精神を持たない(変則)/Nearly Mindless サスクチューンの限度のある知性圧倒的な腹が組み合わさり、彼の行動はほぼ知性のないクリーチャーとなっている。知性の閃光を使用するか、偽りの知性の利益を無い限り、いかなる擬似呪文能力起動することもできず、戦闘における戦術の選択肢は暴的な動物のものである。ほぼ精神を持たない状態の間に、サスクチューンは[精神作用]効果に対する全てのセーヴィング・スローに+8のボーナスを得る。

タール前進(変則)/Trailing Tar 基本移動速度を使用して移動するときは粘着性のあるタール状の泥の厚い膜を発する。この基本移動速度を使用して通り過ぎたマスは1時間の間移動困難な地形に代わる。フリーダム・オヴ・ムーヴメントはこの粘着性のある形を自由に移動できるようにし、万能溶剤はタールの5四方フィートのマスを浄化できる。該当の呪文効果6レベル以上あれば、汚物や骸の領域を浄化する呪文効果も、この移動困難な地形を取り除くことができる。

詳細

全てのクリフォト・ロードが、ほとんどの定命の精神を上回る異人の知性を持っているわけではない。サスクチューンの場合、クリフォト・ロード知性は、ほぼ完全に貪欲な食欲と食事に取って代わっている。折、クリフォト・ロード洞察のひらめきを得て、現実の広大なパズルを一瞬で理解するが、その短い洞察は即座に消えてしまう。サスクチューン獲物を食べるとこの洞察の期間は長くなる。なぜならば、消化するのと同に思考を消化し、的を持って行動するために犠牲者の精神に規制することができるからである。

サスクチューンアビスの聖域は、アビスの深淵を通って曲がった、他の栗度との全てではないにしても殆どを結んでいるトンネルの広大な洞窟である。彼がこの洞窟の迷路時間を過ごすことはめったに無いが、代わりに彼の永遠の飢えを食い止めるために、何かを絶えず探し求めてアビスの深淵をあてもなく彷徨っている。折、クリフォト・ロードはポータルを通過して他の次元界自身熱狂を運び込み、そこで追放されるか殺害され、聖域の心の中から新たに放浪を始めることを呼びなくされるのは時間の問題である。

サスクチューンは全長40フィート、体重16,000ポンドである。

サスクチューンの教団 Thuskchoon's Cult

サスクチューン崇拝者たちは、クリフォト・ロードを大食漢/Everglutton とよんでおり、彼のほぼ精神を持たず、一定の飢えを称えている。この変わったクリフォト・ロード崇拝者たちは、意図的な報酬の方法をあまり期待していない一方で、信仰の核心部分は、サスクチューンが特に知性によって動いていないことを認めるものである。彼が明らかにした秘密は強で、世界を揺るがしているが、それは偶然の啓示である――大食漢が創造物の中を歩き回っているときに、跡に残した破壊行する状況の響である。サスクチューンの寺院は大きな洞窟や廃墟となった建物を改造しているが、教団は遊牧であり、長い間一箇所に留まることはない。このクリフォト・ロードの教団の指導者は常に新しい地域の野蛮化と破壊のビジョンに悩まされているが、数年の間その地域に定住することもある。これらの場合、彼らは恐ろしい絵文字を刻み始め、アビス祈りを一的な社を構成するに刻む傾向がある。クリフォト・ロード自身消化された犠牲者の精神から一瞬の洞察を得るのと同じように、教団員は常に新しい薬や特殊な摂取品を求めて、奇妙なビジョンやあえて質問していない思いがけない質問への答えが得られることを期待して餌を与える。

サスクチューン聖印は歯のある三形のルーンであり、好む武器グレートクラブである。混沌破壊知識の領域災害、エントロピー、激怒思考の副領域の使用権を与える。

クリフォト:ウトゥク Qlippoth, Utukku

くねくね曲がった巻きひげが顔のあるべきこのクリーチャーの1つのを囲み、吸盤のような触手が肩から伸びている。

ウトゥク 脅威度8 Utukku

出典 Bestiary 6 230ページ
経験点 4,800
混沌にして悪/中型サイズ来訪者混沌他次元界クリフォト変身生物
イニシアチブ +9; 感覚 暗視60フィート; 〈知覚〉+17

防御

アーマー・クラス 21、接触15、立ちすくみ16(+6外皮、+5【敏】
ヒット・ポイント 103(9d10+54)
頑健 +9、反応 +11、意志 +11
ダメージ減少 10/冷たい鉄または秩序完全耐性 [氷雪]、[精神作用]効果、[]; 呪文抵抗 19

攻撃

移動速度 30フィート
近接 叩きつけ(×2)=+16(2d6+7、加えて“人間性消費”)、または接触=+16(人間性消費
特殊攻撃 人間性消費身の毛のよだつ姿難易度18)
擬似呪文能力術者レベル8; 精神集中+12)

ノンディテクション
8回/日―死の調伏(1d4+4)、なだめの手(1d6+8)
3回/日―エイドエンスロール難易度16)、キュア・モデレット・ウーンズメジャー・イメージ難易度17)
1回/日―クリエイト・フード・アンド・ウォータープレイン・シフト自身のみ)、マス・キュア・ライト・ウーンズ

一般データ

【筋】25、【敏】20、【耐】23、【知】18、【判】21、【魅】18
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +16; 戦技防御値 31
特技 《欺きの名人》《イニシアチブ強化》《技能熟練:隠密》、《踏み込み》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+20、〈交渉〉+13、〈呪文学〉+16、〈真意看破〉+17、〈知覚〉+17、〈はったり〉+18、〈変装〉+18、〈知識:次元界宗教〉+16、〈魔法装置使用〉+16
言語 奈落語、天界語、共通語; テレパシー100フィート
その他の特殊能力 変身人間性消費目標オルター・セルフ)、偽りの預言者共同体治癒)、癒し手の祝福結束力(1回/日)

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず(奈落界アビス
編成 単体、またはカルトウトゥク1、加えて狂信者2~20)
宝物 ×2

特殊能力

人間性消費(超常)/Consume Humanity ウトゥク叩きつけ攻撃人型生物に当てると、そのクリーチャー人間性の一部を吸い上げ、犠牲者をねじ曲がらせ変形させる。犠牲者は難易度 18の頑健セーヴに成功するか、1d4ポイントの【魅力】吸収を受けなければならない。ウトゥクは代わりに接触攻撃として人間性消費を使用できる。形状変化はこの能を使用した最後の人型生物外見を変えることにのみ使用できる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

偽りの預言者(超常)/False Prophet ウトゥク脅威度に等しいレベルクレリックとして2つの領域の能を与える使用権を得る(典型的なウトゥク8レベル)。以下から領域を選択する:共同体治癒高貴守護安息。一部のウトゥクは異なる領域の使用権を持っている。

身の毛のよだつ姿(超常)/Horrific Appearance ウトゥクの身の毛がよだつ姿に屈したクリーチャーは1d4ラウンドの間よろめき状態となる。

ウトゥクは定命の人生のサイクルから罪深い魂を取り除く質な方法を専としている。ウトゥクカルトを構築するとき、彼らがその教えに従うのならば、強来訪者への変化によってではなく、大いなる彼方自体への同化によって報われることを信者に教える。現実の基礎的な部分として不死であること以上の栄とは何か?敬虔ウトゥクカルトン信者の魂は、人生で邪破壊的であり、裁かれたときに来訪者変身するにではなくアビスと融合する新しい神髄に変化する。このようにして、これらの魂はアビス強化すると同に、数を増やすために必要な新しい魂のデーモンを植えさせる。

真の姿では、ウトゥクは身長7フィート、体重200ポンドである。

全文検索 目的別索引