フォールン

フォールン Fallen

この幽のような十字軍は、地面のすぐ上に浮かんでいるが、その的な外見にも関わらず、鎧と武器はしっかり物理的なもののように見える。

フォールン 脅威度8 Fallen

出典 Bestiary 6 126ページPathfinder #75:Demon's Heresy pg. 90
経験点 4,800
秩序にして悪/中型サイズアンデッド(非実体)
イニシアチブ +3; 感覚 非視覚的感知60フィート、暗視60フィート; 〈知覚〉+17

防御

アーマー・クラス 22、接触17、立ちすくみ19(+1、+4反発、+3【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 93(11d8+44)
頑健 +7、反応 +6、意志 +10
防御的能 エネルギー放出に対する抵抗+4、非実体黄泉がえり完全耐性 アンデッドの種別特性抵抗 [強]5、[]5
弱点 光に過敏

攻撃

移動速度 飛行30フィート(良好)
近接 ロングソード=+11/+6(1d8[場]/19~20、加えて2d6負のエネルギー、および“絶望”)、ライト・シールド=+13(1d3[場]、加えて2d6負のエネルギー、および“絶望”)
遠隔 ロングボウ=+11/+6(1d8[場]/×3、加えて2d6負のエネルギー、および“絶望”)
特殊攻撃 絶望のエージェント非埋葬の呪い霊の武装墓場の接触
擬似呪文能力術者レベル12; 精神集中+16)

3回/日―ディーパー・ダークネステレキネシス難易度19)

一般データ

【筋】―、【敏】16、【耐】―、【知】13、【判】17、【魅】18
基本攻撃 +8; 戦技ボーナス +15; 戦技防御値 25
特技 《攻防一体》《盾攻撃強化》《盾のぶちかまし》《致命的な狙い》《二刀流》《武器熟練:ロングソード
技能 〈威圧〉+18、〈真意看破〉+17、〈生存〉+14、〈知覚〉+17、〈知識:宗教〉+10、〈飛行〉+15
言語 共通語

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、戦隊(2~6)、または 小隊(7~16)
宝物 なし

特殊能力

絶望のエージェント/Agent of Despair(超常) フォールン攻撃ダメージを受けたクリーチャー難易度 19の意志セーヴに成功するか恐怖に対するセーヴィング・スローに-4のペナルティを受けなければならない。クリーチャー恐怖に対する完全耐性を持ち、このセーヴに失敗した場合、その完全耐性は一的に抑制される。この効果フォールンから受けたダメージが残っている限り継続する。これは[呪い効果である。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

非埋葬の呪い/Curse of the Unburied(超常) 1日1回、フォールンは30フィート以内の、神格フォールンの遺を見つけて埋葬を行うためにアンデッド作成判定している神格の、善属性クレリックパラディンウォープリーストを呪うことができる。目標難易度19の意志セーヴに成功するか、各能力値に-2のペナルティを受けなければならない。各日、目標は新しいセーヴィング・スローを試みることができる; 成功すると、目標はその能力値に追加の-2のペナルティを発生させなくする。この効果によって能力値を1未満に減少させることはできない。フォールンの葬儀の儀式が完了すると即座に能力値ペナルティは取り除かれる。目標は儀式を自分だけで完了する必要はないが、儀式が行われたことを確認する責任がある。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

霊の武装/Phantom Armaments(超常) フォールン武器と鎧は、場で形成されており、フォールンは物理的な攻撃を行い、保護するための鎧を着用することができる。この装備は、武器落とししたりフォールから取り除かれたりすることはできない。フォールンロングボウから射出された矢は、目標ダメージを与えた後消える。フォールン近接攻撃を使用する攻撃ロール戦技判定【魅力】修正値に等しいボーナスを得る。

黄泉がえりRejuvenation(超常) フォールンんだ場所と結びついている。フォールン永続的に破壊され、少なくとも1分間は継続する葬儀がんた場所または上の遺跡の上で行われると、その魂が解放される。そうでない場合、フォールンは最初にんだ場所で、破壊されてから2d4日後に蘇る。

墓場の接触/Touch of the Grave(超常) フォールンの全ての近接攻撃遠隔攻撃は、生きている目標に追加の2d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを与える(これは攻撃したアンデッド目標治癒しない)。

正義の十字軍が後への世界の道を断たれた、そのフォールンとして蘇ることができる――アンデッドは自分たちの信念の挫折の腐敗の中で、すべての生命に対する十字軍を実行するために駆り立てられた。アンデッドクリーチャー戦闘で倒れることは、その魂を悩ませている最大の失望であり続ける。憎しみと羞恥心に駆り立てられて、フォールンは最後の儀式を行うことで自分たちの惨めさを終わらせてくれる誰かを求めて場や荒野を彷徨う。

全文検索 目的別索引