エルダー・ワーム

エルダー・ワーム Elder Wyrm

この巨大な、2つのを持つは、6本足ののような体をしており、その先には鞭のようにくねくねと動くしっぽが付いている。

エルダー・ワーム 脅威度24 Elder Wyrm

出典 Bestiary 6 108ページ
経験点 1,228,800
真なる中立超巨大サイズ
イニシアチブ +16; 感覚 暗視300フィート、夜目鋭敏嗅覚トゥルー・シーイング〈知覚〉+49
オーラ 畏怖すべき存在(300フィート、難易度33)

防御

アーマー・クラス 42、接触14、立ちすくみ30(+28外皮、-8サイズ、+12【敏】
ヒット・ポイント 528(32d12+320); 高速治癒20
頑健 +28、反応 +30、意志 +24
ダメージ減少 20/エピック; 完全耐性 [強]、[恐怖]睡眠石化、[呪い]、麻痺、(魅了)、[雷撃]; 抵抗 [音]30、[]30、[氷雪]30; 呪文抵抗 35

攻撃

移動速度 50フィート、登攀50フィート、飛行250フィート(貧弱)、水泳50フィート
近接 噛みつき(×2)=+40(4d8+16/19~20、加えて“神話を呑むもの”)、(×2)=+40(2d8+16)、尾の打撃(×2)=+35(4d6+8/19~20)
接敵面 30フィート、間合い 30フィート
特殊攻撃 尾の衝撃かきむしり噛みつき×2、4d8+16、加えて“神話を呑むもの”)、神殺し高速尾の打撃同期攻撃ブレス攻撃
擬似呪文能力術者レベル20; 精神集中+27)

トゥルー・シーイング
1回/ミラクル

修得ソーサラー呪文術者レベル20; 精神集中+27)

9レベル(6回/日)―タイム・ストップドミネイト・モンスター難易度26)、フォアサイト
8レベル(6回/日)―グレーター・プライング・アイズサンバースト難易度25)、メイズ
7レベル(7回/日)―グレーター・アーケイン・サイトグレーター・スクライング難易度24)、グレーター・テレポート
6レベル(7回/日)―シャドウ・ウォーク難易度23)、ディスインテグレイト難易度23)、マス・サジェスチョン難易度23)
5レベル(7回/日)―ウォール・オヴ・フォースコーン・オヴ・コールド難易度22)、フィーブルマインド難易度22)、ホールド・モンスター難易度22)
4レベル(7回/日)―アーケイン・アイストーン・シェイプディメンジョン・ドアビストウ・カース難易度21)
3レベル(8回/日)―クレアオーディエンス/クレアヴォイアンスディスペル・マジックヘイストレイ・オヴ・イグゾースチョン難易度20)
2レベル(8回/日)―インヴィジビリティウィスパリング・ウィンドグリッターダスト難易度19)、ブラーミラー・イメージ
1レベル(8回/日)―アラームアンシーン・サーヴァントエクスペディシャス・リトリートコンプリヘンド・ランゲージズシールド
0レベル(回数無制限)―アーケイン・マークゴースト・サウンド難易度17)、ダンシング・ライツディテクト・マジックブリード難易度17)、プレスティディジテイションメイジ・ハンドメッセージリード・マジック

一般データ

【筋】43、【敏】34、【耐】30、【知】17、【判】22、【魅】25
基本攻撃 +32; 戦技ボーナス +56; 戦技防御値 78(対足払い86)
特技 《イニシアチブ強化》《鋭敏感覚》《かすめ飛び攻撃》《強打》《クリティカル強化:噛みつき尾の打撃》、《渾身の一打》《渾身の一打強化》《呪文威力強化》《呪文高速化》《上級渾身の一打》《上級抵抗破り》《秘術の打撃》《踏み込み》《ホバリング》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+42、〈軽業〉+44、〈交渉〉+42、〈呪文学〉+38、〈真意看破〉+45、〈水泳〉+24、〈知覚〉+49、〈知識:神秘学〉+38、〈登攀〉+24、〈はったり〉+42、〈飛行〉+0、〈魔法装置使用〉+42; 種族修正 +4〈知覚〉
言語 奈落語、アクロ語、共通語、地下共通語、獄語、天界語、
その他の特殊能力 信じがたい考察

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体
宝物 ×3

特殊能力

ブレス攻撃(超常)/Breath Weapon エルダー・ワームはそれぞれが1d4ラウンド毎に1回、ブレス攻撃を放つことができる。1つブレス攻撃は500フィート直線状の電で、20d10ポイントの[雷撃ダメージを与える(反応半減難易度36)。2つは半径250フィート円錐形腐食性ガスで、20d10ポイントの[強ダメージを与える(頑健半減難易度36)。エルダー・ワームが両方のブレス攻撃を同に使用した場合――信じがたい考察によるアクション待機など――、電荷がガスを爆発させる。[強ダメージや[雷撃ダメージの代わりに、この爆発は半径250フィート円錐形にいるすべてのクリーチャーに40d10ポイントの[ダメージを与える。続いて行う難易度36の反応セーヴに成功しなければ、ダメージを受けたクリーチャーには着火し、1d4ラウンドの間、毎ラウンド6d10ポイントの[ダメージを与える。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

神殺し(変則)/Godslayer エルダー・ワーム肉体攻撃は、エピックかつ魔法の武器であるかのように、ダメージ減少再生を克服する。即行アクションとして、エルダー・ワームはその肉体武器属性特性1つと材質特性1つを付与できる。これらの副次的な特性は1時間が経過するか、この能エルダー・ワームが再度使用して新しい特性を付与するまで持続する。

信じがたい考察(変則)/Impossible Coordination エルダー・ワームは短時間のうちに膨大な数の計画を立て、実行することができる。遭遇の開始エルダー・ワームイニシアチブを2回ロールする。1分に1回、両方のイニシアチブ値で行動することができ、それぞれのイニシアチブ待機アクション行動遅延アクションを独立に使用できる。それ以外のラウンドでは、エルダー・ワームは高い方のイニシアチブ値を用いる。

神話を呑むもの(超常)/Myth-Drinker エルダー・ワーム噛みつき攻撃かきむしり攻撃は、神話階梯あるいは(神話)の副種別を持つクリーチャーに、追加で2d6ポイントのダメージを与える。エルダー・ワームがそのような目標に対して行う噛みつき攻撃クリティカル・ヒットを確定させたなら、その目標神話パワー使用回数を1d4回分失う。神話パワー使用回数を1回分失うたびに、エルダー・ワームは2d10ポイントのヒット・ポイント回復するか、現在継続中の効果1つに対してセーヴィング・スローを試みることができる。セーヴィング・スローに成功したなら、その効果は直ちに終了する。GMが望むなら、この能は髪ではないが強大な神の被造物、えばベヒモスデモダンドティタン脅威度20以上の来訪者にも適用される、としても良い。そのような場合、エルダー・ワーム目標神話パワーを2回分失ったかのように利益を得る。

呪文 エルダー・ワームは、20レベルソーサラーとして呪文を発動する。

高速尾の打撃(変則)/Swift Tail エルダー・ワーム全力攻撃を行う際、尻叩きつけで1ラウンドに2回攻撃できる。

同期攻撃(変則)/Synchronized Strike エルダー・ワームの2つのが完全に連動して攻撃を行うことで、逆方向から目標攻撃できる。1ラウンドに1回、標準アクションとして、エルダー・ワーム攻撃アクションとして2回の噛みつき攻撃を行える。自分より1段階以上小さいサイズクリーチャーに対して両方の噛みつき攻撃を行ったなら、その攻撃を解決する際、目標は両方のから挟撃されているかのように扱う。

尾の衝撃(超常)/Tail Snap 全ラウンド・アクションとして、エルダー・ワーム攻撃の届くクリーチャー1体に対して、尾の打撃を2回行うことができる。尾の打撃が1回命中したなら、目標難易度36の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間朦朧状態になる。両方命中したなら、尾の衝撃目標を中心とした半径10フィートの爆発に衝撃を与え、その範囲内にいるすべてのクリーチャーに10d10ポイントの[音ダメージを与え、1ラウンドの間朦朧状態にする(難易度36の頑健セーヴに成功すれば、朦朧状態無効化できる)。エルダー・ワームはこの効果からダメージを受けない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

遥かに長いの中で、信者を生み出したり誓いを破ったものをしたりするために、あるいはただの腹いせのために、神や神性を備える者たちは、数限りないモンスターを多元宇宙に放ってきた。そのような獣の多くはその有用性を失い、創造主の命令を無視して暴れまわっている。

エルダー・ワームはかつては神の復讐者であった。神々の敵となる代行者その他の忌まわしいものを探し、破壊するために命を与えられた。いくつかの呪われた種族滅ぼした後、このは神々の支配から開放された。にもかかわらず、エルダー・ワームは神の指示によって柔軟ながら執拗正義感が植え付けられており、強大な敵を裁き、審判し、刑執行を行うことに、実存感を伴う痒みを掻き立てられる。ある惑に住む少数のエルダー・ワームは、多くの時間を人里離れた場所で居眠りをして過ごし、を覚ましては仮をしたり個々の興味や気分に従って不正を探し、を与えたりする。しかし、一度注意を払うきっかけがあれば、鋭い知性と強占術で、数百年分の事件を短時間で収集し、処理することができる。

彼らが覚めるのは非常にまれなため、エルダー・ワームはしばしば、地域の伝説や注意を促す物語の中心人物になることがある。特に口のうまい英雄や無鉄砲な英雄は、エルダー・ワーム復讐心に向けた怒りを特定の目標に向けさせようとエルダー・ワームを探すことがある。しかしエルダー・ワームは英雄のほうが目標よりも破壊に値すると判断する可能性が高い。2つのを持つため、エルダー・ワームは問題の両面を見て判断する能に長けている。それぞれのは独立して考えることができ、体の制御を隙間なく共有できる。その結果、このはタイミングの一致したまぐるしい行為を行える。2つのは性格が異なることが多く、2つのの間ですぐに口喧嘩や議論が行われる。それが見ているものを心配させ、怖がらせてしまう。

エルダー・ワームは全長100フィートで、重量は25,000ポンド。

全文検索 目的別索引