ヴィルデラヴン

ヴィルデラヴン Vilderavn

この騎士は大鴉ののような形をした兜と特大の鉤爪が付いた篭の付いた、大鴉の羽のような模様のある鎧を装備している。

ヴィルデラヴン 脅威度16 Vilderavn CR 16

経験点76,800
中立にして悪/中型サイズフェイ(変身生物)
イニシアチブ +11; 感覚 暗闇を見通すデスウォッチトゥルー・シーイング夜目〈知覚〉+29
オーラ 信念粉砕畏怖すべき存在(30フィート、難易度26)

防御

アーマー・クラス 34、接触24、立ちすくみ26(+10外皮、+2回避、+5洞察、+7【敏】
ヒット・ポイント 253(22d6+176)
頑健 +17、反応 +21、意志 +18
防御能力 運命の護り手ダメージ減少 15/冷たい鉄および完全耐性 [恐怖]生命力吸収[即死]効果、[呪い]; 呪文抵抗 27

攻撃

移動速度 60フィート、飛行110フィート(標準)
近接 (×2)=+23(1d6+11、加えて1d6“出血”)、噛みつき=+23(1d8+11/15~20、加えて1d6“出血”)または+5クルーエルキーンファルシオン=+29/+29/+24/+19(2d4+21/15~20、加えて1d6“出血”)
特殊攻撃 血鳥大鴉の呪術苦悩魔女笑い魅了恐ろしい予言変装邪眼不運応報夢での会話)、魂食い出血攻撃(1d6)
擬似呪文能力術者レベル18;精神集中+24)

タンズデスウォッチトゥルー・シーイングフリーダム・オヴ・ムーヴメントヘイスト
回数無制限―クラッシング・ディスペア難易度19)、サジェスチョン難易度19)、スクライング難易度20)、ディスペル・マジックディテクト・ソウツ難易度18)、ビストウ・カース難易度20)、フィアー難易度20)
1回/日―イセリアル・ジョーントギアス/クエストサークル・オヴ・デス難易度22)、マス・サジェスチョン難易度22)、モディファイ・メモリー難易度20)
1回/リミテッド・ウィッシュフェイでないものに対してのみ)

一般データ

【筋】32、【敏】25、【耐】26、【知】19、【判】20、【魅】23
基本攻撃 +11; 戦技ボーナス +22; 戦技防御値 46
特技 《イニシアチブ強化》《回避》《かすめ飛び攻撃》《風の如き脚》《頑健無比》《強行突破》《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《クリティカル熟練》《武器熟練:ファルシオン》、《踏み込み》
技能 〈威圧〉+27、〈隠密〉+25、〈軽業〉+31、〈交渉〉+21、〈職能:軍人〉+15、〈真意看破〉+25、〈知覚〉+29、〈知識:地域〉+15、〈知識:歴史貴族〉+20、〈はったり〉+30、〈飛行〉+20、〈変装〉+30、〈魔法装置使用〉+20
言語 アクロ語、共通語、獄語、森語;タンズ
その他の特殊能力 大鴉の騎士変身小型または中型の人型生物ペリュトンウルフ、またはダイア・ウルフオルター・セルフまたはビースト・シェイプIII

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、または不切(3~5)
宝物 標準

特殊能力

血鳥(超常)/Bloodbird ヴィルデラヴン肉体武器あるいは人工的武器によって与えられた出血ダメージは、他の源からの出血ダメージ累積する。加えて、ヴィルデラヴンが引き起こす出血は止めることが難しい――難易度26の〈治療〉判定あるいは(魔法的な治癒効果を使用するならば)難易度26の術者レベル判定に成功することが出血ダメージを止めることに必要である。これは[呪い効果である。難易度【魅力】に基づいている。

運命の護り手(超常)/Fate Warden ヴィルデラヴンアーマー・クラス【判断力】ボーナスに等しい洞察ボーナスを得、即行アクションとして、セーヴィング・スローあるいは対抗技能判定に洞察ボーナスとして【判断力】ボーナスを加えることができる。

大鴉の呪術擬呪超常)/Raven Hexes ヴィルデラヴンは18レベル・ウィッチとして特殊攻撃にある呪術を使用することができる。ヴィルデラヴン呪術抵抗するためのセーヴ難易度は25で、【魅力】に基づいている。ヴィルデラヴン呪術の他の変数を決定する為でも【知力】修正値の代わりに【魅力】修正値を使用する。

大鴉の騎士(擬呪)/Raven Knight ヴィルデラヴンはその変身人型生物の形態となるとき、外皮ボーナスを失うが、ほぼ体の一部である黒い+5フル・プレートに全身が包まれる。この鎧には移動速度へのペナルティ、最大【敏捷力】ボーナス、鎧判定ペナルティがない(典型的なヴィルデラヴンアーマー・クラス38、立ちすくみアーマー・クラス30へと変わる)。変化の一部として、その凶鉤爪から作られる+5クルーエルUEキーンファルシオンとなる。ヴィルデラヴンが殺害されるとき、これらのアイテムはヴィルデラヴンの一部として消える。人型生物の形態のヴィルデラヴンは全ての種類の鎧、盾(タワー・シールドを除く)、軍用武器習熟しているものとみなされる。

信念粉砕(超常)/Shatter Loyalties ヴィルデラヴン畏怖すべき存在恐怖に加え、背信行為、疑い、紛争を引き起こす。セーヴに失敗したクリーチャーは他のクリーチャーの味方とは最早みなされず、挟撃を提供できず、チームワーク特技援護アクションからの利益を得たり使用できず、他のクリーチャーマスを通って移動することができない。同意する目標を要求する呪文効果はこれの響を受けたクリーチャーに使用された場合失敗し、無害な効果であっても(適切ならば)攻撃ロールを要求し、響を受けたクリーチャー効果抵抗するためのセーヴィング・スローを試みることを(セーヴが認められるならば)要求する。[恐怖]完全耐性を持つクリーチャーは依然としてヴィルデラヴン畏怖すべき存在効果を受ける;怯え状態を無視するが、上記の効果響を受ける。これは[精神作用]効果であり、セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

魂食い(変則)/Soul Eater ヴィルデラヴン噛みつき攻撃は18~20のクリティカル・ヒット可能域を持つ。ヴィルデラヴン人型生物の敵を噛みつき攻撃クリティカル・ヒットで殺した場合(とどめの一撃を含む)、犠牲者の心臓を引きはがし魂を消費することができる。この蛮行を撃するクリーチャーは1d4ラウンドの間恐れ状態となるか難易度27の意志セーヴに成功した場合1ラウンドの間怯え状態となる。またヴィルデラヴンデス・ネルの利益を得、殺害されたクリーチャーレスト・エターナルとして響を受ける(術者レベル18)。目標死亡状態である間、ヴィルデラヴンはそのクリーチャーの記憶へアクセスをし、殺害されたクリーチャーに完全にそっくりなものとなるために変身の能を使用することができ、なりすますための〈はったり〉〈変装〉判定に+10のボーナスを得る。ヴィルデラヴンは多くの魂を保存することができる。ヴィルデラヴンを殺害すると全ての進行中のレスト・エターナル効果が終了する。セーヴ難易度【魅力】に基づいている。

ヴィルデラヴン意ある変身生物で、典型的には長6~8フィート、身長2~3フィートの大型の鴉の形状をしている。ヴィルデラヴンにはウルフダイア・ウルフの姿で放浪し、黒い毛皮のあるペリュトンに似た怪物のようなレイヴンウルフ・ハイブリットとして現れることが知られている。彼らは望む人型生物の姿で歩くこともでき、しばしば位のあるものを暗殺し、犠牲者の位を装う。彼らは剣に異常な愛情を持ち、しばしば脅威的な名前を与える。

ヴィルデラヴンは戦争と苦しみに惹かれ、しばしば戦場で遭遇する――特に長引いた攻戦に。彼らは特に統治者や支配者のほうへ惹かれ、饒と巧みな噂の拡散を用いて指導者の信頼を得るかもしれない。彼らは詐欺師にして悲痛の前触れであり、定命の王国の統治者嫉妬深い確執と実入りのない戦争へと誘いこもうとする。これを行うために、彼らはしばしば決闘達人、才能ある傭兵の指導者、あるいは遠くのから不当に追放された貴族としての評判を高める。彼らの外見にもかかわらず、ヴィルデラヴン助言通常賢明で明敏で、歴史政治的競争、文化的な衝突の広範囲知識に浸ったもので、戦争の方法に対する洞察を備えているように聞こえる。しかし彼らの助言が早期の勝利につながるかもしれない一方で、彼らの究極の的は、全ての者に破滅をもたらすことである。戦いの頂点で勝利が近づくように見えるとき、ヴィルデラヴン裏切りを扇動し、かつての味方を苦しめ荒廃をもたらす。支配者の王国あるいは司令官の軍隊が荒廃したときのみヴィルデラヴンとどめの一撃を執行する。

最初のヴィルデラヴン意あるフェイの主によって、定命の統治者、特に原野を拓くのに軍隊や鋼に信頼を置く者、の傲慢さの確認者にして抵抗力として作られたと言われている。自分は古い法の支持者への支配を成し遂げたのだと信じた定命の者による自慢と大ぼらはフェイの主を怒らせ、その集団に潜入させるためにヴィルデラヴンを送り込んだ。ヴィルデラヴンは陰から伺い、定命の者独自の武器を、そして彼らへの戦略をより良く使う為に彼らのやり方を学んだ。苦悩と血の中で彼らは定命の者の秘密を剥がし、定命の者の心の最後の真理を剥き出しにしてからという贈り物を授けた。しかししてなおヴィルデラヴンの犠牲者は窶れ、このフェイ精神の情け容赦ない心に拘束されたまま来世の入口へと引き渡される。彼らの心はこのフェイにとっては解き明かしてから残忍苦痛を与える方法に使うべき開いた本である。

ヴィルデラヴン折偽りの信託じみた助言魅惑的な取引に定命の者を誘い、無垢なるものの血と引き換えに権を約束することで自身を楽しませる。ヴィルデラヴンは概して動物の形態へと呪われたのだと主張し、無垢なる者の血のみが呪い解放すると述べる。標的が取引を受け入れるほど愚かであるならば、ヴィルデラヴンはしばしば無垢なるもののを身に着け戻ってきて、その味方を苦しめ狂気へと追いやる。ヴィルデラヴンは皮に塗れたリミテッド・ウィッシュを提供する事でその契約を甘なものにし、定命の者の決断を本当に試しさえするかもしれない。

全文検索 目的別索引