ペリュトン

ペリュトン Peryton

このクリーチャーは雄鹿の体、鷹の鉤爪、一組の鋭い枝を備えた涎をたらすを持つ。

ペリュトン 脅威度4 Peryton

経験点1,200
混沌にして悪中型サイズ魔獣
イニシアチブ +7;感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 17、接触13、立ちすくみ14(+4外皮、+3【敏】
ヒット・ポイント 42(5d10+15)
頑健 +7、反応 +7、意志 +3
ダメージ減少 5/魔法

攻撃

移動速度 30フィート、飛行60フィート(良好)
近接 突き刺し=+9(1d6+3/18~20)、(×2)=+3(1d4+1)
特殊攻撃 影印恐るべきクリティカル

一般データ

【筋】17、【敏】16、【耐】17、【知】11、【判】14、【魅】12
基本攻撃 +5;戦技ボーナス +8;戦技防御値 21(対足払い25)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《武器熟練:突き刺し
技能 〈隠密〉+9、〈知覚〉+10、〈飛行〉+12
言語 共通語

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず
編成 単体、2体、または編隊(3~9)
宝物 標準

特殊能力

恐るべきクリティカル(変則)/Horrific Critical ぺリュトンの突き刺し攻撃のクリティカル可能域は18~20である。ぺリュトンがクリティカル・ヒット人型生物の敵を殺した場合は、フリー・アクションで犠牲者の心臓のような歯で引き裂くことができる。この野蛮な出来事を撃したクリーチャー難易度13の頑健セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1ラウンドの間怯え状態になる。これは[精神作用][恐怖]効果である。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

影印(超常)/Shadow Mark フリー・アクションとして、ぺリュトンは人型生物目標の上を跳び越すことで遠隔接触攻撃を行うことができる。この攻撃の最大距離は300フィートである。ぺリュトンが命中した場合、そのは命中したクリーチャーと同じ形になる。一度ペリュトンがこの繋がりを築いた後は、その目標に対する攻撃ロールダメージ・ロールに+2の士気ボーナスを得、ペリュトン目標攻撃を命中させるたびに、そのクリーチャー難易度13の意志セーヴを行わなければならず、失敗した場合は1ラウンドの間恐れ状態になる。これは[精神作用][恐怖]効果である。このセーヴ難易度【魅力】に基づいている。

悪夢のような野蛮なクリーチャーであるペリュトンは雄鹿、猛禽の混合である。有害な獣ではあるが、ペリュトン人間と同じほどの知性を持つ。ペリュトンは自分よりも弱い全てのクリーチャーを狩るが、人型生物獲物を好み、とりわけこのようなクリーチャーのまだ動いている心臓を好んで食う。

ペリュトンは他の全てのクリーチャーを、自分の同類さえも嫌悪し、成体のオスのペリュトンはしばしばお互いにに入ると攻撃する。しかしとして強大なメスはアルファであるメス、より弱い2~3のメス、6体までのヒナからなる小家族の群れを率いる。群れはオスが成体になると追い出すが、メスは成熟してもアルファに服従を誓うならば群れに加わることを許す。つがいのいないオスはしばしば交配相をさらうことを望んでこのような群れを襲う。それに失敗すると、より平和的に接近し、温かい人型生物心臓(あるいはまだ生きている犠牲者)を提供してメスの気を引こうとする。

ペリュトンは1年に1回交をする。配偶の儀式は短く野蛮で、しばしばオスの死を以って終わる。その後、メスは1個のフットボール大の卵を産み、7ヵ後に孵化する。

ペリュトンは体長4フィート、開長11フィート、体重250ポンド。


全文検索 目的別索引