ドレイク

ドレイク:ラヴァ・ドレイク Drake, Lava

この筋質の二本は厚い山ので覆われている。

ラヴァ・ドレイク 脅威度9 Lava Drake

経験点6,400
中立にして悪大型サイズ(火)
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉 +15

防御

アーマー・クラス 22、接触12、立ちすくみ19(+10外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 115(11d12+44)
頑健 +11、反応 +10、意志 +8
完全耐性]、睡眠麻痺
弱点 [冷気]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 20フィート、穴掘り溶岩のみ)30フィート、飛行60フィート(標準)
近接 噛みつき=+17(1d8+7)、(×2)=+17(1d6+7)、尾の打撃=+15(1d8+3)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 火砕岩嘔吐マグマ攪拌

一般データ

【筋】25、【敏】16、【耐】18、【知】9、【判】12、【魅】11
基本攻撃 +11; 戦技ボーナス +19(+21突き飛ばし); 戦技防御値 32(対突き飛ばし34)
特技 《イニシアチブ強化》《かすめ飛び攻撃》《強打》《突き飛ばし強化》《複数回攻撃》《ふっとばし攻撃》
技能 〈威圧〉+14、〈隠密〉+13(+21 溶解した岩または金属に沈んでいるとき)、〈知覚〉+15、〈登攀〉+21、〈飛行〉+15; 種族修正 +8〈隠密〉 溶解した岩または金属に沈んでいるとき
言語
その他の特殊能力 息こらえスピード全開

生態

出現環境 暑熱/森林丘陵、または山岳
編成 単体、2体、または凶暴団(3~12)
宝物 標準

特殊能力

マグマ攪拌(変則)/Magma Shake ラヴァ・ドレイクが沈んでいる融解した岩(マグマや溶岩など)から出るときは、全ラウンド・アクションとして次のラウンドに、その体を振るい、四方八方に沸点近くまで煮え立った融解した岩を噴射することができる。ラヴァ・ドレイクから半径30フィート以内のクリーチャーは熱い岩のシャワーから5d6ポイントの[ダメージを受ける;難易度18の反応セーヴに成功するとダメージ半減する。マグマ攪拌を行うことは、ラヴァ・ドレイクから全ての過剰な融解した岩を取り除き、再びこの攻撃を使うためには自身を再び浸岩させなければならない。セーヴ難易度【敏捷力】に基づいている。

火砕岩嘔吐(変則)/Pyroclastic Vomit 標準アクションとして、ラヴァ・ドレイクは、目標に直撃すると爆発して目標とそれに隣接するクリーチャーたちに溶岩を浴びせかける融解した岩の球を吐き飛ばせる。この攻撃は有効距離100フィートを持ち、1次目標は6d6ポイントの[ダメージを与え(反応難易度19・半減)、1次目標の半径20フィート以内のクリーチャーは3d6ポイントの[ダメージを受ける。マグマは1d3ラウンドの間燃え、1次目標ラウンド毎に追加の3d6ポイントの[ダメージを、2次目標ラウンド毎に1d6ポイントの[ダメージを受ける。マグマは冷えると、塵となり砕ける。一旦ラヴァ・ドレイクがその火砕岩嘔吐を使用すると、1d6ラウンドの間再び使用することはできない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

スピード全開(変則)/Speed Surge 1日に3回、即行アクションとして、ラヴァ・ドレイクはその竜の血脈から爆発的なと速度を引き出し、そのラウンドに追加の移動アクションを得る。

プライマル・マグマ・ドラゴンの常軌を逸した破壊的な類であるラヴァ・ドレイクは、恐怖を与えるために発つ山のクレバスから起き上がり、自身より弱いクリーチャー威嚇する。縁の中で極めて知的でないが、彼らは同様の甚だしさで尊大であり、人型生物の崇拝を求めている。彼らは融解した岩に没入することができ、しばしば入り、溶岩を掘って餌食に忍び寄るか、自身を崇拝している人に権を劇的に見せつける。厚く、黒い外皮のラヴァ・ドレイクの体を覆っている。

他のドレイクよりがっしりとしていて、アダルトは体長18フィート体重3,000ポンドまで成長する。

ドレイク:ミスト・ドレイク Drake, Mist

このひょろっとしたドラゴンの斑の灰色がかったと広がったは動き、に溶け込み色を溶け込ませる。

ミスト・ドレイク 脅威度5 Mist Drake

経験点1,600
中立にして悪大型サイズ(風)
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚霧視夜目〈知覚〉+10

防御

アーマー・クラス 19、接触12、立ちすくみ16(+1回避、+7外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 57(6d12+18)
頑健 +8、反応 +7、意志 +6
完全耐性 睡眠麻痺

攻撃

移動速度 30フィート、飛行80フィート(標準)
近接 噛みつき=+9(2d6+4)、尾の打撃=+4(1d8+2)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 霧の爆発

一般データ

【筋】19、【敏】15、【耐】16、【知】9、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +11; 戦技防御値 24
特技 《回避》《かすめ飛び攻撃》《ホバリング》
技能 〈威圧〉+9、〈隠密〉+7(靄またはの中では+15)、〈生存〉+10、〈知覚〉+10、〈飛行〉+9; 種族修正 +8靄またはの中での〈隠密〉
言語
その他の特殊能力 霞の迷彩色スピード全開

生態

出現環境 寒冷または温暖/沿岸、丘陵、または湿地
編成 単体、2体、または凶暴団(3~12)
宝物 標準

特殊能力

霧の爆発(超常)/Fogburst 標準アクションとして、ミスト・ドレイクの雲に響を与える爆発する固体のの球を投げることができる。この攻撃は60フィートの有効距離を持ち、半径20フィート以内の全てのクリーチャーに3d6ポイントの殴打ダメージを与える(反応難易度16・半減)。飛行中のクリーチャーがこの反応セーヴに失敗すると、この効果霧の爆発範囲の中心から1d4×5フィート押しやられ(固体に直撃した場合10フィート毎に1d6ポイントのダメージを受ける)、地面にいるクリーチャーセーヴに失敗すると伏せ状態となる。霧の爆発効果範囲響の後1d4ラウンド霞で満たされる(オブスキュアリング・ミストとして)。一度ミスト・ドレイク霧の爆発攻撃を使用すると1d6ラウンド再び使うことはできない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

霧視(変則)/Fogvision ミスト・ドレイク通常のもしくは魔法、霞、降雨でも通常通り見通すことができる。

霞の迷彩色(変則)/Misty Camouflage 観察されていたとしても、のある範囲またはそこに隣接しているときは、ミスト・ドレイクは隠れるために〈隠密〉を使用することができる。

スピード全開(変則)/Speed Surge 1日に3回、即行アクションとして、ミスト・ドレイクはその竜の血脈から爆発的なと速度を引き出し、そのラウンドに追加の移動アクションを得る。

ミスト・ドレイクは多くのドレイクより攻撃性を見せない、それは彼らは多くの類ほどには身体的に強くなく、立たないからだ。彼らの体は細く行しており、近接戦闘よりも電撃一撃離脱法接近に適している。しかしながら、彼らのサイズクリーチャーにしては隠密性に優れていて、牽制したり彼ら自身を対象としている術家から隠れる必要があるときは突如濃放出することができる。の中で、犠牲者の味方が再編成し救出が来る前に、爆発するブレスで敵の一団を分散させ、素早く致命的な攻撃のために敵を選び出し素早く静かに動く。

ミスト・ドレイクには数十年来の仲間がいるが、彼らと同類の他人よりを心配する。2~6個の卵の一群の孵化後、孵化したての幼子は自身の狩場を探す前に、最長20年間母の元に留まる。ミスト・ドレイクは最高200年は生きる。

典型的なミスト・ドレイク頭部からまで長さ13フィートであるが、これらのしなやかなはめったに1,000ポンドを超えない。

ドレイク:シャドウ・ドレイク Drake, Shadow

この小さな黒いドラゴンのようなクリーチャーには灰色ののようながある。

シャドウ・ドレイク 脅威度2 Shadow Drake

経験点600
混沌にして悪超小型サイズ(冷気)
イニシアチブ +5; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+7

防御

アーマー・クラス 18、接触17、立ちすくみ13(+1外皮、+2サイズ、+5【敏】
ヒット・ポイント 22(3d12+3)
頑健 +4、反応 +8、意志 +4
防御能力 影潜み完全耐性冷気]、睡眠、および麻痺
弱点 光に過敏、[]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 20フィート、飛行90フィート(完璧)
近接 噛みつき=+10(1d3-1)、尾の打撃=+5(1d3-1)
接敵面 2・1/2フィート; 間合い 0フィート(は5フィート)
特殊攻撃 影潜むブレス

一般データ

【筋】9、【敏】20、【耐】12、【知】11、【判】12、【魅】16
基本攻撃 +3; 戦技ボーナス +6; 戦技防御値 15
特技 《かすめ飛び攻撃》《武器の妙技》
技能 〈隠密〉+19、〈軽業〉+8(跳躍は+4)、〈装置無力化〉+8、〈知覚〉+7、〈手先の早業〉+8、〈飛行〉+23; 種族修正 跳躍は-4〈軽業〉
言語 共通語、
その他の特殊能力 スピード全開

生態

出現環境 気候問わず
編成 単体、2体、または凶暴団(3~5)
宝物 標準

特殊能力

影潜み(超常)/Shadow Blend 明るい以外の明かりの状況では、シャドウ・ドレイクへ姿を消し、視認困難を得る(20%の失敗確率)。フリー・アクションとして、この能を止めたり再開したりすることができる。

スピード全開(変則)/Speed Surge 1日に3回、即行アクションとして、シャドウ・ドレイクはその竜の血脈から爆発的なと速度を引き出し、そのラウンドに追加の移動アクションを得る。

影潜むブレス(超常)/Stygian Breath 標準アクションとして、シャドウ・ドレイクは冷たい黒いの雲を爆発させる黒い液体の球を吐くことができる。この攻撃は60フィートの有効距離を持ち、半径5フィートの拡散内の全てのクリーチャーに2d6ポイントの[冷気ダメージを与える(反応難易度12・半減)。はこの効果範囲内の明かりを消滅させ、非魔法的な源を消し、1レベル以下の[呪文を解呪する。一度シャドウ・ドレイク影潜むブレスを使用すると1d6ラウンド再び使うことはできない。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

シャドウ・ドレイクは災いをなし、貪欲である。彼らは第3の足として鞭状のをしばしば使い、小さなものをつかみ固定させ、彼らが望む小さなものを盗むためにさえを使う。小さく早いので彼らは泥棒スリ達人である。多くのドレイク族とは異なり、シャドウ・ドレイクは文明の周辺へ住むのを好み、捨てられた建造物、忘れ去られた屋裏や使われていない鐘楼などに隠れ家を作り、小さい秘蔵の宝をそこに仕舞っておく。

《上級使い魔》特技を持つ7レベルの術者は使い魔としてシャドウ・ドレイクを選択できる。

ヤング・シャドウ・ドレイクはほとんど真っ黒であり、沢のある皮を持つ。年を取ると、この沢を失い冴えない灰色へと変わる。これらは大型ドラゴン類であり、シャドウ・ドレイクは長生きで年齢は150~200年に達する。

ドレイク:スパイア・ドレイク Drake, Spire

この爬虫類クリーチャーのやつれた体、足、バットのような顔は長い脊柱で覆われている。2つのはその胴体から伸びている。

スパイア・ドレイク 脅威度7 Spire Drake

経験点3,200
秩序にして悪大型サイズ
イニシアチブ +1; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+11

防御

アーマー・クラス 20、接触10、立ちすくみ19(+10外皮、-1サイズ、+1【敏】
ヒット・ポイント 84(8d12+32)
頑健 +10、反応 +7、意志 +6
完全耐性 睡眠生命力吸収呪い、負のエネルギー、麻痺

攻撃

移動速度 30フィート、登攀30フィート、飛行60フィート(標準)
近接 噛みつき=+13(2d6+6、加えて1d6負のエネルギー)、尾の打撃=+8(1d8+3)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 忌まわしきブレス魂の腐食

一般データ

【筋】22、【敏】12、【耐】19、【知】10、【判】11、【魅】15
基本攻撃 +8; 戦技ボーナス +15; 戦技防御値 26
特技 《かすめ飛び攻撃》《急旋回》《強打》《渾身の一打》戦闘
技能 〈呪文学〉+10、〈知覚〉+11、〈知識:宗教〉+10、〈知識:神秘学〉+10、〈登攀〉+20、〈飛行〉+10、〈魔法装置使用〉+13
言語
その他の特殊能力 スピード全開

生態

出現環境 気候問わず/丘陵
編成 単体、2体、または凶暴団(3~12)
宝物 標準

特殊能力

忌まわしきブレス(超常)/Accursed Breath スパイア・ドレイク標準アクションとして、爆発して範囲内のクリーチャー精神力をむしばむ粘着性の粉塵の噴射をする、圧縮された真っ黒な塵の球を吐くことができる。この攻撃は60フィートの有効距離を持ち、半径20フィート以内の全てのクリーチャーに5d6ポイントの負のエネルギー・ダメージを与える(意志難易度18・半減)。効果を受けたクリーチャーは、1d4ラウンドの間攻撃ロールセーヴィング・スロー技能判定、能判定に-2のペナルティを受ける(もしくはセーヴに成功した場合1ラウンドの間)。これらの塵がクリーチャーに纏わりつく限り、そのクリーチャーに使用した召喚術治癒効果効果半減される。これは呪い効果である。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

魂の腐食(超常)/Soul Corruption スパイア・ドレイク忌まわしきブレス響を受けたクリーチャーとどめの一撃を成功すると、殺害された目標は1d4ラウンド後にワイトとして復活する。このワイトドレイクの制御下にはなく、ワイトとそこから作られた同族は、復活から1d6日後に機能を失う。

スピード全開(超常)/Speed Surge 1日に3回、即行アクションとして、スパイア・ドレイクはその竜の血脈から爆発的なと速度を引き出し、そのラウンドに追加の移動アクションを得る。

賢者たちはスパイア・ドレイクのやつれた体とボロボロで凸凹のあるを、数世紀もの間魔法の衝撃で荒廃し呪われた不毛ので暮らしているためだと考え、その土の汚染がドレイクに、そして全ての卵の雛に浸透し、そうして何世代もの腐敗を通じてもたらされたのだと仮定している。彼らの外見は何処か衰えているが、スパイア・ドレイクは他のドレイクと同じくらい強く猛烈である。

スパイア・ドレイクは彼らのでは異様に知的である。彼らは特に魔法魔法のアイテムを知りたがり、それらを利用する方法を知らないとしても、そのようなアイテムの多くを蒐集して楽しむ。魔法看破する能が欠如している彼らは魔法かも知れないと思うどんなアイテムでも求めて、狩りの範囲捜索し、遭遇する他のドレイクに対して自慢ができるように多くの奇妙ではっきりとしない装置とものを蒐集し、誇りをもって示す(しばしば妬んで盗んだり、ライバルのコレクションを破壊しようとする)。

スパイア・ドレイクはしばしば彼らが所有権を主張する土を通る商人隊商に貢物を要求することがあり、あるいは相を見逃すのと引き換えに魔法のアイテム1つを渡すよう申し出るかもしれない。しかし、スパイア・ドレイクは彼らが考える程に賢い事は滅多になく、一的な魔法効果によってあるアイテムが魔法の物であると信じるよう簡単に騙せる。それでも、真の魔法のアイテムを蒐集できているスパイア・ドレイクはそれらを適切に攻撃的または防御的に利用し、最新の利品を見せるのが好きである。

典型的なスパイア・ドレイクはその鼻から長細いの先端まで18フィートあり、体重およそ1,700ポンドである。

全文検索 目的別索引