スポーン・オヴ・ヨグ=ソトース

スポーン・オヴ・ヨグ=ソトース Spawn of Yog-Sothoth

このクリーチャーの形は名状しがたいぞっとするような悪臭を放つ、蠢く質量の印象を与える。

スポーン・オヴ・ヨグ=ソトース 脅威度10 Spawn of Yog-Sothoth

経験点9,600
混沌にして悪大型サイズ異形(他次元界)
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、擬似視覚30フィート;〈知覚〉+20
オーラ 悪臭(30フィート、難易度22、10ラウンド

防御

アーマー・クラス 24、接触11、立ちすくみ22(+13外皮、-1サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 133(14d8+70)
頑健 +9、反応 +8、意志 +12
防御能力 希薄な生来の不可視ダメージ減少 10/魔法完全耐性]、[冷気]; 抵抗 [音]10; 呪文抵抗 21

攻撃

移動速度 30フィート、登攀30フィート
近接 噛みつき=+17(1d8+8/19~20/×3)、触手(×4)=+16(1d6+4、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 吸血(1d4【耐】)、荒廃

一般データ

【筋】26、【敏】15、【耐】21、【知】17、【判】17、【魅】20
基本攻撃 +10; 戦技ボーナス +19; 戦技防御値 30(対足払い38)
特技 《イニシアチブ強化》《クリティカル強化:噛みつき》、《渾身の一打》戦闘《神速の反応》《武器熟練:触手》、《複数回攻撃》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+22、〈隠密〉+15、〈呪文学〉+20、〈脱出術〉+19、〈知覚〉+20、〈知識:神秘学〉+20、〈登攀〉+33
言語 アクロ語

生態

出現環境 温暖/丘陵
編成 単体
宝物 標準

特殊能力

荒廃(変則)/Devastation 全ラウンド・アクションとして、スポーンは建物猛攻を浴びせられ、そのラウンドにその建造物に4d6+16ポイントのダメージを与える。

希薄な生来の不可視(変則)/Tenuous Natural Invisibility 不可視状態クリーチャーを縁取る効果グリッターダストフェアリー・ファイアーなど)とインヴィジビリティ・パージ効果響を受けることを除き、この機能生来の不可視と同様である。これは解呪されない。

スポーン・オヴ・ヨグ=ソトースは、カルト信者による、々の彼方にいる外なる神ヨグ=ソートス(135ページ参照)の本質を召喚して人型生物クリーチャーを妊娠させる下劣な儀式の結果として、この世界に生まれる。外なる神はこの次元や世界のものではない;定命の者1人のを合体させることによってのみそれの落とし子が存在できる。亡した場合、落とし子のは急速に溶け始め、分厚い残留物を残すだけとなる。スポーン・オヴ・ヨグ=ソトース生来の不可視であるが、彼らは他の者に、その存在を警戒させ恐れさせる、忘れられない悪臭を放っている。

古代の伝説によれば、スポーン・オヴ・ヨグ=ソトースは全ての正気の生命を滅亡させ、グレート・オールド・ワン帰還段を準備する為に世界を侵すのだという。だが、落とし子が世界にもたらす虐殺と騒乱は々の彼方にいる主人からの計画のためと同等に、単なるそれの獰猛さと尽きざる血の飢えのためであるように見える。

スポーン・オヴ・ヨグ=ソトースは速やかに大型サイズまで成長し、餌を与え続けられるならば、稀ではあるが成長し続ける。真なる古代のスポーン・オヴ・ヨグ=ソトースは家畜小屋や小さな丘ほどの大きさである。

全てのスポーン・オヴ・ヨグ=ソトース巨大であったり非人間的であったりするというわけではない。幾人か(これはしばしば、自分のより怪物的な親族の双生児である事がある)は粗雑な人型生物の姿形を残しているが、彼らの奇形が非常に大きいため、文明的な地域で出歩くには、変装や何層にも及ぶだぶだぶの衣服を身に着ける必要がある。これらの不吉なクリーチャーは広い範囲の奇妙で異常な能外見を持ち、通常術者である――一般に闇の綴れ織神秘を持つオラクルPathfinder RPG Ultimate Magic 54)か、異形血脈を持つソーサラーである。

全文検索 目的別索引