カサーサ

カサーサ Kasatha

この奇妙な4本人型生物は滑らかで筋質であり、打ち据えようと二刀のの付いたを掲げている。

カサーサ 脅威度1/2 Kasatha

経験点200
男性のカサーサ1レベルモンク
秩序にして中立/中型サイズ人型生物(カサーサ)
イニシアチブ +3; 感覚 〈知覚〉+3

防御

アーマー・クラス 18、接触18、立ちすくみ13(+2回避、+3【判】、+3【敏】
ヒット・ポイント 10(1d8+2)
頑健 +3、反応 +5、意志 +5

攻撃

移動速度 30フィート
近接 サイ=+3(1d4+1)または素手打撃=+3(1d6+1)または連打=+2/+2(1d6+1)
特殊攻撃 朦朧化打撃(1回/日、難易度13)、連打

一般データ

【筋】13、【敏】17、【耐】12、【知】10、【判】16、【魅】8
基本攻撃 +0; 戦技ボーナス +1; 戦技防御値 19
特技 《素手打撃強化》《武器の妙技》《迎え討ち》《朦朧化打撃》
技能 〈軽業〉+7、〈生存〉+4、〈脱出術〉+7、〈登攀〉+5
言語 カサーサ語、共通語
その他の特殊能力 砂漠の民砂漠渡り忍び寄る多腕跳躍者

生態

出現環境 暑熱/砂漠
編成 単体、一団(2~6)、一派(2~20)、または部族(20~60)
宝物 NPCの装備品サイ[2]、その他宝物

特殊能力

砂漠の民(変則)/Desert Runner カサーサ疾走、強行軍、飢え、渇き、熱いもしくは寒い環境からの疲労状態過労状態、そしてその他効果を避けるための【耐久力】判定頑健セーヴに+4の種族ボーナスを得る。

砂漠渡り(変則)/Desert Stride カサーサ砂漠の環境の非魔法的な移動困難な地形通常移動速度移動できる。

跳躍者(変則)/Jumper カサーサ跳躍のための〈軽業〉判定を試みるために助走をしているものと常に考慮される。

多腕(変則)/Multi-Armed カサーサは4本のがある。1本は利きと考慮される;他のすべてのは利きではないと考慮される。いているを必要とする的ではどのでも使うことができる。

忍び寄る(変則)/Stalker 〈知覚〉〈隠密〉カサーサクラス技能となる。

赤いを取り巻いている乾燥した世界の流刑人である現代のカサーサは、どのように自分の世界を離れたかも、戻り方も知らないが、帰り道を探し続けている。排他的で秘密主義の人々である彼らは女性支配の社会であるが、他の種族は男性と女性の間の身体的な違いを認めるのに苦労する。カサーサは口を衣類で隠し、他の種族の前ではこの衣類を脱がない。彼らは雑食であるが、と塩気の強い食べ物を好む。

成人期に達すると、多くのカサーサ一族を離れ、冒険、宝、自分の元の世界に戻る方法を求め世界を探求する。

カサーサのキャラクター Kasatha Characters

カサーサは彼らのクラス・レベルによって定義される――彼らは種族ヒット・ダイスを持たない。すべてのカサーサは以下の種族特徴を持つ。

+2【敏捷力】、+2【判断力】カサーサは素早く明敏である。

防御訓練(変則)/Defensive Training:カサーサアーマー・クラスに+2の回避ボーナスを得る。

砂漠の民(変則)/Desert Runner:上記データ・ブロック参照

砂漠渡り(変則)/Desert Stride:上記データ・ブロック参照

跳躍者(変則)/Jumper:上記データ・ブロック参照

多腕(変則)/Multi-Armed:上記データ・ブロック参照

忍び寄る(変則)/Stalker:上記データ・ブロック参照

言語カサーサは共通語とカサーサ語を話す。高い【知力】を持つカサーサは次に挙げる言語を選択することができる:ドワーフ語、語、ノール語、オーク語、スフィンクス語。

全文検索 目的別索引