ヴェイルド・マスター

ヴェイルド・マスター Veiled Master

この奇怪な存在にはが6つ長い触手が6本ある。触手の4本の終端は輝く球体が、2本にはのようなものが着いている。

ヴェイルド・マスター 脅威度14 Veiled Master

経験点 38,400
秩序にして悪大型サイズ異形水棲変身生物
イニシアチブ +10; 感覚 暗視120フィート; 〈知覚〉+23
オーラ 粘液雲(30フィート)

防御

アーマー・クラス 30、接触15、立ちすくみ24(+11外皮、-1サイズ、+6【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 200(16d8+128)
頑健 +13、反応 +13、意志 +14
完全耐性雷撃]、[精神作用]効果抵抗 [氷雪]20; 呪文抵抗 25

攻撃

移動速度 10フィート、水泳80フィート
近接 噛みつき=+17(2d6+6、加えて“記憶消化”および“粘液”)、(×2)=+17(1d6+6、加えて“粘液”)、触手(×4)=+12接触(2d6[雷撃]、加えて“思考槍”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート(および触手は20フィート)
特殊攻撃 遅延指示
擬似呪文能力術者レベル20; 精神集中+26)

メイジ・アーマー
回数無制限―イリューソリイ・ウォール難易度20)、ヴェイル難易度22)、ディテクト・ソウツ難易度18)、ドミネイト・パースン難易度21)、パーシステント・イメージ難易度21)、ヒプノティック・パターン難易度18)、プログラムド・イメージ難易度22)、プロジェクト・イメージ難易度23)、ミラージュ・アーケイナ難易度21)
3回/日―ギアス/クエスト、擬似呪文高速化ドミネイト・パースン難易度21)、ドミネイト・モンスター難易度25)、マス・サジェスチョン難易度22)

修得ソーサラー呪文術者レベル12; 精神集中+18)

6レベル(4回)―シンボル・オヴ・パースウェイジョン難易度23)
5レベル(6回)―シンボル・オヴ・ペイン難易度22)、テレポート
4レベル(7回)―シンボル・オヴ・スローイング難易度21)、ディメンジョン・ドアファンタズマル・キラー難易度20)
3レベル(7回)―エクスプローシヴ・ルーンズ難易度20)、クレアオーディエンスクレアヴォイアンスシークレット・ページホールド・パースン難易度19)
2レベル(8回)―インヴィジビリティシンボル・オヴ・ミラーリング難易度19)、タッチ・オヴ・イディオシーブラインドネスデフネス難易度18)、レヴィテート
1レベル(8回)―イレイズコンプリヘンド・ランゲージズサイレント・イメージ難易度17)、チャーム・パースン難易度17)、レイ・オヴ・エンフィーブルメント難易度17)
0レベル(回数無制限)―アーケイン・マークゴースト・サウンド難易度16)、タッチ・オヴ・ファティーグ難易度16)、ダンシング・ライツデイズ難易度16)、ディテクト・マジックメイジ・ハンドメッセージリード・マジック

一般データ

【筋】22、【敏】22、【耐】27、【知】21、【判】19、【魅】22
基本攻撃 +12; 戦技ボーナス +19; 戦技防御 35
特技 《イニシアチブ強化》、《擬似呪文能力高速化:ドミネイト・パースン》、《攻防一体》《呪文高速化》《呪文持続時間延長》《神速の反応》《戦闘発動》《秘術の打撃》《物質要素省略》B
技能 〈知識:自然神秘学、歴史〉+21、〈知覚〉+23、〈真意看破〉+20、〈呪文学〉+24、〈隠密〉+21、〈水泳〉+33、〈魔法装置使用〉+22
言語 アクロ語、アボレス語、共通語、水界語、地下共通語
その他の特殊能力 即行変身変身小型もしくは中型のあらゆるもの; グレーター・ポリモーフ)、ルーン体得

生態

出現環境 気候問わず/
編成 単体、または一団(1、およびアボレス2~8)
宝物 ×3

特殊能力

記憶消化(超常)/Consume Memory ヴェイルド・マスタークリーチャー噛みつき攻撃を命中させたなら、そのクリーチャーの記憶の幾ばくかを消化する。噛まれたクリーチャー難易度24の眼瞼セーヴを行わねばならず、失敗すると負のレベル1を得る。ヴェイルド・マスターはこの形でクリーチャー負のレベルを1与えるたびに、ヒット・ポイントを5ポイント回復する。また、ヴェイルド・マスター目標クリーチャーの記憶をいくらか学び取る(効果はGMによって決定する)。これは[精神作用]効果である。ヴェイルド・マスターフリー・アクションでこの効果を抑止できる。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

思考槍(超常)/Thoughtlance ヴェイルド・マスター触手の内4本の端には、輝くの玉が着いている。これらの球体は接触攻撃に成功すれば2d6ポイントの[雷撃ダメージを与え、同精神エネルギーのクリーチャー精神を炸裂させる。これらの触手の一つで接触されたクリーチャーは、[雷撃ダメージを受けたかどうかに関わらず、難易度24の意志セーヴを行わねばならず、失敗すると1ラウンドの間よろめき状態となる。追加の接触は、この効果持続時間を1ラウンド長させる。この方法でよろめき状態となっている間、クリーチャー呪文発動する際、非常に激しい動きをしているかのように、精神集中判定難易度=20+呪文レベル)を行わねばならない。セーヴ難易度【魅力】に基づく。

呪文 ヴェイルド・マスターは、2レベルソーサラーとして呪文を発動する。

即行変身(超常)/Swift Transformation ヴェイルド・マスター変身即行アクションで使用できる。

遅延指示(擬呪)/Delayed Suggestion ヴェイルド・マスタードミネイト・パースンもしくはドミネイト・モンスタークリーチャー1体に使用して成功したなら、目標は遅延した指示を埋め込まれる。この指示はドミネイト呪文効果が終了すると起動する。一般に、この指示(サジェスチョン擬似呪文能力として作用し、術者レベル20、意志無効難易度19である)はかつてドミネイト呪文の対象となったクリーチャーに、ヴェイルド・マスター発見させ、新たな支配の試みの目標となるようにするものだ。しかし々、ヴェイルド・マスターは他の指示(クリーチャーが最初に見た人物を攻撃する指示など)を植え付ける。

粘液(変則)/Slime ヴェイルド・マスター噛みつきもしくは攻撃が命中したクリーチャー難易度26の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると1d4ラウンドの間、皮膚と体が透明でねばねばした膜に変化してしまう。このクリーチャーの新しい体は柔らかく、この状態が持続する限り、【耐久力】は4減少する。このクリーチャー体が湿っていない場合、急速に乾燥して10分毎に1d12ポイントのダメージを受ける。リムーヴ・ディジーズや同効果は、効果を受けたクリーチャーを元の状態に戻すことができるが、呪文に対する完全耐性はこの攻撃から守ってはくれない。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

粘液雲(変則)/Mucus Cloud 水中にいる間、ヴェイルド・マスターは半径30フィートの範囲透明粘液の雲を噴出する。範囲内にいる全てのクリーチャーは、毎ラウンド難易度は26の頑健セーヴを行わねばならず、失敗すると24時間の間、気中で呼吸する能を失う(変わりに、水中で呼吸する能を得る)。この粘液雲斗の接触を繰り返し、サイセーヴに失敗した場合、この効果はさらに24時間長される。セーヴ難易度【耐久力】に基づく。

ルーン体得(変則)/Runemastery ヴェイルド・マスター魔法の文字を生み出す呪文えばエクスプルーシヴ・ルーンシークレット・ページシンボルと名前につく呪文などの発動に特に長けている。このような呪文を発動する際、ヴェイルド・マスター物質要素焦点具を必要とせず、これらの呪文セーヴ難易度は1増加する。ヴェイルド・マスターシンボル呪文は解除が難しく、このようなシンボル〈装置無力化〉難易度は2増加する。

アボレスは世界の住人の中で最も古いものの一つであり、人類が球上に住むようになる代から、あるいはほとんどの神々がこの小さなの球体にを向けるようになる前から、この世界の海の最深部に存在していたと遡れるクリーチャーだ。その昔、この世界のことを知っているのは古きと奇妙な存在だけだった。神々でさえもアボレスには見下され、無視されていた。彼らは今日知られているような神々ではなかったが、アボレスは彼らに時間さえ与えられれば、神々が成し遂げることを実現できると知っていた。そして、アボレスは常に時間を持っていた。

古代の代、アボレスが操り人形のように人類を操っていた頃、彼らの中にはペットの間を歩くために変装し、人類として見えるように魔法で自らを隠したものもいた。これらがヴェイルド・マスターだ――この異界の人間の階層社会を押し付けようとするのは愚かな試みではあるが、ヴェイルド・マスターアボレスの中でも高貴な存在であると考えられていた。しかし実際には、アボレスヴェイルド・マスターに最大限の敬意を持って扱い、その決定を尊重しているが、種族の支配者とみなされてはいない。海底の最も深い溝からヴェイルド・マスターを支配しているのは、更に危険な存在である。

アボレスは間違いなく支配と幻術に長けているが、ヴェイルド・マスターはほんとうの意味で秘術達人だ。ヴェイルド・マスターは古代人類の文化の欺瞞と操作を生み出した。その隠れた才能とわずかな甘言は、その代の栄光へ人類が最初に昇り詰める多くの助となり、最初の帝国の多くで、ヴェイルド・マスターは指導者のささやきながら民衆の間を歩いてきた。人々はヴェイルド・マスターが強ウィザードであることを知っており、この奇妙な陰謀家が人間以上の存在であるという噂も流れていたが、それが真実だと疑うものは長きに渡りほとんどいなかった。ヴェイルド・マスター好奇心旺盛な者たちにをふるい、そのような疑惑を払拭してきた。ヴェイルド・マスターが人類の傲慢さ、つまり自分たちは守護者よりも偉大だと信じていると初めて知ったとき、この陰謀家は人類をした。最初のバツは些細なものだったが、ヴェイルド・マスターの驚きと悔しさは人類の決意を強めるだけだった。最終的には破壊が答えとなり、人類の文化が廃墟と化していく中、ヴェイルド・マスターは海の底へと退却していった。

今日、ヴェイルド・マスターは行き続けている。彼らは再び人形生物種族の中を歩き、観察し、待っている。新たな教訓を教えるときが近づいているのだ。

平均的なヴェイルド・マスターは全長14フィートで、重量は1,500ポンド。

全文検索 目的別索引