ブロークン・ソウル

ブロークン・ソウル Broken Soul

かつてはのある女性の胴とのような下半身を持つしいセレスチャルであったこのクリーチャーは、血と傷跡で滅だ。

ブロークン・ソウル・リレンド 脅威度9 Broken Soul Lillend

経験点6,400
混沌にして悪大型サイズ来訪者アザータ混沌他次元界
イニシアチブ +3; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 24、接触12、立ちすくみ21(+12外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 101(7d10+63)
頑健 +12、反応 +10、意志 +6
ダメージ減少 5/―; 完全耐性電気]、石化抵抗 [音]5、[]5、[]10、[冷気]10

攻撃

移動速度 20フィート、飛行60フィート(標準)
近接 +1ロングソード=+12/+7(2d6+8/19~20)、尾の打撃=+6(2d6+2、加えて“つかみ”)または苦痛接触=+11接触(2d6、加えて1d6【敏】ダメージおよび“痙攣”)、尾の打撃=+6(2d6+2、加えて“つかみ”)
接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 意ある凝視難易度18)、苦悶の嘆き(難易度18)、締めつけ(2d6+5)、バードの呪芸(21ラウンド/日)
擬似呪文能力術者レベル7;精神集中+2)

3回/日:ダークネスノックハリューサナトリ・テレイン難易度19)、ライト
1回/日:スピーク・ウィズ・アニマルズスピーク・ウィズ・プランツチャーム・パースン難易度16)

修得バード呪文術者レベル7;精神集中+2)

3レベル(2回/日):クラッシング・ディスペア難易度18)、テリブル・リモース難易度18)
2レベル(4回/日):サジェスチョン難易度17)、ピアッシング・シュリーク難易度17)、ブラインドネス/デフネス難易度17)、レイジ
1レベル(6回/日):イアピアッシング・スクリーム難易度16)、コーズ・フィアー難易度16)、レッサー・コンフュージョン難易度16)、チャーム・パースン難易度16)、ヒディアス・ラフター難易度16)
0レベル(回数無制限):ゴースト・サウンド難易度15)、ダンシング・ライツデイズ難易度15)、ディテクト・マジックリード・マジックレジスタンス

一般データ

【筋】20、【敏】17、【耐】27、【知】14、【判】8、【魅】21
基本攻撃 +7; 戦技ボーナス +13(+17組みつき); 戦技防御値 26(足払いされない)
特技 《頑健無比》 (B)《持久力》 (B)《神速の反応》《戦闘発動》《追加hp》 (B)《鋼の意志》《不屈の闘志》 (B)《ホバリング》
技能 〈威圧〉+13、〈隠密〉+9、〈芸能:弦楽器〉+17、〈真意看破〉+9、〈生存〉+10、〈知覚〉+9、〈知識:自然〉+9、〈はったり〉+15、〈飛行〉+11; 種族修正 +8〈威圧〉、+4〈生存〉
言語 獄語、天上語、語;真言

生態

出現環境 気候問わず
編成 単体
宝物 標準(+1ロングソード、高品質の竪琴、その他宝物

特殊能力

バードの呪芸/Bardic Performance リレンド7レベルバードの呪芸を持ち、打ち消しの調べ恍惚の呪芸勇気鼓舞の呪芸自信鼓舞の呪芸示唆の詞バードの呪芸を得る。

呪文 リレンド7レベルバードとして呪文を発動する。

ブロークン・ソウル苦悩と痛みの発現だ。体、精神の持久の両方の極限まで拷問され、それらの限界を超えさせられたブロークン・ソウルは不屈の精神反発の驚異的な蓄えと自身の恐ろしい苦悩を他人に課す能がつく。

ブロークン・ソウルは体の上に明らかに見える耐えてきた拷問の独特の特徴がある。その皮膚はたくさんの瘢痕の組織であり、弱まらず、無数の傷跡のある痣で覆われている。ある場合では、ブロークン・ソウル体は剥がされ、筋組織を露わにしている。滲出性の痛みや開いている切り傷は、ブロークンソウルの体を覆い決して治療されることはない。足は多くの場合、正しく治されなかった折の結果捻じられ、指、先、、他の付属物を欠落しているかもしれない。ブロークン・ソウルの存在は果てしない苦しみの1つであり、恒常的な痛みはクリーチャーを取り返しのつかないほど苛立たせる。彼らの狂気において、これらの不運な人は他の全てのクリーチャーが嫌いで、彼らの傷と苦しみを遭遇する全てに課そうとする。

ブロークン・ソウルにはいくつもの発生の仕方がある。無慈悲なる虐待者のによる悍ましき扱いの結果として対応して生まれるブロークン・ソウルもいる。他のブロークン・ソウルは意図的に精神的、体的苦痛の悲惨な挑戦を通じて加虐的な拷問による無な捕虜から的をもって作られる。クリーチャーの心身を壊すことによって、彼らが耐えなければならない恒常的な苦痛によって忠誠心を確実にしたガーディアンやサーヴァントを作ることをこれらの拷問をする人は望む。さらに悲惨なブロークン・ソウルは自分の苦しみを共有させる為に、自らのでそれを行って自種族を生み出し、生きているバラバラな芸術という陰惨な作品を作る。これらの「芸術家」は最初に自分への拷問者に快感を引き起こさせ、自分たちを作成した者に対する技能を完全化してから自分が見つけることができる不運な他のクリーチャーに注意を回す事がある。

ブロークン・ソウルの作成 Creating a Broken Soul

ブロークン・ソウル」は3ポイント以上の【知力】を持つ如何なる生きているクリーチャーにも付与できる後天性テンプレートである(基本クリーチャーとして以後表記する)。ここで記されることを除き、ブロークン・ソウルは全ての基本クリーチャーのデータと特殊能力を使用する。

脅威度基本クリーチャー+2と等しい。

属性通常混沌にして悪

アーマー・クラスたくさんの瘢痕の組織ブロークン・ソウルの体の隅から隅までを覆い、基本クリーチャー外皮ボーナスを+4増加させる。

防御的能痛みと虐待に慣れているので、ブロークン・ソウルダメージ減少5/―および、[]、[冷気]、[電気]、[]、[音]に対する抵抗5を得る。

移動速度ブロークン・ソウルは恒常的な苦痛があるため、移動速度が10フィート減少する(最小移動速度は5フィート)。

特殊攻撃ブロークン・ソウルは下記の特殊攻撃を得る。特に明記していない限り、セーヴ難易度は10+ブロークン・ソウルヒット・ダイスの1/2+ブロークン・ソウル【魅力】修正値に等しい。

苦悶の嘆き(超常)/Agonized Wail標準アクションとして、ブロークン・ソウルは聞く者に鼓吹する苦悶の嘆きを発することができる。ブロークン・ソウルから120フィート以内にいる全てのクリーチャーは、120フィート以内にいる間意志セーヴを行わなければならない。セーヴに成功すると、24時間の間ブロークン・ソウルの苦悶の嘆きに完全耐性を持つ。これは[音]、[精神作用]、[恐怖]効果である。

意ある凝視(超常)/Baleful Gazeブロークン・ソウルの60フィート以内にいるクリーチャー頑健セーヴに成功するか、1d4ポイントの【筋力】【耐久力】【魅力】吸収を受けなければならない。セーヴの結果がなんであれ、クリーチャーは1分間の間同じブロークン・ソウル意ある凝視響を受けない。

苦痛接触(超常)/Torturous Touchブロークン・ソウルは、目標の体に裂け目を開き恐ろしい苦痛の傷を引き起こすために接触攻撃を行うことができる。この接触は2d6ポイントの斬撃ダメージと1d6ポイントの【敏捷力】ダメージを与え、摂食されたクリーチャーは痙攣の発作を起こし伏せ状態となり、1d4ラウンドの間幻惑状態となる。頑健セーヴに成功すると【敏捷力】ダメージ痙攣の発作を無視する。

能力値【耐】+6、【判】-2(最低値1)。加えて、ブロークン・ソウルは選択した一つの能力値に+2のボーナスを加え、もう一つの能力値に-6のペナルティを受ける(最小値1)。これはこのテンプレートで修正される能力値適応される。

特技ブロークン・ソウルボーナス特技として、 《不屈の闘志》《持久力》《頑健無比》《追加hp》を得る。

技能恒常的な苦痛のため、ブロークン・ソウル〈威圧〉に+8の種族ボーナスを得るが、精神集中判定に-10のペナルティを受ける。

編成単体。

全文検索 目的別索引