ダガーマーク・ポイズナー

ダガーマーク・ポイズナー Daggermark Poisoner

ゴラリオンのいたる国、様々な文化において一般的な武器であるが、河川諸王国役の混乱荒廃により腐敗した中心ダガーマークの街においてその技巧は極められている。ダガーマークの殺者組合の構成員と意欲的な予備軍たちは、売却するため、あるいは、自分の非道な的に使用するために、数多くの強を生み出し、その技巧を絶えず試している。

前提条件

技能〈製作:錬金術〉5ランク、〈製作:罠〉5ランク、〈治療〉5ランク、〈手先の早業〉5ランク

特殊毒の使用クラス。このキャラクターは少なくとも1,000gpの価値があるを製作し、ダガーマークの殺者組合にそのを寄付しなければならない(協会プレイは不要)。

クラス技能

ダガーマーク・ポイズナークラス技能は、以下の通り:〈隠密〉【敏】)、〈脱出術〉【敏】)、〈治療〉【判】)、〈手先の早業〉【敏】)、〈はったり〉【魅】)、および〈変装〉【魅】)。

レベル毎の技能ポイント:4+【知】修正値。

ヒットダイスの種類d8。

クラスの特徴

レベル

基本攻撃ボーナス

頑健セーヴ

反応セーヴ

意志セーヴ

特殊

1

+0

+1

+0

+0

毒の達人毒に対する抵抗+2、迅速

2

+1

+1

+1

+1

剤師、

3

+2

+2

+1

+1

製品製造業、屋+1

4

+3

+2

+1

+1

毒に対する抵抗+4、

5

+3

+3

+2

+2

急所攻撃+1d6、急所

6

+4

+3

+2

+2

即行毒術、屋+2

7

+5

+4

+2

+2

毒に対する抵抗+6

8

+6

+4

+3

+3

物瞬製術、

9

+6

+5

+3

+3

に対する完全耐性屋+3

10

+7

+5

+3

+3

急所攻撃+2d6、

以下はダガーマーク・ポイズナー上級クラス特徴である。

武器と防具の習熟武器防具習熟を新たに得ることはない。

毒の達人(変則)/Master Poisoner:ダガーマーク・ポイズナーは、を扱う〈制作:錬金術判定自身の1/2レベルを追加する。さらに、1時間の作業時間錬金術研究道具を用いた〈制作:錬金術〉により種別を変更することができる。〈制作:錬金術判定難易度のセーブ難易度と等しい)に成功した場合、この種別接触、摂取、吸入、または傷害に変更される; 判定に失敗した場合、この使い物にならなくなる。

毒に対する抵抗(変則)/Poison Resistance:ダガーマーク・ポイズナーはすべてのに対するセーヴィング・スローに+2のボーナスを得、4レベルで+4、7レベルで+6、そして9レベルに対する完全耐性を得る。アルケミストレベルは、この能効果を判断する際に、ダガーマーク・ポイズナーレベルに追加する。

迅速(変則)/Quick Poisoning:ダガーマーク・ポイズナーは、標準アクションではなく、移動アクションとして武器を塗布することができる。ダガーマーク・ポイズナー〈製作:錬金術〉技能による毒の製作通常の半分の時間で行うことができる。

剤師/Toxic Apothecary(変則および擬呪):2レベル点で、ダガーマーク・ポイズナー即行アクションを用いてディテクト・ポイズン距離5フィート、術者レベルダガーマーク・ポイズナークラス・レベルに等しい)を回数無制限で使用できる。彼女はを扱う〈治療〉判定クラス・レベルの1/2に等しいボーナスを獲得し、判定に成功した場合、毒の治療を行っている対象が行うセーヴボーナスにこのボーナスを追加する。

術/Toxic Trick:2レベルとそれ以降の2レベルごとに、ダガーマーク・ポイズナー術を学ぶ。彼女は毎日、自分の【知力】修正値+クラス・レベルの1/2に等しい数の術を使用することができる。術のセーブ難易度は、ダガーマーク・ポイズナークラスレベル【知力】修正値+10に等しい。擬似呪文能力は、自身クラス・レベルに等しい術者レベルを持つ。

窒息玉(超常)/Choking Bomb:同名の忍術と同様だが、上記の難易度を用いる。

ダガーマーク・ポイズナー煙玉を投げる場合、範囲内に存在する生きているクリーチャーは全て頑健セーヴィング・スローに成功しなければ黒い窒息して1d4ラウンドの間よろめき状態になる。頑健セーヴダガーマーク・ポイズナーは普通の煙玉作成しても良いし、この煙玉にさらにを加えても良い。

化合(変則)/Combine Poison:ダガーマーク・ポイズナーは、効果を低下させることなく異なる2を組み合わせて、同一の武器物体、またはに適用することができる。に侵されたクリーチャーは、両者のに対してセーヴを行わなければならない。

毒集中(超常)/Concentrate Poison:同名のアルケミストの発見と同様である。

ダガーマーク・ポイズナーは同じを2服分組み合わせ、その効果を増加させることができる。これには同じが2服必要で、作成に1分間かかる。完成すると、ダガーマーク・ポイズナー1服分を持つ。この頻度は50%延長され、セーヴ難易度は+2上昇する。このは1時間以内に使用されない場合使い物にならなくなる。

罠射出(変則)/Launch Trap:レンジャーアーキタイプ罠師の持つ同名のクラス特徴と同様である。

ダガーマーク・ポイズナー魔法の罠アロークロスボウ・ボルト投擲武器に貼りつけ、離れてを設置するか、直接攻撃のように使うことが可能になる。矢弾に取り付けるのは、新しい作成する全ラウンド・アクションの一部である。をしかけた矢弾は、通常の方法で射出するか投擲できる。マスに向けて射出した場合、その難易度通常より5減少することを除き、ダガーマーク・ポイズナーがそのマスに設置したであるかのように扱う。クリーチャーに向けて射出した場合、目標遠隔武器ダメージを受け、さらに目標起動したかのように扱う(もしあればセーヴィング・スローが適用される)。この攻撃の最大射程は60フィートであり、射程を超えた分は攻撃ロールに適用される。矢弾に仕掛けられた持続時間は、それを使用したときではなく、それを作成した点から開始される。

毒入り玉変則または超常)/Poison Bomb:同名の忍術と同様である。

煙玉を投げる際、所持している1服の吸入を混ぜ込むことができる。この範囲内に存在する全てのクリーチャー効果を及ぼし、煙玉が残留している限り効果を発揮する。使用したコスト通常通り支払うこと。ダガーマーク・ポイズナーは、この術を選択する前に煙玉術を獲得していなければならない。

毒変換(超常)/Poison Conversion:同名のアルケミストの発見と同様である。

1分間を費やすことにより、ダガーマーク・ポイズナーは1服のを元の種別接触、摂取、吸入、あるいは致傷)から別の種別に変換することができる。えば、ダガーマーク・ポイズナーは1服の小型センチピード毒(致傷)を吸入に変換できる。この手順には錬金術実験道具を必要とする。

毒の罠変則または超常)/Poison Trap:同名のレンジャーの罠と同様である。

起動したクリーチャーで侵す。超常の場合、は6ラウンドの間、毎ラウンド1d2ポイントの【耐】ダメージを与える。変則の場合、ダガーマーク・ポイズナーの設置に1服の接触、吸入または致傷を消費せねばならず、はその効果難易度を使用する。

遅行(変則)/Slow-Acting Poison:を作るとき、ダガーマーク・ポイズナーは、潜伏期間を長引かせることができる。この遅延は少なくとも1ラウンドでなければならないが、クラス・レベルごとに1分を超えることはできない。

煙玉変則または超常)/Smoke Bomb:同名の忍術と同様であるが、気ポイントを必要としない。

この術を修得したダガーマーク・ポイズナーは、半径15フィートを幕で覆う煙玉を投げることができる。この発煙棒から生じたものと同様に働く。幕は自身を中心として発生させても良いし、遠隔接触攻撃に成功すれば20フィート以内の敵を中心として発生させることもできる。

仕立て(Ex)/Tailored Toxin:クリーチャー種別(および人型生物来訪者の副種別)より1種類を選択する。ダガーマーク・ポイズナーが使用するは、この種別クリーチャーに対して特に効果的であり、セーブ難易度を2増加させる。この術は2回以上取得することができる; 取得するたびに異なるクリーチャー種別(または副種別)が適用される。

魔法(擬呪)/Toxic Magic:擬似呪文能力として、次に示す呪文または錬金術エキスのいずれかを選択する:アクセラレイト・ポイズンヴェノマス・ボルトディレイ・ポイズントランスミュート・ポーション・トゥ・ポイズン、またはパーニシャス・ポイズン。この術は2回以上取得することができる; 取得するたびに、異なる擬似呪文能力を獲得する。

製品製造業(変則)3レベル点で、または耐毒剤を作るとき、ダガーマーク・ポイズナーは、自分の【知力】修正値に等しい数量(少なくとも1服)を一度に作成することができまる。これらの追加の用量は、必要な時間を増加させないが、それに応じて原材料コストを増加させる。さらに、〈製作:錬金術〉判定で進捗を判断するときに、アイテムのgp値をsp値として使用する。ダガーマーク・ポイズナー《錬金術体得》APG特技を持っている場合、彼女は【知力】修正値の2倍に等しい用量のまたは耐毒剤を一度に作成し、〈製作:錬金術〉判定により進捗を決定するときにアイテムのpp値をsp値として使用する。

(変則)/Trapster:3レベル点で、ダガーマーク・ポイズナーは、を見つけるために行う〈知覚〉判定と、が仕込まれたに対して行う〈製作:罠〉〈装置無力化〉判定に自分のクラスレベルを追加する。さらにダガーマーク・ポイズナー作成するが仕込まれた攻撃ロールセーヴ難易度〈知覚〉難易度、および〈装置無力化〉難易度に+1のボーナスを与える。このボーナス6レベルで1増加し、9レベルでさらに1増加する。

急所攻撃(変則)/Sneak Attack:これは同名のローグとまったく同じである。この追加ダメージ5レベルで+1d6増加し、10で再び+1d6増加する。ダガーマーク・ポイズナーが他のクラスからの急所攻撃を獲得する場合、それらのダメージボーナス累積する。

急所(変則)/Treacherous Toxin:5レベル点で、ダガーマーク・ポイズナーを帯びた武器を使って急所攻撃を行う場合、彼女はいくらかの急所攻撃ダメージを捨てる代わりにセーヴ難易度を増加させることができ、急所攻撃ダメージ1d6ごとにセーヴ難易度を1増加させる。

即行毒(変則)/Swift Poisoning:6レベル点で、ダガーマーク・ポイズナー即行アクションにより、1服分を武器に塗布できるようになる。少なくとも1つのいている限り、このアクション機会攻撃を誘発することはない。

物瞬製術(変則)/Instantaneous Toxicology:8レベル点で、ダガーマーク・ポイズナーは、〈製作:錬金術〉判定に成功し、作成コストを支払うための適切な資産が元にある場合、全ラウンド・アクションとしてを作り出すことができる。この方法により作り出されたは、クラス・レベルごとに10分間持続した後、効能が失われる。さらに、ダガーマーク・ポイズナーは不安定なを作り出すこともできる。不安定なコスト通常市価の1/10(1/3ではなく)であるが、次のターン終了まで使用されなければ使い物にならなくなる。

全文検索 目的別索引