ファイアー・ホエール

ファイアー・ホエール Fire Whale

この巨大な鯨のような獣の、宝を散りばめたような皮から灼熱の熱が押し寄せてくる。

ファイアー・ホエール 脅威度16 Fire Whale

出典 Bestiary 6 128ページ
経験点 76,800
真なる中立超巨大サイズ魔獣(他次元界)
イニシアチブ +6; 感覚 非視覚的感知60フィート、暗視60フィート、夜目〈知覚〉+16

防御

アーマー・クラス 31、接触4、立ちすくみ29(+27外皮、-8サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 250(20d10+140)
頑健 +19、反応 +14、意志 +16
防御的能 炎に包まれた身体ダメージ減少 15/アダマンティンおよび刺突; 完全耐性]、麻痺、[]、睡眠抵抗 [氷雪]15
弱点 [音]に対する脆弱性

攻撃

移動速度 穴掘り20フィート、飛行20フィート(劣)、水泳60フィート
近接 噛みつき=+30(4d10+18/19~20、加えて2d6[])、尾の打撃=+25(6d6+9、加えて2d6[])
接敵面 30フィート、間合い 30フィート
特殊攻撃 転覆マグマの噴射
擬似呪文能力術者レベル20; 精神集中+21)

1回/日―プレイン・シフト元素界、または物質界のみ)

一般データ

【筋】46、【敏】14、【耐】25、【知】6、【判】27、【魅】13
基本攻撃 +20; 戦技ボーナス +46(突き飛ばし+48); 戦技防御値 58(対突き飛ばし60)
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《クリティカル熟練》《持久力》《突き飛ばし強化》《鋼の意志》《不屈の闘志》《ふっとばし攻撃》《よろめき化クリティカル》
技能 〈芸能:歌唱〉+6、〈水泳〉+26、〈知覚〉+16、〈飛行〉-1
言語 水界語、界語、界語、界語(話せない)
その他の特殊能力 エレメンタルの心臓無呼吸

生態

出現環境 気候問わず/地形問わず火の元素界
編成 単体、2体、または小群(3~8)
宝物 標準(宝のみ)

特殊能力

エレメンタルの心臓/Elemental Heart(超常) ファイアー・ホエールは純粋な元素心臓によってを与えられ、いくつかのエレメンタルのような特性を得る。ファイアー・ホエールは呼吸をしたり、食べたり、眠ったりする必要がなく、麻痺睡眠効果完全耐性を持つ。

炎に包まれた身体/Flaming Body(超常) ファイアー・ホエール溶解しているようなは信じられないほどの熱を発生させる。肉体武器または素手打撃ファイアー・ホエール攻撃する者は2d6ポイントの[ダメージを受ける。ファイアー・ホエールに組みついたり、組みつかれている者は組みつきが継続する各ラウンドで6d6ポイントの[ダメージを受ける。

マグマの噴射/Magma Spray(変則) 1d4ラウンドに1回標準アクションとして、ファイアー・ホエールは、90フィートの円錐形か、ファイアー・ホエールから周囲30フィートのいずれかの範囲に、噴気孔からマグマと焼け付く灰の爆発を噴出することができる。このマグマと灰の爆発は、9d6ポイントの[ダメージと9d6ポイントの殴打ダメージを与える(反応難易度 27・半減)。この爆発による瓦礫などは効果を受けた範囲形を1分間の間移動困難な地形に変える。セーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

ファイアー・ホエール火の元素界に生息する巨大な獣であるが、次元界を横断する生来の能元素界物質界全土で撃されることを意味する。彼らは大きな小群でをし、歌いについた金属や鉱物の断片を食べながら、体内の鍛造所が素晴らしい宝の列へと洗練する。腹部にある莫大な富は、遠い昔からファイアー・ホエールを狩るイフリートを誘惑しており、巨大クリーチャーの前であらゆる種別ジンニーを積極的に攻撃することで、その敵対心を返している。

ほとんどのファイアー・ホエール原住次元界の灼熱の中にいるが、ホエールは他の次元界でも生存し繁栄することができる。物質界ファイアー・ホエール山の融解した深部で跳ねたり、雲のすれすれをトンでいったり、気まぐれが襲ったときに深海の海溝をウロウロしたりする。内なるを沸騰させ、深海の凍てつく寒さから身を守る。彼らの身体の熱はを溶かしさえし、岩の中に潜り込むことを可能にする。

全文検索 目的別索引