ジャブジャブ・バード

ジャブジャブ・バード Jubjub Bird

この巨鳥はリザードのようなと輝くような紫色の羽を背中とから生やしている;体の残りは禿げており、が見える。

ジャブジャブ・バード 脅威度15 Jubjub Bird

経験点51,200
真なる中立超大型サイズ魔獣
イニシアチブ +2; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+24

防御

アーマー・クラス 31、接触11、立ちすくみ28(+1回避、+20外皮、-2サイズ、+2【敏】
ヒット・ポイント 230(20d10+120);高速治癒10
頑健 +18、反応 +14、意志 +11;
防御能力 適応防御完全耐性]; 呪文抵抗 26

攻撃

移動速度 50フィート、飛行20フィート(貧弱)
近接 噛みつき=+31(3d6+19/19~20/×3、加えて“つかみ”)、鉤爪(×2)=+31(1d8+13)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート(噛みつきは20フィート)
特殊攻撃 金切り声致命の噛みつき飲み込み(3d6+19殴打、加えて2d6[ダメージアーマー・クラス20、ヒット・ポイント23)

一般データ

【筋】37、【敏】15、【耐】22、【知】2、【判】16、【魅】13
基本攻撃 +20; 戦技ボーナス +35(組みつき+39); 戦技防御値 48
特技 《一撃離脱》《回避》《強行突破》《強打》《クリティカル強化:噛みつき》、《疾走》《薙ぎ払い》《鋼の意志》《迎え討ち》《無視界戦闘》
技能 〈軽業〉+14(跳躍+22)、〈知覚〉+24、飛行+7;種族修正 +12〈軽業〉、+8〈知覚〉
その他の特殊能力 次元界順応

生態

出現環境 温暖または暑熱/森林
編成 単体または2体
宝物 乏しい

特殊能力

適応防御(超常)/Adaptive Defense 最初に遭遇する、そのジャブジャブ・バードはエネルギー抵抗を持たない。[冷気]、[電気]、[]、あるいは[音ダメージを発生させる攻撃によってダメージを受ける、この鳥は自身の次のターンの終了までそのエネルギーの種類に対する抵抗30を得る。1つの攻撃が複数のエネルギーの種類ダメージを起こす場合、ジャブジャブ・バードは与えられる全てのエネルギーの種類に対する抵抗30を得る。

致命の噛みつき(変則)/Deadly Bite ジャブジャブ・バードは自身の噛みつき攻撃で与えるダメージに自身の【筋力】の1と1/2倍を追加する。クリティカル・ヒットの成功は大型かそれより小さい犠牲者のを刈りすぐさま殺し(難易度33の頑健セーヴ刈りを無効化する;部を持たないクリーチャーはこの効果に対する完全耐性を持つ)、その刈りの結果に関わらず通常の3倍のダメージを与える。このセーヴ難易度【筋力】に基づく。

次元界順応(変則)/Planar Acclimation ジャブジャブ・バードはどの次元界にいようと、常に出身次元界にいるかのように扱われる。この鳥が(他次元界)の副種別を持つことはない。

金切り声(変則)/Shriek 1d6ラウンドに1回、標準アクションで、ジャブジャブ・バードはつんざくような絶叫をあげられる。半径60フィートの拡散範囲内にいるジャブジャブ・バードでない全てのクリーチャー難易度26の頑健セーヴに成功しない限り1d4ラウンドの間朦朧状態になる。これは[音効果である。このセーヴ難易度【耐久力】に基づく。

ジャブジャブ・バードは巨鳥ドードーに似ているが不恰好な飛翔の際に機能する筋質なを持つ、希少かつ危険な鳥である。魔法攻撃されるジャブジャブ・バードの羽呪文それぞれがこの鳥へと浴びせられる度に無差別な色の模様へと変化する。

バンダースナッチジャバウォックといった他の伝説的なクリーチャーと同様、ジャブジャブ・バードは元々フェイ原初の世界から降りてきた存在である。この鳥はまとめて「テイン」として知られるこれらのクリーチャーの中で最低の知性を持つ最弱の生き物だという疑わしい名声を得ているが、それでもジャブジャブ・バードに楽勝できると思えるような者はいない――その鋭く尖った顎部を噛み切ることへの偏執的な嗜好は瞬にそのような考えを捨てさせる。

強力なフェイはしばしばジャブジャブ・バードを護衛として侍らし、そして巨人たち(特にジャングル・ジャイアントの強力な部族)がこの鳥を乗騎として使用しているという報告もある。一部の巨人フェイは気を抜いてこのクリーチャーの傍にいると容易く頻繁に朦朧化金切り声をあげさせてしまうため、こうした鳥の仲間は注意深く調教しなければならない。

ジャブジャブ・バードは身長約20フィート、体重おおよそ600ポンド。


全文検索 目的別索引