ジャイアント

ジャイアント:アッシュ・ジャイアント Giant, Ash

人間を見下ろすようなこの奇形の巨人の青褪めた体は化膿した症と膨らんだ腫瘍で覆われている。

アッシュ・ジャイアント 脅威度11 Ash Giant

経験点12,800
混沌にして中立大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +2; 感覚 夜目〈知覚〉+8

防御

アーマー・クラス 25、接触11、立ちすくみ23(+10外皮、-1サイズ、+2【敏】、+4鎧)
ヒット・ポイント 147(14d8+84)
頑健 +15、反応 +6、意志 +5
防御能力 岩つかみ完全耐性 病気

攻撃

移動速度 40フィート(鎧装備・30フィート)
近接 超大型クラブ=+20/+15(2d6+11、加えて“病気”)、叩きつけ=+15(1d8+5、加えて“病気”)または叩きつけ(×2)=+20(1d8+11、加えて“病気”)
遠隔 岩=+12(1d8+16、加えて“病気”)

接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 岩投げ(120フィート)、病気

一般データ

【筋】33、【敏】14、【耐】23、【知】9、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +10; 戦技ボーナス +22; 戦技防御値 34
特技 《強打》《近距離射撃》《自力生存》《精密射撃》《代用武器の巧み》《薙ぎ払い》《薙ぎ払い強化》
技能 〈威圧〉+6、〈生存〉+9、〈知覚〉+8、〈治療〉+7、〈登攀〉+14
言語 共通語、巨人
その他の特殊能力 特大武器使用蟲との共感+14

生態

出現環境 気候問わず/荒
編成 単体、徒党(2~5)、一団(6~9)、襲撃部隊(9~12、加えてジャイアント・ヴァーミン1d4)、または部族(13~30、加えて非戦闘員35%、加えて6~8レベルバーバリアンまたはファイターの隊長1およびジャイアント・ヴァーミン6~8)
宝物 標準(ハイド・アーマー、超大型クラブその他宝物

特殊能力

病気(超常)/Disease アッシュ・ジャイアントは[病気]に対する完全耐性を持つ上、感染性の高い癩病を伝染させる。アッシュ・ジャイアント攻撃に打たれたクリーチャー性の病気に罹る。

灰の癩病/Ash Leprosy:致傷型;セーヴ頑健・難易度23;潜伏期間 1分;頻度 1日;効果 1d2【耐】ダメージ、1d2【魅】吸収;治癒 2回連続のセーヴ成功。このセーヴ難易度【耐久力】に基づいている。

特大武器使用(変則)/Oversized Weapon アッシュ・ジャイアント超大型武器ペナルティなしで振るえる。

蟲との共感(変則)/Vermin Empathy この能力はドルイド野生動物との共感の能力と同様に機能するが、にしか作用しない点が異なる。アッシュ・ジャイアントはこの判定に自身のヒット・ダイス(大抵のアッシュ・ジャイアントなら+14)に等しい種族ボーナスを得る。通常精神を持たないが、共感的な意思疎通が僅かな知性を与え、アッシュ・ジャイアントを調教し番人として使用できる(しかしながらこの能力は技能特技は与えない)。

破壊的な魔法か、明るみになった深層の元素か、あるいはから不幸を降らせる異界的な技術かのために、アッシュ・ジャイアントは不毛な土の犠牲者となっている。しかし彼らはなんとかその絶望的な大で生存し、栄えている。アッシュ・ジャイアントは見る景を共にする、巨大に突然変異を起こしたと絆を結ぶ卓越した能力を持ち、折その最大級のクリーチャー乗騎とすることがある。

アッシュ・ジャイアントは無作法で暴力的であり、悪名は極めて名高い。イタズラで誰かを殺すことは、狩りの間に友人を足払いするのと同程度に楽しめる。彼らは生来のではないが、他の部族たちに威嚇される人生によって暴力性が実質的に心の中で育っている。

アッシュ・ジャイアントは身長10フィート、体重1,200ポンド。

ジャイアント:ケイヴ・ジャイアント Giant, Cave

猫背の巨人の大口から獣のようなが突き出ている。その巨人は過去の犠牲者のを組み合わせて作った鎧に覆われている。

ケイヴ・ジャイアント 脅威度6 Cave Giant

経験点2,400
混沌にして悪大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +0; 感覚 暗視120フィート、夜目〈知覚〉+5

防御

アーマー・クラス 19、接触9、立ちすくみ19(+6外皮、-1サイズ、+4鎧)
ヒット・ポイント 67(9d8+27)
頑健 +9、反応 +3、意志 +3
防御能力 岩つかみ凶暴性
弱点 光に過敏

攻撃

移動速度 40フィート(鎧装備・30フィート)
近接 バトルアックス=+12/+7(2d6+9/×3)または叩きつけ(×2)=+11(1d8+6)
遠隔 岩=+6(1d8+9)

接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 岩投げ(100フィート)

一般データ

【筋】23、【敏】10、【耐】17、【知】6、【判】10、【魅】7
基本攻撃 +6; 戦技ボーナス +13; 戦技防御値 23
特技 《強打》《渾身の一打》《薙ぎ払い》《武器熟練:バトルアックス》、《武器破壊強化》
技能 〈威圧〉+7、〈知覚〉+5、〈登攀〉+7

言語 巨人

その他の特殊能力 斧使い

生態

出現環境 気候問わず/地下
編成 単体、徒党(2~5)、一団(6~8、加えてモニター・リザード1~2)、襲撃隊(9~12、加えてモニター・リザード1~4)、または部族(13~20、加えて非戦闘員30%、加えて3~5レベルバーバリアンファイター、またはレンジャーの族長1;モニター・リザード2~9;ジャイアント・フリルド・リザード1~4;およびドワーフオーク、またはトログロダイトの奴隷10~15)
宝物 標準(バトルアックスハイド・アーマー、その他宝物

特殊能力

斧使い(変則)/Axe Wielder ケイヴ・ジャイアントは全員がハンドアックスバトルアックス、そしてグレートアックス習熟している。

立ち歩くことに慣れたことがないかのようにケイヴ・ジャイアントは絶えず身を屈めながら移動する。彼らはオーガ残忍オークの最特徴を混ぜたような顔をしている。彼らの中で最大級のものは直立すれば身長10フィートになるだろう。典型的なケイヴ・ジャイアントは体重1,000ポンド。60年生きられる者は稀だが、ケイヴ・ジャイアントは150年ほど生きることができる。

あらゆるに驚くほど熟達しているが、ケイヴ・ジャイアント金属を加工するような忍耐力を欠いている。ケイヴ・ジャイアントの持つ金属は他の巨人から盗んだものか、あるいは奴隷化した地下に住む鍛冶師の業物である。

ドワーフオーク、およびトログロダイトのような奴隷はケイヴ・ジャイアント居住地の労働の殆どを行なう。劣な扱いと巨人の需要によって奴隷の人口は常に少なく、入れ替わりが激しい。新たな奴隷は、略奪隊が血の渇きの中でも支配を忘れなかったにもたらされる。新たな主人に服従しなかった囚人は晩餐の食卓に並ぶことになるか、絶叫ごと巨人の洞窟トカゲのへと投げ込まれることになる。

あらゆる亜の中でも大きなトカゲは番犬および猟犬としてケイヴ・ジャイアントに仕える。大抵のケイヴ・ジャイアント危険のより少ないモニター・リザードを代わりに選択するため、ジャイアント・フリルド・リザードが愛玩動物となることは稀である。恐怖と暴力的な拳のみによって飼われているこうした愛玩動物は、飼い主に弱体化の兆候が見えた瞬間に彼らへと向き直る。餌の時間、生きた虜囚はへと投げ込まれ、騒々しい歓声と元気よく博打を張る声で満ちたお祭り行事が起きる。

ジャイアント:デザート・ジャイアント Giant, Desert

ゆったりとした外套がこの痩せこけた巨人の砂まみれの姿を覆っている。それぞれのには人間の身長ほども長いシミターが握られている。

デザート・ジャイアント 脅威度9 Desert Giant

経験点6,400
秩序にして中立大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +3; 感覚 夜目〈知覚〉+9

防御

アーマー・クラス 24、接触13、立ちすくみ20(+1回避、+9外皮、-1サイズ、+3【敏】、+2鎧)
ヒット・ポイント 123(13d8+65)
頑健 +9、反応 +11、意志 +5
防御能力 岩つかみ完全耐性

攻撃

移動速度 50フィート
近接 高品質のシミター=+16/+16/+11/+11(1d8+8/15~20)または叩きつけ(×2)=+16(1d8+8)
遠隔 岩=+12(1d8+12)

接敵面 10フィート; 間合い 10フィート
特殊攻撃 岩投げ(100フィート)、シミター修練

一般データ

【筋】26、【敏】17、【耐】21、【知】13、【判】12、【魅】10
基本攻撃 +9; 戦技ボーナス +18; 戦技防御値 32(対武器落としおよび武器破壊36)
特技 《回避》《強行突破》《クリティカル強化:シミター》、《二刀流》《二刀流強化》《武器熟練:シミター》、《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+11、〈軽業〉+16(跳躍+24)、〈生存〉+17、〈知覚〉+9
言語 共通語、巨人
その他の特殊能力 砂歩き

生態

出現環境 暑熱/砂漠
編成 単体、徒党(2~4)、一団(5~8)、襲撃隊(9~12、加えて1レベル3レベルファイター1)、または部族(10~30、加えて非戦闘員35%,2レベル4レベルクレリック1~3、1レベル3レベルファイター2~4、および4レベル6レベルファイターの族長1、50%の確率で人間の奴隷10~20)
宝物 標準(高品質のシミター×2、レザー・アーマー、その他宝物

特殊能力

砂歩き(変則)/Sandwalking デザート・ジャイアントは砂場、岩がちな地面、あるいは塵や葉の上を移動速度を減ずることなく、敢えて残さない限り足跡を残さずに移動できる。

シミター修練(変則)/Scimitar Training 全てのデザート・ジャイアントシミター習熟しており、それらが軽い武器であるかのように振るえる。デザート・ジャイアントは自身の【筋力】ボーナス全てを利きでない方ので振るうシミターによる攻撃に加え、そしてそれぞれのシミターを持って戦う武器落としおよび武器破壊に対する戦技防御値に+4のボーナスを得る。

デザート・ジャイアントは荒涼とした崇重な砂漠を彷徨する種族であり、永久的な宿営で暮らすことは殆どない。彼らは砂漠に点在する水場を渡り歩き、の下か簡素なユルトの中で眠り、食料が不足し始めるか気が向いたに宿営を畳む。

デザート・ジャイアントは平均身長15フィートであるが、痩躯であり体重が2,000ポンドを超えることは稀であり、その優雅さと移動速度に大いに役立っている。この巨人たちは灼けつくような砂漠の風から守れるようなケーフィーヤを被り、外套の下に磨り減った革を着込みながら気儘に逍遥することを好む。彼らはを殆ど必要とせず、食料だけあれば2週間生きられる。物があるは彼らは莫大な量の、乳飲料、そして液汁を飲むが、発泡酒や葡萄酒や強い酒は断固として拒否する。彼らの食事の大半は無花果やオリーブといった砂漠に点在する水場の恵みであり、は必要ができない限り食べようとはしない。デザート・ジャイアントは最長で300年ほど生きる。

その牧歌的な生き方とは裏腹に、デザート・ジャイアントは縄張り意識が強く、知性の有無に関わらずあらゆる侵入者を追い払う。

ジャイアント:ジャングル・ジャイアント Giant, Jungle

このそびえ立つ、植物で覆われた女性は巨大なボウを持ち、その暗い肌は無数の複雑刺青で装飾されている。

ジャングル・ジャイアント 脅威度10 Jungle Giant

経験点9,600
真なる中立超大型サイズ人型生物(巨人)
イニシアチブ +4; 感覚 夜目〈知覚〉+15

防御

アーマー・クラス 24、接触16、立ちすくみ20(+8外皮、-2サイズ、+4反発、+4【敏】
ヒット・ポイント 127(15d8+60)
頑健 +9、反応 +13、意志 +7
防御能力 岩つかみ守護の刺青呪文蓄積完全耐性 病気

攻撃

移動速度 40フィート
近接 叩きつけ(×2)=+17(2d6+8)
遠隔 高品質のコンポジット・ロングボウ=+15/+10/+5(3d6+8/19~20/×3)
接敵面 15フィート; 間合い 15フィート

一般データ

【筋】26、【敏】19、【耐】19、【知】10、【判】14、【魅】11
基本攻撃 +11; 戦技ボーナス +21; 戦技防御値 39
特技 《技能熟練:隠密》、《近距離射撃》《クリティカル強化:ロングボウ》、《精密射撃》《精密射撃強化》《速射》《致命的な狙い》《武器熟練:ロングボウ
技能 〈隠密〉+12(森林では+20)、〈製作:弓〉+8、〈生存〉+10、〈知覚〉+15、〈登攀〉+12;種族修正 +8森林での〈隠密〉、+4〈登攀〉
言語 共通語、巨人
その他の特殊能力 弓術専門家

生態

出現環境 暑熱/森林
編成 単体、狩猟隊(2~9、加えてギラロン1~3)、または部族(10~40、加えて非戦闘員35%、2~5レベルドルイドまたはソーサラー1~3、3~7レベルレンジャーまたはバーバリアン1、およびギラロン2~8)
宝物 標準(高品質のコンポジット・ロングボウ【筋】+8]とアロー40本、その他宝物

特殊能力

弓術専門家(超常)/Archery Expert ジャングル・ジャイアントはあらゆるボウに習熟しており、近接戦闘の最中にボウを射ても機会攻撃を誘発しない。

呪文蓄積(超常)/Spell Storing 1日に1回割り込みアクションジャイアントは自身に対しても使用された目標型の呪文、あるいは遠隔接触呪文を吸収し、自身に対する効果無効化できるが、他の目標に対する効果無効化しない。その巨人はその蓄えた力を1分間保持でき、その間その巨人刺青は青い輝きを放つ。使用している近接あるいは遠隔武器で命中に成功し1体の目標ダメージを与える場合、その巨人はその目標に対しスペル・ストアリング武器を使用しているかのようにフリー・アクションでその呪文を発動できる。この呪文は本来の術者の術者レベルおよび難易度を使用する。これは蓄積した呪文のチャージを消費する。

守護の刺青(超常)/Warding Tattoos ジャングル・ジャイアント魔法刺青は彼のアーマー・クラスに+4の反発ボーナスを与える。この巨人は鎧を着ている場合このボーナスを失う。

自然界に隠遁したジャングル・ジャイアントは鬱蒼とした森の奥深くに住まう。密林の奥にある複数のに覆われた失われた都はジャングル・ジャイアント怒りがその原因である。この巨人部族の戦士の女性は通常、母から娘へと代々伝わる聖なる武器であるボウで戦う。ジャングル・ジャイアントのボウに許可なく触れることは命取りとなる。

ジャングル・ジャイアントは身長17フィート、体重4,000ポンド。その樹皮のような肌には、巨人それぞれが通過する成人の儀式で古い文字による刺青が彫られる。ジャングル・ジャイアント部族は母権制社会であり、女性の戦士の古老が統べる。男性は概して村を守り、食料を集め、生活用品を整備し、そして子を育てる。


全文検索 目的別索引