ピグチェン

ピグチェン Peuchen

この巨大なヘビには輝く色の眼と大きな、広い膜状のがある。

ピグチェン 脅威度10 Peuchen CR 10

経験点9,600
中立にして悪/中型サイズ魔獣(変身生物)
イニシアチブ +6; 感覚 暗視60フィート、鋭敏嗅覚夜目〈知覚〉+16

防御

アーマー・クラス 24、接触16、立ちすくみ18(+8外皮、+6【敏】
ヒット・ポイント 136(13d10+65)
頑健 +13、反応 +14、意志 +9

攻撃

移動速度 30フィート、飛行50フィート(良好)
近接 噛みつき=+19(2d6+9、加えて1d6“出血”、“つかみ”、および“”)
接敵面 5フィート; 間合い 5フィート(噛みつきは10フィート)
特殊攻撃 吸血(1d2【耐久力】)、締めつけ(2d6+9)、出血攻撃(1d6)
擬似呪文能力術者レベル13;精神集中+18)

回数無制限:ヴァンピリック・タッチ
3回/日:ホールド・パースン難易度18)

一般データ

【筋】22、【敏】23、【耐】20、【知】13、【判】16、【魅】21
基本攻撃 +13; 戦技ボーナス +19; 戦技防御値 35(足払いされない)
特技 《欺きの名人》《かすめ飛び攻撃》《強打》《渾身の一打》《渾身の一打強化》《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈隠密〉+15、〈真意看破〉+8、〈生存〉+9、〈知覚〉+16、〈はったり〉+13、〈飛行〉+19、〈変装〉+7
言語 共通語
その他の特殊能力 変身小型、中型、または大型ハード・アニマルビースト・シェイプII

生態

出現環境 暑熱または温暖/いずれかの
編成 単体
宝物 標準

特殊能力

(変則)/Poison 噛みつき・致傷型; セーヴ 頑健難易度21; 頻度 1回/ラウンド(6ラウンド間); 効果 1d4【敏】ダメージ治癒 2回連続のセーヴ成功。

巨大を持つヘビであるピグチェンの色の幅は紫色から鮮やかな沢のある色まである;もっとも一般的に遭遇するピグチェンは暗い黄褐色の色である。ジャングルにいるものは、元のパイソンで見つかる模様とよく一致している傾向がある。まれに、彼らはの一連の縞をしており、太いの縞の間に細い色のものが挟まれている。ピグチェンは飛んでいない、彼らの靭やかなバットのようなは彼らの体に沿って折りたたまれ、下の皮膚の色に調和する。彼らのは鮮やかな色でのような瞳をしている。ピグチェンには滑らかで乾燥したダイヤモンド型のがあり、微かにナツメグのりがする。彼らのは顎の中に折りたたまれるが、超高速で獲物をかむ場所にきちんとはまる。

ピグチェンが狩りをするとき、彼らは羊、山羊、などの家畜の形態を狙い、干ばつや飢饉で苦しむ場所に出没するのを好む。これらの待ち伏せする捕食者はしばしば羊飼いや孤独な農家を騙して自分たちを農場、農家、町へと持ち帰らせ、そこで夜毎抜け出して見つけられるクリーチャーを捕食する。彼らは、とぐろを巻いて犠牲者が通常予想するよりも遠く離れた距離から飛び出して一撃を加えることで獲物待ち伏せる。ピグチェン人型生物の血を流すことを好むが、好物の獲物を捕らえることができないならば、羊、山羊、猫、犬、あるいは家禽を食べる。彼らは干し草置き場や開けた屋裏に幸せに隠れるだけでなく、大きなや岩の層にをつくる。ピグチェンは8体から12体までの散在したグループで6インチの卵を産み、自活するよう若者を放置する。

ピグチェンは体長およそ12フィート(約3.7m)、もっとも太いところの直径1フィート、で長8フィート(約2.4m)である;体重およそ250ポンド(約113kg)。

全文検索 目的別索引