グレーター・ディテクト・マジック

グレーター・ディテクト・マジック

(Detect Magic, Greater/上級魔法感知
出典 Ultimate Intrigue 212ページ
系統占術レベルアーケイニスト2、インクィジター2ウィザード2ウィッチ2ウォープリースト2、オカルティスト2、オラクル2クレリック2サイキック2、サモナー2サモナー(アンチェインド)2、シャーマン2、スカルド2、スピリチュアリスト2、ソーサラー2ドルイド2バード2ハンター2、ミーディアム2、メイガス2メスメリスト2
発動時間標準アクション
構成要素音声動作
距離60フィート
効果範囲円錐形放射
持続時間精神集中、最大で1分/レベルまで(解除可)
セーヴィング・スロー不可;呪文抵抗不可

この呪文ディテクト・マジックと同様に機能するが、術者は自分の見つけた魔法オーラからより多くの情報を得ることができる。また、ずっと前に存在していたオーラを見つけることができる。術者はオーラの強さにかかわらず、術者レベル毎に1日までの残留オーラを識別することができる。

加えて、術者は標準アクションでこの呪文精神集中する際、呪文範囲内にいるクリーチャー1体を精査し、そのクリーチャーオーラに残っている呪文の痕跡を識別することで、そのクリーチャーが発動した最後の呪文を識別することができる。これには、〈呪文学〉判定を行う必要があり、呪文を識別するための難易度は20+クリーチャー術者レベルに等しい。

最後に、術者は魔法オーラに存在する特徴的な要素を識別し、その呪文と発動した人物を対応づけることができる。呪文オーラを識別するには、特定の呪文1つに対して集中するために1ラウンドを費やさなければならない。また、その術者に対する対抗〈知識:神秘学〉判定に成功しなければならない。術者が自分の特徴を隠そうとせず、特定の要素を強調するようにとしていた場合、難易度15+呪文レベル〈知識:神秘学〉判定に成功すれば良い。識別した呪文使いとの対応づけが分かれば、術者は顔や声を簡単に見分けることができる。術者は呪文特徴を理解したため、呪文を識別した後に〈呪文学〉判定に成功することで、ある呪文を同じ人物が発動したかどうかを判別できるようになる。グレーター・マジック・オーラはこの情報を隠蔽することができ、この呪文に対して他の人物が発動したかのように見せかけることができる。グレーター・ディテクト・マジックを使用すれば、マジック・オーラに対してセーヴィング・スローを行える。ただし、グレーター・マジック・オーラに対しては行えるようにならない。


全文検索 目的別索引