グレーター・マジック・オーラ

グレーター・マジック・オーラ

(Magic Aura, Greater/魔法オーラ
出典 Ultimate Intrigue 219ページ
系統幻術幻覚);レベルアーケイニスト4、ウィザード4オカルティスト3、サイキック4、スカルド3、ソーサラー4バード3メスメリスト3
発動時間標準アクション
構成要素音声動作焦点(羊毛製のハンカチ1枚)
距離近距離(25フィート+5フィート/2レベル
目標クリーチャー1体、あるいは20ポンド/レベルまでの物体1つ
持続時間1日/レベル(解除可)
セーヴィング・スロー不可(本文参照);呪文抵抗不可

物体に発動する場合、この呪文マジック・オーラとして作用する。しかし、術者がグレーター・ディテクト・マジックあるいは同呪文で特定の人物が行う独自の呪文発動様式を識別したことがあるなら、その人物が作り出したかのようにマジック・オーラを見せかけることができる。別の用法として、術者は全ての識別を単にあやふやなものにしてしまうこともできる。これにより、誰が呪文を発動したのかをわかりにくくしてしまう。いずれの用法にせよ、物体グレーター・ディテクト・マジックの対象になったなら、特定の呪文発動を識別するための〈呪文学〉判定に成功しても、観察者が意志セーヴに成功してこの呪文看破しない限り、自動的に術者の選択したオーラを識別する。このセーヴマジック・オーラの場合と同様だが、ディテクト呪文看破のためのセーヴを提供しない)。

クリーチャーに発動する場合、そのクリーチャーディテクト呪文(および同様の特性を持つ呪文)に反応するようにする。これは、術者が呪文発動に指定した任意の数の呪文の対象であるかのように作用する。別の用法として、術者は目標クリーチャー魔法効果を一切受けていないものとして反応させるようにすることができる。これは、このの調査から現在受けている呪文効果を全て隠してしまう。術者が目標クリーチャー複数の呪文目標であるかのように反応させることを選ぶなら、これらの呪文オーラの固有の呪文発動様式を変更することができる。これは、ちょうど上に示したように、物体に対して使用したと同様に作用する。

目標クリーチャーである場合、術者は目標アーケイン・サイトに対する反応を変えることができる。これにより、クリーチャー呪文発動擬似呪文能力を有しているかどうかや、その能秘術信仰念術のいずれか、現在使用できる最も強呪文あるいは擬似呪文能力がどれだけの強さかを変えることができる。同様に、目標グレーター・ディテクト・マジック観察されたときに、目標がどのように見えるかも変化させられる。これにより、目標最後に発動した呪文を術者が選択した任意の呪文であるかのように見せかけることができる。


全文検索 目的別索引