ゴウロウ

ゴウロウ Gowrow

この爬虫類の獣は、その特大の顎から突き出た一対の長いがある。その長い龍のにはカミソリのような鋭いがある。

ゴウロウ 脅威度5 Gowrow

出典 Bestiary 6 144ページ
経験点 1,600
真なる中立大型サイズ(水棲)
イニシアチブ +7; 感覚 暗視60フィート、夜目〈知覚〉+12

防御

アーマー・クラス 18、接触12、立ちすくみ15(+6外皮、-1サイズ、+3【敏】
ヒット・ポイント 59(7d12+14)
頑健 +7、反応 +8、意志 +9
完全耐性 麻痺睡眠、[音

攻撃

移動速度 30フィート、飛行30フィート(劣)、水泳30フィート
近接 噛みつき=+10(2d6+4)、=+10(1d8+4/19~20)
接敵面 10フィート、間合い 10フィート
特殊攻撃 水棲戦闘員ブレス攻撃(30フィートの円錐形、6d6[音ダメージ反応難易度15・半減、1d4ラウンド毎に使用可能)、かすめ泳ぎ攻撃

一般データ

【筋】18、【敏】16、【耐】15、【知】9、【判】14、【魅】11
基本攻撃 +7; 戦技ボーナス +12; 戦技防御値 25(対足払い29)
特技 《イニシアチブ強化》《強打》《鋼の意志》《迎え討ち》
技能 〈威圧〉+10、〈水泳〉+22、〈生存〉+12、〈知覚〉+12、〈飛行〉+3
言語
その他の特殊能力 水陸両生冬眠

生態

出現環境 温暖/湖または河川
編成 単体
宝物 標準

特殊能力

水棲戦闘員(変則)/Aquatic Combatant ゴウロウ肉体武器戦闘スタイルは、水棲の性質に適応している。噛みつき攻撃攻撃は、刺突ダメージを与える主要肉体攻撃であるが、上では噛みつきで殴打かつ刺突かつ斬撃ダメージを与え、で刺突かつ斬撃ダメージを与えることができる。

冬眠(変則)/Hibernate ゴウロウは、湿った地面を掘って最大10年は冬眠してから、出てきて餌を得る必要がある。

かすめ泳ぎ攻撃(変則)/Swim-By Attack 水中での待ち伏せで知られるゴウロウは、水泳ボーナス特技として《一撃離脱》を得る。

この暴的な爬虫類クリーチャーは、住んでいる川や湖を悩ませるドラゴンの下級である。彼らは自分たちが主張している路を泳ぐほぼすべてのクリーチャーを不快に感じており、これらの獣は自分たちのテリトリーをと通る漁師や小型ボートで移動する者を攻撃する。特に腹であったりイライラしていない限り、ゴウロウ通常大きな船だけを残す。ゴウロウは体長が16フィート以上あり、体重は約2米トンである。

ゴウロウ地域の集落に壊滅的な打撃を与える。家畜を屠り、文明から遠く離れた土で働く人々を脅かす暴的な殺し屋である。牧場主は、、山羊、羊などが行方不明になったことに気がついたときには、当局や冒険者に協を呼びかけ、その証拠を集めようとすることが多い。ゴウロウ隠れ家に出くわした森の民は、家畜から人形生物にいたるまでの何十種類の異なる生き物のが散らばった洞窟であると説明している。一部の共同体では毎年ゴウロウによる襲撃に遭っているが、ゴウロウの定期的な冬眠のために姿を消してしまい、後世の人々を脅かすだけである。

全文検索 目的別索引